FC2ブログ

大好き

好きなもの、日常の事などいろいろと・・・

いろいろな問題・・・  

昨日の朝、亡くなった猫を埋葬した。
猫をこんな目にあわせた人間を私は憎む。
こんなことをした人間に産まれてきたことを後悔するほどの不幸と苦しみをと願う。
1戸建といっても広くはない土地に建っていて隣や裏はすぐによその家。
庭だって広くはない。
それでも自分の城だとガーデニングに精をだしきれいにしてる庭に野良猫がやってきてトイレにされたのではたまらないだろうし腹も立つだろう。
でもそれって命まで奪われないといけないような行為だろうか・・・?
鼠がたくさん居て困るという話は聞いたことがないので多分故意に撒かれたものだろうと思う。
私が住んでいるのは同じような住宅がたくさん建っている新興住宅地だ。
古くからこの土地に住んでいる農家とも隣接した地域。
元々田舎の人は猫を放し飼いにしているお宅がほとんど。
血統書つきではないのかという猫でも田んぼのあぜ道を歩いているような所。
私が住む住宅地に不自然に食い込むような形で建っている1軒の農家がある。
多分この住宅地を造った会社に土地を売らなかったお宅だと思うのだが、そこのおばさんが猫好きでたくさんの猫を飼っていた。
飼ってるというよりも御飯だけ与えてるというような感じだったが、猫たちはおばさんに懐いていた。
13匹いたらしいが去年の夏にバタバタと死んでいき今では1匹もいない。
おばさんの友達という人に聞いたのだが今では家の中で2匹だけ飼ってるということだった。
おばさんは何かを食べさせられたようだと言ってたらしいので、もしかしたら今回の事と関係があるのかもしれない。
おばさんが外で飼っていた猫たちは避妊も虚勢もしていなかったので増えた猫は多分この住宅地も縄張りにするようになったようだ。


発情期になると住宅地の家で飼われているオス猫が外に出てきて野良のメスを妊娠させるので住宅地の中はどんどん猫が増えていった。
私に懐いているメス猫を避妊手術したが、1匹避妊手術したでけでは追いつかない。
飼い猫は外に出さないようにと回覧板でお願いしても効果はなかった・・・。
そうなるとガーデニングに力を入れているお宅からの苦情が増える。
今では農家の猫たちが一気に死んでしまったので猫の数もずいぶん減ったのだが・・・。
うち以外にも御飯を上げてるお宅があるのでそれぞれ気ままに暮らしてるなかで今回こんなことが起こってしまった。
ボス猫だけでなく急に姿を消した猫もいる。
タビもいなくなってしまった。
どこかで死んでしまったのかもしれないと考えただけで情けなくなってくる・・・。
相変わらず発情期になると、うるさいからと外に猫を出すお宅がある。
そんな猫が被害にあっても飼い主の自業自得だと思う人もいるだろうが猫には何の罪もない。
飼い猫が殺鼠剤を口にする可能性もあるので飼い主に注意を促す為にも回覧板を回してくれるよう自治会長にお願いしてきた。
私にはこれくらいのことしかできない。
できることなら殺鼠剤を撒いた人間を見つけ出してそいつの口いっぱいに殺鼠剤を入れてやりたいくらいなのだが・・・。
スポンサーサイト



category:

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizuki1.blog41.fc2.com/tb.php/91-073ab6dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)