FC2ブログ

大好き

好きなもの、日常の事などいろいろと・・・

無防備・・・  

私は他人に対してガードが固い。
なので人形好きというのは家族とネットで知り合った人、このブログを読んでる人しか知らない。
数少ない学生時代の友人も知らない。
ネット以外で知り合う人には趣味はと聞かれたら読書と答える。
読書も好きなので嘘は言っていない。
ところが、約1名家族でもない人に知られてしまったのである。
リハビリの先生だ・・・。
入院中、脳内で出血していたこともあり意識が戻ってリハビリを始めてからも最初の頃は記憶が定かでないというような状態でした。
言語のリハビリでも自分の名前が漢字で書けなかった。
人間が全くの無防備状態とも言えるその状態で作業療法士の先生に趣味はと聞かれどうも人形をコレクションすることだと言ってしまったみたいなのです。
なんせ意識が戻ったときに心配したのがキャッスルフェアin大阪のことだったくらいですから・・・。
意識がかなりしっかりしてきたときにその話を振ってこられたときはかなり動揺しました・・・「ああ、なんて馬鹿なことをしでかしてしまったのだろう・・・」と。
興味のない人には話したって仕方ないことだし、親でも初めの頃は「いい年して」って言ってたくらいですから。今では何も言いませんが。
「親にもいろいろ言われたりもしたんで、興味のない人には変わった趣味くらいにしか思わないみたいですし・・・」と適当なところで話を終わらしてしまおうとしたら以外にも「フィギュア集めたりするのと同じやろ?別に変じゃないと思うけど・・・」という答えが返ってきました。
今の若い人って何か自由って気がして羨ましい・・・。
他にも変な事ばっかり言って家族を困らせたりもしたみたいです。
自分が覚えてないのに自分が暴走するみたいな感じが気味悪くて嫌でした。
退院するときも「何だか御迷惑をかけたみたいですいません」なんて看護士さんに挨拶したんですから・・・。

スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 2

コメント

こんばんは。
きゃー、知らないうちに言ってしまったのですね。
でも、毎日会う人とかではないから
良いのではないかな。
私も前に友人に言った事があったのですが
どの人も凄いバカにした態度を取ったので
言うだけ無駄だったと思いました。
リハビリの先生は素敵な方ですね。

ところで、はる猫ちゃんはとても残念でしたね。
でもこの世で瑞貴さんと出会えて
幸せだったと思います。
運命という事だったのかもしれませんが
私も最期を看取れなかった事があったので
思い出してしまいました。

#cgvptp6U | URL
2008/09/15 20:35 | edit

リデルさん、こんばんは。
リハビリの先生は22歳だそうで今の若い人って物の見方が広い気がします。
細かいことに縛られないというか。
ネットをするようになって大人でも人形好きな人がたくさんいて嬉しかったです。
頭の病気はもうこりごりです。

はるとは特別強い縁のようなものを感じていたのでこんなに早く別れなければならないなんて思いもしませんでした。
うちに来た猫達は家族になるまでに家族を説得したり自分自身迎えることを迷ったりということがあったのですが、はるの時は即断だったんです。
何故か家族の説得も後回しでとにかくうちに子にしたくて優柔不断な自分らしからぬ行動力だったと思います。
不思議なことに家族からも反対の意見が全く出なかったんです。
もう猫を新しく迎えることはないと思います。

瑞貴 #8Y4d93Uo | URL
2008/09/16 22:16 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizuki1.blog41.fc2.com/tb.php/727-0686193c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)