FC2ブログ

大好き

好きなもの、日常の事などいろいろと・・・

ワイドショーについてのあれこれ  

ワイドショーで森進一の事が話題になってたが、あの人見てると何かすごく冷たい人に思えて仕方がない。
あの作詞家の恩着せがましい言い草も何だか不快だが、~してやったとか。
歌詞の件が気に入らないならその件に関してだけ会見で言えばいいことだ。
何かをしてあげた云々は森進一と作詞家との間の事だから当事者同士で解決しろと言いたい。
森進一は以前インタビューで貧乏だったからとにかくお金が欲しかったと言っていたがそれは今もあまり変わってないみたいだ。
作詞家との付き合いにしても自分の利益にならなくなったら連絡もしないしもう関係ないという姿勢は森進一の場合誰に対してもそうなのかもしれない。
利用価値がなくなればいらないみたいな。
離婚した妻昌子との関係にしても、昌子が自分の言いなりに動いて歌ってくれてる間は夫婦円満だが昌子が歌いたくない、体調が悪いで進一にとってあまり役に立たなくなったら夫婦関係にも亀裂が入ったように思う。
お金が全てと考える人は、人の気持ちなんて二の次三の次になりがちというか人の気持ちを察するということができないのかもしれない。
自分にとってこの人は都合がいいかよくないかそれが付き合いの判断基準なのかも・・・。


23日皇太子様が47歳の誕生日を迎えたそうでおめでたいことだが、天皇家も大変だなと思う。
何だか普通の家と抱えてる悩みは変わらないような・・・。
天皇陛下が愛子さんと会う機会があまりないからというようなことをおっしゃったそうだがその話を聞いた時何故かドラマ「えらいところに嫁いでしまった」を思い出してしまった。
夫の実家の長男の嫁は夫の実家に寄り付かない・・・。
嫁が寄り付かなければ孫にも当然会えない・・・。
息子が嫁をもらうまでは結束が固かった家族が、息子が結婚したとたん親子兄弟の仲が上手くいかなくなるという・・・。
秋篠宮様の会見でも、はっきりとは言わないが兄に対する苛立ちというようなものが感じられる。
自営業をやってる家庭を例にあげれば「親父ももう年だしさぁそろそろ楽させてやりたいんだよね・・・兄貴もう少ししっかりしてくれよ」という感じか。
こういうのって一般家庭でもよくあるよなぁ・・・高貴な方々も同じような問題を抱えることもあるのねと思った。
雅子妃は皇室に嫁ぐより、仕事を続けて普通の家庭(といっても我々から見ればセレブ)で育った男性と結婚した方が良かったんだろうなという気がする。
普通の家庭だったら夫の実家にどうしても寄り付きたくなければ適当な理由をつけて寄り付かないようにすればいいだろうし(夫の実家からすればそれはそれで問題のある嫁ではあるが)。
妃というだけで国民の目が光ってるし、ある意味苦しい立場ではあるかもしれない。
以前、雅子妃の妹さんがインタビューで「姉は気が強いみたいに見えますが姉妹の中では一番気が弱いんですよ」と語っていた。
そのときはそんな風には見えませんが・・・と思ったが適応障害になってしまったところを見ると妹さんが話していた事は事実だったのだなと今は思う。
私はお妃候補?とマスコミに騒がれ追いかけられていた頃の雅子様が好きだった。
知的で凛とした感じがとても素敵だった。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizuki1.blog41.fc2.com/tb.php/309-8261064d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)