FC2ブログ

大好き

好きなもの、日常の事などいろいろと・・・

白虎隊に関する想い出  

私が日本史上で初めて知った名前。
小学生低学年位の時、テレビアニメで「まんが日本絵巻」という番組が放送されていた。
再放送だったのかもしれないが朝に観ていた。
30分の番組で日本史上に登場する人物が2人取り上げられてアニメ化されてるというものだったと記憶している。
当時、日本史に興味などない私だったが何故かよく観ていた。
そんなある日、放送されたのが白虎隊だった。
登場人物の名前も全く覚えてはいないし、今考えると物語自体も完全に作り話的なものだったと思う。
2人の白虎隊士が登場して(親友同士)、そのうちの一人が町娘と恋に落ちるという内容だった。
出陣前に町娘から小さな手鏡?杯?のような物を贈られ、それを身に着けて出陣する白虎隊士。
戦いの最中、銃で撃たれ弾が胸に当たるが彼女にもらった物に弾が当たり命拾いする。
が、最期は飯盛山で親友である白虎隊士と刺し違えて死ぬという何とも可哀想な物語だった。
朝っぱら観てあまりに悲しすぎて泣いた覚えがある、その日は一日気分が落ち込んだ。
全くの作り話なら可哀想で済むが、母から白虎隊は実在したものだと聞かされ何とも救いようのない思いをしたものだった。
それからしばらくは会津若松に連れてってよと親にねだった。
親の仕事の都合や金銭的なものもあり、それが実現したのはずっと後だった。
それから時は流れ、小六で日本史に興味を持ち、戦国時代から始まり中1で新撰組の沖田総司にはまり寝ても醒めても沖田さんという状態の中3受験期にその話は舞い込んできた。
母方の叔父が祖父母(母と叔父の両親)を旅行に連れて行くことになったと連絡してきた。
祖父は茨城県出身で戦前から大阪に出てきて兄の仕事を手伝っていたのだが本籍は茨城県にあったようで、戦時中召集されたとき何故か会津若松の連隊へ所属することになり会津に居た時期があったそうでその想い出を辿る旅行をするとのことだった。
叔父は姉であるうちの母にも一緒に行ってはくれまいかと連絡してきたのだが母は一度は断った。
費用は叔父持ちで、うちの家族全員で行こうと誘ってくれたが父は仕事を休めないし私も受験があるので1週間以上も学校を休ませる事はできないというのが断った理由だった。
父は母に自分はいいから子供達を連れて行っておいでよと言ってはくれたが、問題は私・・・。
私はこんなチャンスもう一生ないかもしれないと思った。
この旅行に行けるなら高校受験なんて落っこってもいいとさえ思った。
でも実際落ちたらシャレにならないので旅行後は今以上に頑張って勉強しますと親に誓い母と私、妹が旅行に行く事になった。
姉は当時もう結婚しており生後3ヶ月の子供が居たので留守番だった。
学校には、東京の親類に不幸があり東京に行きますので1週間休ませて下さいと母は嘘をついたのだった。
他にも予定があったので会津には1泊しかできなかったがいい想い出になりました。
観光シーズンではなく平日ということもあって飯盛山にはあまり人も居ずゆっくり見学することができました。
白虎隊記念館の外にある土方歳三の腰掛石に祖父が腰掛けて休憩したりしていました。
またいつか行ってみたいです。
私が小さい頃知った白虎隊という名前、祖父が一時期会津に居たこといろんな偶然が重なって会津若松に行く事ができた、もう偶然なんかじゃなく運命?かも。
20070107120149.jpg

旅行時に買った御守り。
他にも絵葉書とか白虎隊の本2冊とかいろいろ買ったけどどこかにしまいこんでしまい御守りだけは身に着けていたので手元にありました。
御守りの効果は1年だそうですが、私にとっては効果あるなしにかかわらず宝物です。
あと湯呑も買いましたが2個買って1個は割れてしまいましたがあと1個は残っています。
割れたら嫌なので今は使っていません。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 2

コメント

瑞貴さんは白虎隊に詳しいのですね。
私は小学生の時の修学旅行が福島の
白虎隊の所でした。
でもあまり話は覚えていないんですよ。
瑞貴さんの話を読んで、よく分かりました。

ところでお守りですが、大事にしておけば
何年持っていても良いのではないかと
思います。
私は、この前掃除をしていたら、何個か出てきましたが、もう10年も前の物だし
それ程大事にはしていない気が
したので、今年お炊き上げをしました。
大分考えたのですが、それでよかったと
思いました。

リデル #cgvptp6U | URL
2007/01/09 01:16 | edit

白虎隊は好きなので本を結構読みました。
当時は同じ位の年齢なのに自分は甘いなぁなどと思ったものです。

御守りはあまり買わないようにしています。
小さいからすぐに紛失してしまったりするし・・・。
縁結びの御守りなんかもお土産にもらったことがありますが喜んでいいのか何だか微妙な気持ちでしたね(笑)

瑞貴 #8Y4d93Uo | URL
2007/01/10 00:12 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizuki1.blog41.fc2.com/tb.php/272-dd9cfda9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)