FC2ブログ

大好き

好きなもの、日常の事などいろいろと・・・

みおや思ひて涙流るる 中根久喜中尉のこと ②  

中根久喜中尉のこと①はこちら
①を書いてからも中尉について少し知った事などもあり今日は②ということで。
中尉が遺された遺品アルバムにはあの頃あの閉塞的な時代の中で従軍記者達が撮ったプロパガンダ臭漂う物とは違う精一杯生きていた素顔の青年達が写っていています。
その中で中尉がお母さんを撮った写真がありました。
場所は靖国神社、一枚の写真の横には中尉の字で〝やさしい母でした〟もう1枚には詠が〝まだ遂げぬ使命思へばたらちねのみおや思いて涙流るる〟。
特攻に志願して生還は絶対に期さない覚悟を決めながらも親を思って揺れる心の内が詠の中から見て取れます。
詠の中のみおやとは祖母や母を指す言葉だそうで中尉がお母さんを思って詠んだもの。
子が亡くなったら男親も女親も悲しみは同じだとは思うけど、あの頃は今の時代みたいに女が選べる人生の選択肢は多くはなく大抵は子を育て家を守るのが女性の生き方。
それだけに子供の成長だけが生きる糧で人生の全てみたいなところがあってそれだけに残して先に逝く子の思いというか葛藤は相当なものだと思います。
中尉の戦死後アルバムを見たお母さんは息子の字で書かれた〝やさしい母でした〟と詠をどんな気持ちで読んだのか・・・。
中根中尉以外に男子はいなかったので御両親が息子にかける思いは相当なものだったと思います。
中根家は農家で長男である中尉は後を継いで農業をということになるのですが、運動神経も頭も良かったのでお父さんは中尉を大学に進学させたそうです。
当時は大学進学ともなると親の経済的負担は相当なもの、それを中尉も解っていてお父さんに感謝の気持ちを持っていたようです、こんな時代とはいえ特攻に志願してしまった申し訳なさもあったのかもしれませんが。
軍隊に入って生活は非常に厳しく馴れても辛いと感じる日々の中で「誰もが通る道」とお父さんが言った言葉通り頑張り抜くとお姉さんへの手紙に書いていた中尉。
男親は強く厳しくという時代だったとはいえお父さんの胸中も複雑だったと思います。
両親の子への願いも期待も全て根こそぎ奪う戦争、子を失った瞬間から始まる喪失感と悲しみは生涯癒える事はない。
中尉のお母さんは遺品箱の中に中尉が子供の頃に描いた絵も一緒に入れていました。
私の姉や妹も我が子が描いた絵などを大切に残しています、いつだったか「そんなん置いといてどうすんの?」と聞いた私に「大人になってから本人らに見せたり将来結婚したりしたら嫁さんや孫に見せたりするのもええかなぁって思って」と。
もしかしたら中尉のお母さんもそんなこと思って残したりしてたのかと思ったり、私は結婚してないから子供も育てたことがないだけど母親である姉や妹を通してもしかしたらと中尉のお母さんの事を考えたりする。
今日は中根中尉のお誕生日でおめでとうございますな日であるとともにこの世に産み出してくれたお母さんに感謝する日でもあります。
中根中尉のお母さん貴女が産み育てた息子さんは亡くなってからも人に生きる事の大切さを教える力を持った立派な人です。
中根中尉のお父さん貴方の息子さんは良い男です

「人の世に生れて死を厭うことは今昔変わりありません。
故に万人が長寿を願い、いろいろの昔話しを今日まで残しています。
けれども予期せざる生は、予期せずして死するのが当然です。
ですから若冠25歳を以て戦死しても決して驚いてはなりません。
悲しんではなりません。
例え私が敵の艦諸共に砕けなくても私の運命はその時に止まっているのです。
父上にはそのことが充分に解って戴けると思いますが、お母さん 優しいお母さんでした。
ある時は、私の寝顔に夜具をかけてくださいました。
久喜はあれほどに可愛がられ、何の報もせず散るのが母上に済まなく思います。
しかし私の胸の奥底には大きな願いがあるのです。
大義に生きることです。
お母さん決して悲しんではくださるな。
今母上が悲しんでいるように、その悲しみに打ち耐えて強く生きる一億の母のあることを思い起こして下さい。
一億の悲しみは一億の怒りとなって強く逞しく宿敵破砕の泉とならねばなりません。
至らぬ私でさえ軍隊生活をしているうちに死生観の輪郭を知り得ました。
そして母上が男の子を大君に捧げた光栄を思う日こそ私は本当に幸福だと思います。
淋しい日があったら、夜空の星の世界を御覧なさい。雄大な宇宙を眺めたらきっとふっ飛んでしまいますよ。
相談相手がなかったら、猪田さんの御母さんとお話しなさい。
母上がいつも云われるように母子共やさしい御方ですからお母の心も慰むることでせう。
久喜の心は晴れ、身を大君に捧げ、桜咲く靖国に帰る日を楽しく思います。
あああの桜、萬朶と咲くあの桜が私帰るその肩に降り注ぐのです。
ふみし日の よとせも今ぞ 去りならむ 永久に栄ゆる 桜花美は志 
                                          久喜拝 
母上様」
スポンサーサイト



category: 大東亜戦争

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizuki1.blog41.fc2.com/tb.php/2496-f36fe7e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)