FC2ブログ

大好き

好きなもの、日常の事などいろいろと・・・

有難い事です。  

先日、中根中尉の御遺族のM様より御電話をいただきました。
2度目なので少しは落ち着いてお話できたと思うのですが…何かおかしなこと言わなかっただろうか・・・
ブログの感想などを話して下さいました。
8月に観に行った映画「人間爆弾「桜花」ー特攻を命じた兵士の遺言ー」の事を書いた記事も読んで下さったそうで、その事についてもいろいろお話を聞くことができました。
映画を観て私が疑問に思っていた事についても納得できる答えをいただき、遺族の側から観た感想も話していただきました。
同じ映画を観ても、立場によって感想や受け止め方も違い勉強になりました。
ドキュメンタリー作品は難しい。
それに関わった人が多い事柄ほど慎重にいろんな人へのインタビューを時間をかけて行い、作り上げないといけないものなんだなと思いました。
確かに気の遠くなるような時間がかかる作業かもしれないけど。

大橋進中尉の御遺族の方からコメントを頂いた事も自分の事の様に喜んで下さり嬉しかったです。
こういう話は父や友人に話したところで「へえ、そうなの」で終わっちゃうと思うので。
M様に頂いた「神雷部隊櫻花隊」の中には戦死者の名簿も掲載されており、そこには住所や遺族代表の方の名前も載っていたのですが(今では個人情報なので有り得ない事ですが)、大橋中尉の部分は住所は書かれておらず遺族代表はお母さんなっていました。
そこから、おばさんのモヤモヤした想像が発動。
「大橋中尉ってもしかしたら一人息子?でも桜花の隊員募集は長男、一人息子、妻子持ちは除外だったな・・・ああっでも中根中尉は長男やんか(妹さんはいらっしゃるけど)・・・男兄弟はいるのだろうか?」とかいろいろ。
遺族代表がお母さんだからって母子家庭だとは限らない、お父さんがいても戦後亡くなってる可能性はなくもないし。
70数年後に他人がよそのお母さんの心配しても仕方ないのは解ってるものの、息子を戦争で亡くしたお母さんがたった一人残され生きて行くにはあまりにも世間の人は冷たく国も酷かったので。
一人息子じゃなくても女手一つで育てた4人いた息子は長男殉職、次男、三男、四男は戦死、長女は病死と全て子を亡くし、戦後は息子の軍事恩給だけが生活の糧だったのにそれすら打ち切られて子供達の想い出の残る家も手放さざるを得なくなり最期は病で亡くなったというお母さんの話を本で読んだこともあって、男兄弟がいても兄弟で戦死してしまったらなどと考えていろいろ考えてはモヤモヤ
そんな時に大橋中尉の御遺族の方からコメントを頂いて大橋中尉にはお兄さんがいらっしゃったこと、コメントを下さった方はお兄さんのお孫さんだそうです。
お母さん一人ぼっちで残されたわけではなかったんだと・・・だからって大橋中尉を亡くしたお母さんの気持ちが救われるわけではないんだけど・・・私のモヤモヤが晴れただけで。
そんなことも話していろいろ聞いていただき、私にとっては有意義な時間でした。

M様有難うございました。


拍手お礼は続きより









薩摩切子様
先日は御電話有難うございました。
台風の事では御心配をおかけしました。
DVDも送って頂きお世話になりっぱなしで。
これからじっくり鑑賞させていただきます。


リデルさん
土砂崩れで人が亡くなったのは車で数分のところです。
結構な田舎で山の上の方まで家が建ってたりするのですが今回みたいなことは初めてです。
台風が来る前から雨が続いていたのでそのせいもあるのかなと。
リデルさんのところは窓ガラスが割れたそうですが風が強かったんですね、こっちは雨がすごかったです。
夜中なんかだと不安も倍増しますよね。
スポンサーサイト



category: 大東亜戦争

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizuki1.blog41.fc2.com/tb.php/2355-cdb2720f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)