FC2ブログ

大好き

好きなもの、日常の事などいろいろと・・・

それは違うと思うぞ  

父が観ているドラマ「やすらぎの郷」、今日は特攻と自爆テロは同じだというセリフがあったけど違うだろと。
聞いたときは一瞬ポカンとなってしまった、その後に激しい怒りが・・・。
昼間から公共の電波使って俳優におかしなセリフ言わすなよとムカムカ。
個人の考え方に文句を言うつもりはないけど、それをドラマのセリフの中に入れたりするのが何か遣り口が姑息な感じがして嫌だ。
今この瞬間にだってあの頃、特攻隊員だった人や、特攻で大切な人を亡くした人がこのドラマを見てるかもしれない、あのセリフはそんな人達に面と向かって「特攻って自爆テロと同じですよね?ね?」と無神経に言ってる事になるんじゃないの。
脚本家って書くのが仕事だから人を喜ばせたりもできるけど、とんでもない言葉の刃で人を傷つける事もできる、今日のあのセリフこそが無差別テロじゃないのか?
今、このブログを書いてても何か腹が立って腹が立ってどうしようもない。

スポンサーサイト



category: 大東亜戦争

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizuki1.blog41.fc2.com/tb.php/2332-470018d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)