大好き

好きなもの、日常の事などいろいろと・・・

中根久喜中尉のこと  ①  

DSCF9678.jpg
大正10年7月24日茨城県行方郡要村(行方市)で生まれる。
昭和16年4月日本大学専門部工科に入学。
昭和18年9月海軍第13期飛行専修予備学生試験(第三部 前期)合格
        日本大学卒業
      9月~12月  土浦海軍航空隊入隊(第5分隊) 基礎教程
昭和19年1月~5月孝雄海軍航空隊(台湾)練習機教程
      6月~9月台湾海軍航空隊 爆撃機操縦専修実用機教程(8月中旬に桜花搭乗員の募集が行われ一次募集に志願)
      10月第721海軍航空隊(通称神雷部隊)に配属 桜花隊として訓練開始
昭和20年3月桜花隊の桜花攻撃と爆装零戦攻撃の二戦法採用による再編により、神雷爆戦隊(建武隊)に転換
      4月14日神風特別攻撃隊神雷部隊第六建武隊隊長として特攻出撃、戦死(享年23歳)

中根中尉について残されてる話はどれをとってもこの人心の温かい人だなと思うようなものばかりです。
上官である湯野川大尉の為に冷たい川に入って蜆を採った話、出撃近い戦友の結婚式に立ち会う為に脱柵(規律違反です)して寒い中自転車で走った話、基地近くに住んでいた子供たちに分け隔てなくお菓子をあげたり訓練の様子を見せてあげたり。
この人の真心はこの人が亡くなった後もちゃんと関わった人の心の中で生き続けているのだと思う。
死が近付いてくる日常の中でどうして人に優しくできるのか、私が23歳の時は本当に世間知らずの馬鹿でした(今もさほど変わらないような・・・)。
もしも自分だったら死ぬという事生きるという事、諦めでもなく覚悟でもなく自分の心と折り合いをつけて征くという感じかもしれないと思う、諦めは悪いし覚悟なんてものはとてもできないだろうと思うしそんなことをいろいろ思い悩む日々の中でとてもじゃないですが人に優しくなんかできないと思う…そういう人でありたいとは思うけど実際はねぇ、自分で自分の事は一番よく解ってるだけに。

疑問や納得できないことは上官にでもきっちり質問したりするところなんかもよその分隊長よりも厳しいと言われた湯野川大尉に好ましいと思われる部分だったのかもと思ったりする。

上に書いてある中根中尉の略歴ではありますが文字にしてみると、すごく短期間に搭乗員としての育成教程を受けてるのだなと。通常は一人前と言われるまでには3~4年かかると何かの本で読んだ記憶があるのですが、それをこれだけの期間で一体どれだけの努力をしたのだろうと思います。
兵学校出身の士官の中には自分達は何年もかかって少尉になったのに、予備学生は短期で少尉になるからムカつくという人もいたようですが、そこそこ時間をかけて教わるのと短期で詰め込み教育されるのとではどっちがしんどいと思うねんと私は思いますが。

桜花の搭乗員募集ですが長男と妻帯者は除外されるはずなのに何故中根中尉は志願したのか。
この方長男です、下は妹さんばかりで男兄弟はいません。
私はずっと男兄弟がいると思ってました。
航空隊の方では家庭のことなどいちいち調べていないのか?それとも本人の意思が固かったのか・・・。
将来を誓った方もいたようですし(昭和20年3月10日の東京大空襲で亡くなってる?)、どうしてだろうと思って。
今と当時では考え方も違うだろうし(男と女という違いも)、他人が他人の心を推し量ろうとするのがそもそも難しいことだったりするのでこれについては御本人の口で語ってもらうしかないことなので今となってはもう永遠に紐解くことができない事だったりするのですが。
ただ婚約者が亡くなってしまったことについては「もう何も思い残すことはなくなりました」と湯野川大尉に話されてるので、婚約者が亡くなるまでは思い残す事の一つであり心が揺れたりもしていたのかと。

略歴ではありますが、今回中根中尉の生年月日までここに書くことができたのは中尉の御遺族であるM様の御厚意があったからです。
70年以上前に亡くなった方の事ですから全くの他人であり、関係者に知り合いでもいない限り素人が調べるには難しいしせいぜい手に入る書籍に載ってる情報のみでおしまいになってしまうのですが、2月に筑波海軍航空隊記念館に行った事をここに書いたことがきっかけでM様から御連絡をいただきM様が作られた冊子と中尉が遺された遺品目録のDVDを戴きました。
送っていただいた物を手にした時の気持ちを文字にすると・・・ミュージカルじゃないけど歌って踊るくらい
先日、御電話で話す機会があってその時に「湯野川大尉は本に載ったりして有名な方だけど、どうして中根や大橋中尉なんだろうと思って」とおっしゃられて、正直舞い上がってその時何と答えたのか全く記憶がなく・・・。
今も考えてるのですが、上手く説明できない感じというか・・・この人好きだなという感覚みたいなものというか。
自分がこういう風になりたいと思う人は型破りでどこか押しが強い人なんですが、人として好きになるのは心が温かく優しい人というのが自分の中にはあって多分それだと思います。
湯野川大尉はよその分隊の隊長と違い厳しくてそれで敬遠している部下も中にはいたようで・・・本当は厳しさの中に温かさのある方だったようですが(自分だけに甘くて他人に厳しいなんてふざけた人間よりはいいと思いますが)。
そういう部分もちゃんと解って分隊士としてサポートしてくれる中根中尉や大橋中尉を湯野川大尉も大切に思ってたんだろうなと思います。
だから「特攻」という湯野川大尉の伝記を読んだときに出てきた中根中尉や大橋中尉が私の心に残ってこの方達の事が知りたいということに繋がってるのだと。

今日は中根中尉の誕生日です。
御存命なら96歳なんですね。
23歳のまま永遠に歳を取らない中根中尉ですが、御両親は亡くなるまで亡い子の歳を数え続けたのではないでしょうか。






      


スポンサーサイト

category: 大東亜戦争

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizuki1.blog41.fc2.com/tb.php/2323-6a20c1a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)