FC2ブログ

大好き

好きなもの、日常の事などいろいろと・・・

人生先の事は判らない  

高嶋ちさ子さんがいきなり話題になってたのでついついワイドショーなんか見入っちゃったのですが、この人以前からバラエティ番組に出ていても結構激しい物言いで今回のこともこの人ならさほど驚くこともない行動だと思う。
カッとなったら後先考えなさそうだし。
近くにいたら嫌だけど見てる分にはという人。
性格が悪いというのとはまた違うと思うむしろ腹黒いとかそういうのとは無縁の人だと。
逆にそうじゃないから性質が悪いとも言えるけど。
物の言い方も家族に対しては相当なものだと思います(バラエティで夫に対してあまり優しい物言いではないようでした)、高嶋さんの母親もこういう感じの人みたいなので似たもの母子か、そういう環境で形成された性格?
こんな人の周囲って一つ何か言い返すと機関銃のように十も二十も酷い言葉になって跳ね返ってくるからもう煩いから好きにさせて嵐が過ぎるのを待ってるという感じではないかと思う。
私の職場にもこういう人がいるが、その人の息子さんがあるスポーツをやっていて一軍から二軍に落されてしまうときチームのお偉いさんがすご~くまどろっこしい言い方をするので、「はっきり言っていただいて構いません二軍に行けってことですよね、解りました」と言ったところ、お偉いさんが最近の若い人ははっきり言うとやる気をなくしてしまうので気を遣うのだという事でした。
息子さんからその話を聞いたその人に息子が言った言葉は「あなたのような母親に育てられた僕はたいていの酷い言葉には慣れている」だったそうです。
その人は「息子がそんなこと言うねん」と笑ってましたが、決して褒め言葉ではなく最高の嫌味だなと
高嶋さんの家庭でもそうでしょうが最終的には言われたことされたことへの結果を出すのはこの先成長した子供さんだと思うので世間の人がとやかく言うことではないだろうと思います。
羽鳥慎一の朝のワイドショーでは高嶋家のことから派生して東大に子供3人入れた家のことまでやってましたが何か参考になるのだろうかと思ってしまった。
子供の個性なんてそれぞれだろうしよそさんの子育てを真似たところで上手く行くわけでもないだろうにと。
東大に3人の子を入れたことはすごいと思うけど、子供の人生ここで終わりというわけではなくこれから先、就職結婚とまぁいろいろ続いていくわけで・・・案外ここからが親の思う通りにならないと言ってもいいと思う。
先に書いた職場の同僚の事にしても自分の人生設計は今まで狂ったことがなく理想通りというのが自慢の人でしたが、息子さんが結婚することになり、帰郷して同居してもらうつもりだったのが帰郷せず遠く離れたところで住む事になったそうです。
人間の人生の良し悪しなんて死んで棺桶に入るまで判らないもんだと、私は思ったりする。
私は人生の勝ち組なのよ~なんて言ってても長い人生からしたらそれは一瞬の出来事かもしれないんだから・・・一寸先は闇とはよく言ったもんだ。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizuki1.blog41.fc2.com/tb.php/2103-05ee8155
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)