FC2ブログ

大好き

好きなもの、日常の事などいろいろと・・・

こういう奴は・・・  

問答無用で殺っちまえ。
こんなことをブログで書いちゃうと不快だから畳めというお叱りを受けてしまうことを百も承知で書いてます。
米国狩猟愛好家で歯科医師のウォルター・パーマー、この人の皮を被った化け物に人権等は全くなく即刻社会からなどという甘い制裁ではなくこの世から抹殺すべきだと思う。
歯科医でも医者は医者、命の重さは解ってるはずなのにこの馬鹿さ加減。
社会的地位はあってもクズなんてのは吐いて捨てるほどいるので今更驚きはしないけどこのクズには驚きました。
銃を普通に携帯してる国の人間はやっぱりイカレてるわというのが私の感想です。
自由の国アメリカなどとよく言われるけども自由は自分勝手に振る舞い欲望のままに生きるという意味ではないと思う、アメリカ人はそう思ってるのかもしれないけども。
イルカ漁や捕鯨は酷いと言われるけどもだったら↑こういう奴は野放しでいいのか?
こういうのを狩っちゃわないと絶滅しちゃう動物の数に歯止めがかからないんじゃないの?
やり方があまりにも性質が悪く、頭おかしいんじゃないの?レベルだと思う。
ライオンを弓矢で撃ったけど死ななくて逃げたそのライオンを40時間も追いかけて今度は銃で撃ち殺したって・・・こんなこと頭おかしくないとしないだろ。
「知らなかった」で済むことと済まない事がある。
殺されてしまった雄ライオンの子供達の運命まで大きく変わってしまうということだ。
ライオンはトップの雄ライオンが入れ替わると前の雄ライオンの血を根絶やしにする為に新しいトップになったライオンが殺してしまう習性がある。
自分の快楽を満たす為に犯したこのおっさんの罪は大きい。
暗殺者を雇って狩ってしまえばいい、それで外交問題にでもなれば「え~知らない」ととぼけてしまえばいいだけの話だ。
それが難しいというのなら秘密裡に攫ってきてライオンの群れの中に放り込んでしまえばいい、後はライオンさんが狩ってくれるでしょう。
こんな人間の肉食べたらライオンが食あたりを起こさないかそっちの方が心配だけど。
お金を払えば何でもできると他国で我が物顔でルールを侵す自由の意味を履き違えたアメリカ人には人権などないし命で償って痛い目にあってもらいたいと思う。
人権とは人にある権利で人のふりした化け物には当てはまらないというのが私の考えなので。
そうでもしないと殺されたライオンと命の危機にさらされてるその子供達があまりにも哀れだ。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizuki1.blog41.fc2.com/tb.php/1999-6cca16ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)