FC2ブログ

大好き

好きなもの、日常の事などいろいろと・・・

キラースマイル  

「一瞬で悩殺・魅了してしまうような笑顔のこと、女性が男性の笑顔に対して使うことが多い」だそうです。
聞いたことはありますが実際にあるかといえば私としては微妙な感じでした。
だってそんなの見たことないから
男前(イケメンという言葉はあまり好きではないので使いたくない)だなと思う俳優さんやタレントさんはたくさんいますが、成る程男前やなという感想。
人の美醜と料理の美味い不味いだけは千差万別なので皆が皆同じというわけではないということで・・・と一応前置き。
過去1人だけ「こんな男前いたのか」と思ったのが今は引退してしまった俳優で、まだ人気が出る前にコーラのCMで見て驚いた、笑顔がとても爽やかで良かったから。
でもただそれだけでファンになるとかそういうことは全然なかった。
どんどん人気が出てからはさほど男前だと思わなくなったけれど。
昔から特定の男性芸能人とかの熱狂的なファンになったことはなく、好きな歴史上の人物を演じた俳優さんを応援するという程度のもので。
憧れるのも女優さんが多く、髪型を真似たり。
なので今回はちょっと衝撃的な出来事でした。
先日、とある人をネットで調べていてひっかかってきた人なんですが画像に出てきたのは・・・。

「え?何この人・・・え・・・」PCに向かって思わず独り言・・・。
過去、元俳優さんを見たときの驚きなんてふっとんだわ。
「こんな男前見たことない・・・」あくまでも自分の物差しです。

キラースマイルってあったんやな・・・
BKoj074CMAAUcpr.jpg

cbd70a2442a7d93321e7e696ac4bd11372f00168.jpg
真崎航さんという方です。
「ここまで完璧な顔で産まれてくる人っているんだ・・・」
正直もう溜息ものでした。
若手俳優か?モデルか?雰囲気からしてEXILEと同じ事務所のタレント(最近は演技の上手下手はともかくこことジャニーズ事務所でないとドラマに出れないのかよ?と思う時がある)か?久しぶりにわくわくしながら今まで見たことない人だったのでどんな人か調べてみる・・・。
ゲイビデオ俳優(ポルノスターの方がしっくりくる気がするんですけどね)・・・そっかそっか、興味のないジャンルだと知る機会なんてないもんね。
仕事のジャンルなんて何でもいいわ、その人自身が魅力ある人ならば。
笑顔の素敵な人が私は好きです。
妹には「この人の顔完全にお姉の好きな顔ど真ん中やん」と言われました。
妹から見れば、客観的に見ても男前には違いない、だけど自分の好みではないとの事(妹が好きなのは船越英一郎)でした。
でも残念ながらこの方は2013年5月18日に29歳で亡くなっていました。
顔のいい人間に性格のいい人はまずいないというのが私の持論ですがこの方はそうではなかったようです。
男女問わずファンは多かったようでファンとも気さくにお話をしたりして直接会った人はそれこそ彼の人柄に惹かれてますます好きになると。
まぁこのキラースマイルで気さくに話されたら誰でも虜になるわな。
動画も見てみましたが、話し方や声がとても優しい人だなという印象でした。
笑顔の可愛らしさと男っぽいセクシーさ、下ネタも当然言うけど不思議と漂う爽やかさと清潔感・・・何とも不思議な人。
自分の仕事も生き方も包み隠さず話す方でこれからは芸能活動も積極的にしていこうという矢先にバタバタと病気や不運が重なって亡くなったようです。
漢前やんと思えるような懐の広さと細やかな気遣いができる部分、少年のような無邪気さが上手くバランスがとれてる人だなと思いました。
残念だな、活躍する姿見たかったな。
でもキラースマイルって本当にあったんだとひねくれた私に思わせてくれて有難うございます。

d8b2a344jw1e6syyz2njyj20e80hsgoz.jpg
こういう顔も良いけれど、この人は思い切り笑った顔が一番魅力的だと思います。
男前だからキリリとした顔もそれはそれは素敵ですが笑顔になったときのがらりと変わる雰囲気の落差がいいなと思う。
大人の男の人に可愛いや愛らしいは禁句だと思うのですがそう思ってしまうのだからどうしようもない。
職場の同僚に韓流タレントにすごく熱を上げてる人がいるのですが今までは話を聞きながらも〝う~ん、どうもよく解らない〟というのが正直な気持ちだったのですが、今は少し解る気がする・・・氷川きよしや山内惠介のファンに気持ちとしては近いかもしれない(笑)
綺麗な目元と少し厚めの下唇がいい感じなんだと思います、私的にはですが。
真っ白い綺麗な歯並びは八重歯を抜いて矯正したそうです、この人の顔だと八重歯があってもそれはそれでいいのでは?と思わなくもないけど海外進出を視野に入れていたので矯正したみたいです。
日本では今はどうかわからないけど昔はチャームポイントになった八重歯ですが海外では好まれないので。
それと髭があっても気にならないというのも私自身初めての発見でした。
似合ってるからだと思うんですが、今までだと髭を生やした人を見たら嫌だというわけではないけど何か顔に余計なものが付いてるような気になってたので。

実質ビデオ俳優(業界では俳優とは言わずモデルと言うようです)として活動したのは4年足らず、その間に出演した作品は200以上でビデオ俳優としては史上最多だそうです。
業界ではもうこういう人は出てこないだろうと言われててポスト真崎航を育ててはみるもののなかなか上手くいっていないのが現状のよう。
こういう人は元々の資質とか生まれ育った環境とかいろんなものが重なり合って出てくるから稀有な存在なのであって育てようと思って育てられるものではないと思うので難しいのではないかと。
職業に貴賎はないといいますが、やはり顔出ししてゲイビデオ俳優やってますと堂々と言うのはなかなかね・・・。
彼の場合はゲイであることも公表していてパートナーの方もいるし普通に暮らしていたけど実際は隠して生活してる人の方が多いだろうしいろいろ難しい。
知人に職場でカミングアウトしたという青年がいますが同僚は男女含めて特別視することなくつきあっているというので若い人は考えも柔軟な分気にしないのだろうけど年配の人はなかなかね、受け入れにくいのかも。
恋愛は自由、異性間での愛があるなら同性でもありだろと思うんですけどね。
ゲイでもレズでもその人に人間的魅力があれば何の問題もないこと。
まぁ恋愛対象として見てしまったら性別の時点で弾かれてしまうので苦しいでしょうけども。

「叩かれたり妬まれたりは、これまでも…これからも覚悟の上。
大体の内容は知っているけど、そんなことを気にしていたら前には進めないでしょ。
目指す場所はもっともっと高い場所にあるから」
彼が生前言ってた言葉だそうです。
ネットでもいろいろ書かれたりしていたけれど、多分大半は彼の生き方に対する嫉妬とか羨望だったような気がする。
人間なかなか自分の思う通りに生きるのは難しい。
周囲の目を気にしたりとか。
それをやってのけた彼をすごいと思い好意を持つ人とそういう彼をすごいと思いながらも嫉妬する人。
人間は嫉妬っていう厭らしい感情を持った生き物なのでね、それがすごく大きな悪意に繋がってしまう事もあるので恐い。
やってのけたといってもそれは簡単なことではなくすごく傷ついたりしたことも一度や二度ではなかったと思うんですよね、それでも自分が目指す場所へいつか辿り着く為の選んだ道だからと進み続ける、そんなのちょっと想像力を働かせれば解りそうなことなんだけど・・・嫌なことをされたり言われたりして気を悪くするのは誰だって同じなんだから。
亡くなる前にはビデオの俳優もいつまでも続けていられるわけではないからと次のステップへ進むことを決めていたようでそうなれば今までのように気さくにファンと触れ合うこともままならなくなったとは思うけど、ファンにしてみれば死なれてしまうよりはね。
「女が惚れる男には当たりと外れが半々、男が惚れる男は当たりの方が多い気がする」とどこかで目にした言葉ですが妙に納得した。

キラースマイルも素敵だけれど自分の仕事にプロとしての誇りをもって日々努力を重ね、自分だけの事を考えるのではなく同じ世界で生き働く人や業界の悪しき慣習を変えていこうと自らが動いて前に突き進む、そのブレない信念が彼の魅力であり亡くなった今でも彼を輝かせかかわった人に惜しまれ愛される、太く短い人生がただただ悔やまれるけどこの人に出会えたファンは幸せだよ、こんなに魅力的な人ちょっといない。




スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizuki1.blog41.fc2.com/tb.php/1937-a4a38d32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)