FC2ブログ

大好き

好きなもの、日常の事などいろいろと・・・

黒い太陽  

録画しておいた「黒い太陽」の最終回を観た。
立花は野心はあってギラギラしてはいるけど小物だと思った。
人間野心だけではダメだ、頭も良くないとね・・・。
違うドラマで「人間生き残る為に必要なのは情ではなく頭だ」というような台詞があったけど立花を見ていると全くその通りだと思う。
そこそこ面白いドラマではあったけど、ただ藤堂が自分の後継者だと見込んで育てていた長瀬がどこからどう見ても頭が切れるタイプには見えなかったことだ。
そう見えない演技しかできなかった役者に問題があるのか、見た目ですでにそう見えないのが悪いのか・・・。
藤堂役の伊原剛志の存在感はさすがだとは思ったけれど。
でもキャバクラで働く女って大半は性格が悪いのか???と思ってしまうようなドラマだった。
顔とスタイルに自信はあるけれど普通の職場では同性の同僚に嫌われて仕事が長続きしないのよって感じの女だよね、奈緒とか冬海って・・・。

キャッスルTO GOのたまき、美人さんだが髪型がどうかなぁって感じですな。
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 6

コメント

こんばんは、瑞貴さん!
リデルさんのところからリンクをたどってやってまいりました~
ドールを見せて頂きましたが、どれもとても素敵なコレクションで目の保養でした。ドレスがとっても素晴らしいです。オークションとのことですが、きっと高価だったんだろうな~って。
プログ読ませて頂いて、なんだか家と環境がとても似ています。家も2年前に母を無くしました。父が入院したりで、似た環境だな~って。ドール好きなところや猫好きも似ているかも~(笑)

ゆう子 #- | URL
2006/09/27 00:47 | edit

こんばんは、ゆう子さん。
ドレスはオークションで入手することがほとんどですが一時期に比べると安く落札できるようになったと思います。
私がオークションに参加し始めた頃は人形もドレスも驚くほどの高値で取引されていました。
新参者の私など弾き飛ばされてましたから(笑)

ゆう子さんもお母様を亡くされているんですね。
今年の7月で1年だったのですが、少しずつですが前向きな気持ちになってきたかなぁという感じです。
よろしかったらまたいつでもいらして下さい。

瑞貴 #8Y4d93Uo | URL
2006/09/27 01:57 | edit

うちなんてもう2年過ぎたのに、まだ父共々立ち直っていませんよ~(T_T)
思い出しては未だに涙です・・・。うちは特に急だったし看病のしがいも無く、亡くなったので。病気発覚後1が月ちょっとでダメでしたから・・・。母の存在は偉大でした~今更ですけどね・・・。

ゆう子 #- | URL
2006/09/28 01:40 | edit

お母さんが亡くなったのは急だったんですね。
うちの母はH14年2月に倒れてから後遺症で歩けなくなったので私が仕事も辞め在宅介護していました。
最期は病院で亡くなりましたが。
少し前向きになったと言ってもこの1年かなり酷い状態だったので・・・。
不眠や無気力に悩まされたりは未だにしています。
いい大人が母の夢を見ては未だに泣くという・・・。(母の夢ばかり見るんです)
母は太陽でした。
太陽が消えると後はず~っと夜の闇だけが続きます・・・。
明けない夜はないとは言いますがいつ明けるのやら。

瑞貴 #8Y4d93Uo | URL
2006/09/29 00:36 | edit

瑞貴 さん・・・
メールが分からなかったので長々となってスミマセン・・・。
お気持ち痛いほどよくわかります。私が人形にズボッ~と(笑)嵌ったのだって、ここ1~2年で気持ちを紛らわせるのにちょうどよかったからですもん~(^^ゞ
お母さま倒れて歩けなくなった・・・って事は、脳梗塞か脳血栓ですか?うちは父が今年、脳梗塞で2ヶ月ほど入院していました。今はほとんど後遺症もなく戻ってきましたが・・・。
母は自覚症状の全くない癌でした。気づいた時には転移していて手遅れ状態・・・。母は毎年健康診断受けていてもこれですもん。人間の健康って分からないものです。私なんて3年ほど全く検診受けていませんが元気です・・・(って、これも危ないかも~笑)
お互い辛い経験ですが乗り切ってがんばりましょう~~!

ゆう子 #- | URL
2006/09/29 22:17 | edit

長くなっても構いませんのでガンガン書き込んで下さい(笑)
うちの母は解離性大動脈瘤という病気で大動脈にできた瘤が破裂してしまうものです。
生存率も低く長時間の手術になったのですが執刀してくださった先生がこの手術を得意?とする方だったので命は取り留めました。
が、瘤が破裂し体内で大量の出血が起こった為血圧が急激に低下してしまいその際に脳梗塞や脊髄梗塞を起こしてしまい歩けなくなりました。
左目の視野も半分欠けてしまいました。
ゆう子さんのお父さんは後遺症がほとんど残らなかったとの事で良かったですね。
母の場合自覚症状はあったのですが当時母の母である祖母と同居しておりその祖母が糖尿でインシュリン注射を毎朝しなければならなかったので母は心配で入院して検査と思い切れなかったようです。
今となっては後悔しても仕方ないことですが、あの時無理にでも検査を受けさせてれば家族みんなの運命も変わらずに済んだのにと思います。

瑞貴 #8Y4d93Uo | URL
2006/09/30 01:55 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizuki1.blog41.fc2.com/tb.php/187-e73e2f30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)