FC2ブログ

大好き

好きなもの、日常の事などいろいろと・・・

胃が痛い・・・  

今日仕事から帰宅して自転車を停め家に入ろうとしたら2軒向こうの家の奥さんが「瑞貴さん、どうしたらいいか解らない」といきなり・・・「何でしょう?」と訊ねたら「仔猫が庭にいてるんやけど私動物怖くて触れないんです」とのこと。
嫌な予感がしたけどそのお宅の庭に行ってみたら・・・仔猫が1頭・・・しかも産まれてからそう日が経ってない
「朝、玄関開けたら猫が2匹いて、その猫が逃げた後に見たら仔猫がいたんよ。親が連れに来るかもと思ってたんやけどそんな気配はないし、このままやったら死んでしまうし触るのは怖いしどうしたらいいか」と本当に怖そうにしている。
抱き上げたらまだ臍の緒も付いてるし・・・それにしても目立つ植え込みのところで出産するわけもないし、親が捨てたのだろうか。
「この子だけですか?他にはいませんか?」と聞いたら「この1匹だけなんよ」とのことで。
「このままやと死んでしまうよね」と奥さん「死にますね」と私・・・抱いてみて気付いたけど体が冷えてる、死ぬのが判ってて知らん顔はできないし・・・「まぁ、とりあえず預かっていきますね」と答えるしかなく。
奥さんは「ごめんね、有難う、有難う」と何度もお礼を言ってたけど、こっちはどんよりとした気分になる。
家に入って事情を話すと父は「もうええ加減にしてくれよ」と・・・そりゃそうだ、私だっていい加減にしたい、もう猫は飼いたくない
でも今はミルクもないし(哺乳瓶はナミの時のを置いてある)、近くのホームセンターに買いに走る。
でも、ナミを保護した時よりも体は小さいし多分昨日今日産まれたばかりな気がする・・・哺乳瓶でもまだ吸う力が弱くミルクは飲めないしシリンジで飲ませるしかないかも。
それよか無事に育つのかも判らない状態だ。
気になって気分は落ち込むし胃は痛くて食欲はないし・・・あぁ何でこんなことばっかり・・・ナミ以降毎年仔猫を保護してる状態。
ナミの時は仕事してなかったけど今は仕事を持ってる状態なので、あの頃のナミよりも仔猫には頑張ってもらわなければならない、私がどんなに頑張っても生きる気力ばかりは仔猫にかかってるので・・・また当分大嫌いな早起きをしなければならない

スポンサーサイト



category:

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizuki1.blog41.fc2.com/tb.php/1820-01f67a41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)