FC2ブログ

大好き

好きなもの、日常の事などいろいろと・・・

また、やっちまった・・・  

仔猫を保護してしまった・・・またやっちゃった
チビ太を亡くしてからはもう仔猫を保護することが恐くて幸いにもそういう機会がなかったもんだからホッとはしていたのですが今日保護してしまいました。
場所は違いますがナミの時と同じ紀ノ川の土手で。
前日夜の7時過ぎに仕事からの帰り橋を渡ってすぐに仔猫の鳴き声がしたような気がして止まって耳を澄ませた・・・鳥が鳴いていたので「鳥か」と走り出そうとしたらやっぱり声がする。
自転車で土手の下まで降りていき探したところ不審なダンボール箱が・・・中をみたら何もなかったけどドライフードらしきものが入っていたので捨て猫確定。
仔猫は結構大声で鳴いてたけど人の気配を感じて鳴かなくなってしまったのでどこにいるのか判らない、もう暗いし懐中電灯なんて持ってないし自転車のライトはこがないと点かないし・・・困った。
微かに鳴き声がして近くにいると判ったけど草がいっぱい茂っているし、30分位探したけど見つからず。
鳴き声の感じで1頭だろうなと思い、多分鳴き声からして生後間もない感じでもなかった・・・気にはなるけど明日の朝にまた探そうと決めて帰宅する。
歩ける大きさならもういないかもしれないけどまぁ念の為にということで・・・。
今朝行ってみたらやっぱりいませんでした、近くで工事をしていて工事車両が出入りする音もするし、もうこの場所を離れてしまったんだなと思い、帰宅、出勤。
好きで保護してるわけでもないし縁がないならないで仕方ないじゃないかと自分に言い訳・・・でも仕事中も気になる気になる・・・。
帰宅するとき橋の上で耳を澄ましたらやっぱり声がする・・・また下に降りて探す、今日は以前父にもらった明るい明るいLEDランプ持参、これでバッチリだ(諦めが悪い女なので今日は出勤時ランプを持参していたのだ)
草叢で鳴いてる事は間違いないのにやっぱり判らん・・・不審者丸出しで橋の上を通る人からは懐中電灯で照らされるしかなり恥ずかしいライトで照らしながら「いてるんやったら出ておいで生き延びてやる思うんやったら手を取って」と話し掛ける、そしたら小さく鳴いた、かなり近くにいるなと思い入れられていた箱の近くの草叢の草をめくってライトを照らしたら居たっ。
抱きあげたらすごい大声で鳴くのでビックリ、袋に入れて帰宅するがずっと鳴きっぱなし。
家に着いても大声で鳴くので外にいる猫もパニックで右往左往だ。
とりあえず玄関に置いてあったキャリーバッグに入れて、暗い場所に置いたら静かになった。
猫と人間の食事が終わってから2階の部屋にケージを用意してそちらに移ってもらいました。
やっと落ち着いて、何でこうなるの?と・・・知らないなら知らないままで生きていけるのに・・・去年の正月に姉のところの甥に「ようそんだけ猫に当たるな」と言われた。
毎年仔猫を保護してる・・・今年も記録更新中・・・。
親とはぐれた仔猫だったり、親といても弱ってしまってる仔猫だったりといろいろですが、捨てられた仔猫を保護した時が一番精神的にこたえます。
私は人間が全くできていないので罪を憎んで人を憎まずなんつう美しい考えを持つことは絶対にしないので、そういうときはこう言います「捨てた奴にはこの先生まれてきたことを後悔するような人生を」
捨てた奴の不幸を願いつつ仔猫と頑張ります
スポンサーサイト



category:

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizuki1.blog41.fc2.com/tb.php/1654-58b27d77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)