FC2ブログ

大好き

好きなもの、日常の事などいろいろと・・・

またね  

今日チビ太を送りました。
仔猫で成長期なので成猫みたいにきれいに骨が残らないかもしれませんと火葬を御願いした葬儀社の人に言われました。
痩せてガリガリになってしまっていたので体に脂肪がなく火葬に少し時間がかかってしまったとのことでした。
やはりあまりきれいな感じではありませんでした。
犬歯が2本残ってました。
25日に病院へ行った時体温を測られるのを嫌がって抑えた私の手の親指を噛んだことを思い出した。

FIPと確定してから一週間保たなかった。
それ以前から食欲が落ちていて体力がなかったせいもあるだろうけど悪くなりだしたら恐ろしいほどのスピードだった。
仔猫は体力もないので進行が早いとは言われてたけどまさかこんなに早い別れになるとは思ってなかった。
もっと美味しい物とか食べさせてあげたかったなぁって思う。
少しでも食べてくれないかとほたてやまぐろの刺身も買ってきたけどもう食べられなかった。

j.jpg
7月10日に撮ったものです。
保護して数日入院、退院した次の日。
レンタルした酸素ルームに入っています。
多分生後2ヶ月前後のはずなのですがかなり小さく体重も生後3週位の平均しかなかった。
他にも兄弟猫がいましたがその子達がどんどん成長して大きくなるのにチビ太だけはあまり大きくならず仔猫らしい溌剌さもありませんでした。
退院して元気になってこれから大きく成長していくんだと思っていたのですが・・・今だから思うのですが成長不良に加え既往症もある、猫伝染性腹膜炎を発症する条件は全て揃っていたんだなって。
発症する可能性が高い体質だったにせよ、あんまりだよなぁこの世には神も仏もいないんだなって今回ばかりは思い知らされました。
もうね神も仏も私の中では胡散臭い霊能者と同じです。
ホントはね、酸素ルームから出すと短時間で呼吸困難な状態になってグッタリしていたチビ太が突然元気になって普通の仔猫みたいに生活できるようになったこと事体奇跡みたいなことで(その日の朝もいつもと変わらずしんどそうで呼吸の状態も悪くなってるように見えたのが夜になって突然走りまわって遊び始め以来少しずつ酸素ルームから出て生活できるようになった)、この世に産まれ出た時に寿命が決まってるというなら酸素ルームで過ごした挙句FIPを発症して生涯を終えるのはあまりにも可哀想だから短い間でも普通の仔猫みたいに元気に遊んで食べてという生活をさせてあげようと神様がくれた時間だったのかもしれないと思ってみたりもした、でも私は欲深い人間なのでそれでは満足できない。
お金持ちにしてくれとか宝くじ当ててなどとどうでもいいことを願ったわけではない、ただチビ太と平凡で穏やかな生活がしたかっただけだ。
今はただただ神や仏が憎い、運命が憎い、何もしてやれず安楽死させることしかできなかった不甲斐ない自分が一番憎い。

DSCF1099.jpg
少しずつですが太って体も大きくなってきていました。

DSCF1362.jpg
亡くなる4日前に撮ったものです。
DSCF1400.jpg

DSCF1379.jpg
亡くなる3日前に撮ったものです、これが最期の画像になりました。

n 1685
このチビ太が一番好きです。

DSCF1433.jpg

DSCF1431.jpg
痩せて細くなってしまったので小さな棺で葬儀屋さんに生後半年近い仔猫だと言ったら驚かれました。
兄弟猫はもう親と変わらないくらい大きくなってるので。

DSCF1437.jpg
お気に入りの猫じゃらしを咥えて得意げに歩いてた姿を想い出します。

DSCF1425.jpg
みんなと一緒です(一番左がチビ太)。
もう苦しくない、また元気いっぱい遊んでたくさん食べられる、その姿を見られないことが悲しいし悔しい。
チビ太ごめんね、不甲斐ない私をどうか許して下さい・・・。
スポンサーサイト



category:

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizuki1.blog41.fc2.com/tb.php/1611-6b5f5c43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)