FC2ブログ

大好き

好きなもの、日常の事などいろいろと・・・

カーネーション  

NHKの朝ドラ、「ええにょぼ」あたりから全然見てなかったのに「ゲゲゲの女房」からまた見始めた。
「てっぱん」、「おひさま」、「カーネーション」と今のところどの作品も面白く見れてるけど。
「カーネーション」のヒロイン役の尾野真千子は若いと思ってたんですが30歳だったんですね・・・十代の役もさして違和感なかったのでまだ20代前半位だと思ってました。
「てっぱん」とは少々違い、かなりコテコテで乱暴な関西弁なので下品だと思った人もいたようですが、尾野真千子の演じ方で幾分可愛らしくなってたとは思います、私的にはですが。
夏木マリ編はなかった方が良かったかも、話が一気に辛気臭くなってしまった、尾野真千子編で終わってた方が良かったと思う。
尾野真千子編の出演者が家族と春太郎と奈津以外全員殺されてたのには笑ってしまいましたけど・・・そうするしかないわな。
尾野真千子が良かったからそんなに嫌だと思うことはなかったけど、小原糸子という人は好きではなかったな・・・結構無神経で自分が傷つけられたら大騒ぎだけど傷つけるのには鈍感で。
ヒロインのモデルになってた人のイメージそのもので笑えたけど。
良い事も悪い事も自分が思ったら口に出して言わばければ気が済まないヒロインではあった・・・普通はこんなこと言ったら人が気悪くするんじゃないだろうかとか考えるんだけど、それが全然ないというね。
悪意がなくて本人が気付かないだけによけいに性質が悪いという・・・

糸子の娘、優子、直子、聡子ですが、直子大嫌いでした。
私が姉ならああいう妹は血が繋がってようが容赦なく叩き潰してやります
妹に泣かされてる優子に朝っぱらからイラつかされました。
ボコボコにしてやれと思わずテレビに向かってツッコんだくらい。
うちの妹はああいうできそこないではなかったので・・・聡子タイプかな

奈津ってツンデレかとも思いましたが、ただのイケズな女だと・・・両親もかなり性格悪かったから親に似て性格悪いんやろうねと。
栗山千明は好きだけど。
年取った奈津は江波杏子がぴったりはまってた、ヒロインの夏木マリ以上に。

最終回の今日は朝から泣かされました。
娘達が母を思って泣く姿は私そのものだったから・・・聡子の「会いたいよ・・・」っていうセリフには泣けた。
親って自分がいくつになってもやっぱり親で(上手く説明できないんですが)、年取って体力とかは衰えて自分が支えになってるつもりでもやっぱり精神的には甘えて支えてもらってるんだなと・・・親からしても子供はいくつになっても子供だと思うんだけど。

次の朝ドラヒロインは堀北真希・・・好きじゃないんだけど・・・。
スポンサーサイト



category: ドラマ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizuki1.blog41.fc2.com/tb.php/1540-7ca58152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)