FC2ブログ

大好き

好きなもの、日常の事などいろいろと・・・

白ちゃん、旅立ちました  

白ちゃん、10月17日午前1時頃旅立ちました。
昨日は朝自分で水を飲んで(立ってられないので私が支えながら)以降もう水も飲まなくなりました。
午前中はまだ体を起して座っていましたが午後からはもう横たわっていることが多くなってきました、トイレも寝床で何度かすることはありましたが、動けなくなるぎりぎりまでトイレの場所まで行ってしていました。
夜の輸液の時はもう横たわったままでほんの少し反応する程度、いつもは父に手足を持っててもらうのですが私が一人でしました、泣けて泣けてどうしようもなかった。
嫌な予感がしたので22時過ぎからは白ちゃんの傍にいたのですが23時頃から口を開けて呼吸するようになり時々起きたがるような素振りをするので数回手伝って寝返りさせたりしました、0時頃からはしゃっくりの様な感じで呼吸し始め痩せてぺったんこだった腹部が膨らんでいました、1時頃吐きたいような感じ?の素振りを見せた後口を閉じて呼吸も止まりました。
激しい嘔吐もなくおしっこが出なくなることはありませんでしたが最期は苦しかったと思います。
呼吸が止まった時、やっと楽になれたんだなと思いました。
うちで療養生活をして21日、腎不全と判ってからは17日の闘病生活でした。
年齢の事もあり体重も1.5kgまで落ちていたので正直長くはないかもと思っていました、白ちゃん自身保護する前に寝場所を替えしんどい体でうちの家まで通ってきていたのも最期を迎える場所をもう見付けていたのかもしれません。
白ちゃんはこんなはずじゃあなかったのになと思ってたかもしれないけど、私は看取ることができて良かったと思う、申し訳ない気持ちもあるけれど・・・。

13年前、すごく喧嘩の弱い雄猫がいて可哀想でこっそり御飯をあげていた、縄張りを追われたのか姿を見せなくなったけど御飯は同じ場所に置いておいたらある日見た事のない白い猫が食べていた・・・仔猫?可愛いなと思いながら近づいたら逃げてしまった・・・これが白ちゃんとの出会いでした。
近づくと逃げるので離れて見ることしかできなかったけど毎日御飯を食べに来て、体が小さいから仔猫かと思ってたけど成猫だった。
2度ほどどこかで出産して無事に育てあげたけど、それから突然姿を見せなくなり数年経ってまたどこからか姿を現してということが2~3回ほどあって年のせいか出産もしなくなっていた。
距離は縮まって足に擦りよってきたりはするようになったものの手を出すと引っ掻かれ触ることはできず・・・それが療養するようになって喉を鳴らし撫でてと催促するように。
爪もおとなしく切らせてくれたし、輸液だって協力してくれたしずっとうちの子みたいだったなぁと思う。
もっと一緒にいたかったな・・・。
腎不全じゃなくても保護した時点でもううちの子になってもらおうと思ってました、足腰にも老いは現れていてこれからくる冬は越せないんじゃないかという心配もあったので。
少し前に寝場所を替えて姿が見えなくなったときもすごく心配で不安だったもんで。
白ちゃんが不満を感じていたら一緒に暮らしていく時間の中で解ってもらおうと思ってました。
あまりにも短い時間だったな・・・ほんとに・・・。

n 223
10月10日に撮ったものです。
右目は見えていません。
テリトリーを替えていた頃に風邪をひいてその時にこすったりして目に傷をつけてしまったのではないかと病院で言われました。
綺麗なブルーの瞳です。
左の犬歯は上下とも抜けていました。
痩せてしまって顔も変わってしまったけど、すごく美猫なんです。
若い頃の写真はないかと探してみましたがありませんでした。
n 247
もう苦しくもないし好きなものもお腹いっぱい食べられる。
今は、先に逝った子達と一緒です。
有難う白ちゃん、白ちゃんがいなかったら、ちぃも存在しなかった。
たくさんの有難うと感謝を込めて、またね。
スポンサーサイト



category:

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizuki1.blog41.fc2.com/tb.php/1428-34c9712a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)