FC2ブログ

大好き

好きなもの、日常の事などいろいろと・・・

自分の不甲斐なさに・・・  

お向かいの猫2頭のうちの1頭が口内炎を患っていて病院で薬をもらって飲んでもらっていたのだが、どうも良くならなくて仕方がないので病院へ連れて行き注射と点滴をしてもらった。
調子が良くなったかに見えたがまた口が痛みだしたのか食事も摂らなくなってしまった。
外で見掛けるようになったときは骨太でがっちりした体型の白猫だったのだが、少しずつ痩せてきたのが気になっていた。
その頃から口内炎も患い始めたので、もしかしたら野良猫との喧嘩で病気に感染したのかもしれない・・・。
このままでは死んでしまうので、お向いの家にきちんと家で面倒を見てくれるように言いに行った。
おっさんは「すいません、すいません」を連発しながら白猫を家に連れて行ったが元気なもう1頭はまだ外にいる。
猫達はもうおっさんが飼い主というのも忘れていたようだ・・・。
「放りっぱなしで御飯もあげてなかったですよね、うちにも猫がいますから御飯くらいならって思って出してましたけど、こんなに細くなって可哀想やと思いません?」と他にもチクチク随分キツイ言い方をしてしまったが、本当は

お前みたいな奴は生きてる価値もないと思うからいますぐ死んでくれ

と言いたかった。
家に帰ってから泣けた・・・おっさんの無責任さに、私の不甲斐なさに・・・この世に生れてきた以上はどんな猫も平等に幸せになる権利はあるはずなのに・・・。
父には「可哀想なのは判るけどいろいろしてやるには限界もある、自分を追い詰めたらあかん」と言われましたが・・・。

平等・・・この世にこれほど胡散臭くて嘘くさい言葉はない・・・。
スポンサーサイト



category:

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mizuki1.blog41.fc2.com/tb.php/1276-6ebe54f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)