大好き

好きなもの、日常の事などいろいろと・・・

「人間爆弾「桜花」ー特攻を命じた兵士の遺言ー」 2  

156 (63)
手前が森忠司中尉(昭和20年4月6日戦死)、奥に写っているのが西尾光天中尉(昭和20年4月7日戦死)
写真をじっと見てて今気付いたのですが、これサイドカー付のバイクに乗ってる写真だったんですね・・・今更。
今年の2月に筑波海軍航空隊記念館で撮ってきたものです(元写真は中根久喜中尉のアルバムより)。
映画では当時自分が思ってたことなんかをポツリポツリ話す以外に林大尉の口から名前が出たのが西尾中尉とみさこさん(馴染みの芸者さん)だけでした。(私が記憶してる限りでは)
西尾中尉の事は映画で林大尉が話していましたが、森中尉は林大尉の手記の中に出てきます。
中根中尉のアルバムには森中尉の写真が割と多く遺っていました。
西尾中尉は中根中尉とは日大の同級生、神雷部隊でも交友がありました。
当時西尾中尉には妙子さんという恋人がおりその人と結婚式をする為に隊を抜け出します(隊長である林大尉は知ってて知らぬふりをしてくれてるのですが)。
これは違反行為です。
その結婚式の立会人が中根中尉と安井三男中尉で3人は寒風激しい中自転車で妙子さんが働いている木内旅館(千葉県香取市)まで走ります。
当時彼等がいたのは神ノ池基地(茨城県鹿嶋市)距離にして22㎞位?今なら車で30分位、自転車だったら1時間はかからなそうですが・・・今の私達より足腰はかなり強いと思われるので。
寒さ厳しい中今みたいに暖かい下着もないのに相当寒かっただろうなと想像してみる。
中根中尉と安井中尉は、もう残された時間が少ない西尾中尉と妙子さんの為に一肌脱いだのでしょう。
木内旅館に着いた後、西尾中尉と妙子さんは三々九度を済ませ床入りになるのですが二人は布団に入って手を握り合って目を閉じました。
しばらくして西尾中尉が目を開き「よし、これで済んだ。安心して征ける」と納得した口調で呟いたそうです。
呆気に取られた中根中尉と安井中尉が「おい西尾、こんなんで本当にいいのか」と問いただしても「いいんだ、いいんだ」と西尾中尉は取り合わなかったそうです。
その間妙子さんは布団の襟に顔を埋め、嗚咽を堪えていたそうです。
実際、林大尉が西尾中尉と妙子さんの事をどこまで知ってたのかは知りませんが、西尾中尉について遺っている話です。
西尾中尉の戦死後妙子さんはどうしたのかは書かれていないのでその後は判りませんが、こういう話を読むたびに思うのは一人の方が戦死した陰でどれだけの人間が泣くのか。
特攻は統率の外道だと言い、戦後責任とって自決した人がいましたが、この人の命くらいで贖うことはできないだろう罪です。
本人は責任をとったつもりでしょうが、口では大きいことを言いながら戦後知らん顔して恥ずかしげもなく生きた人間よりは少しマシという程度の事です。
人にはそれぞれ立場がありそれぞれの苦しみがあるだろうけど、踏み越えてはいけない一線というものがあると思う。
それを踏み越えてしまったら、最初のうちは苦しむかもしれないけどいずれその感覚も麻痺して行け行けドンドンになってしまう。
人間に捨て石捨て駒という言葉は当てはまらないはずがそうなってしまう。
全ての責任は自分が負うなんてかっこいいこと言ったって、死んだ(この場合は殺した)人やその人を大切に思う人の人生までどうこうできないだろ。
生き返らせて待ってる人の元へ帰す魔法でも使えるなら大口叩いてもらっても一向に構いませんが。

DSCF9672_201708292258585c1.jpg
中学生の頃の林大尉。
この方、童顔なんですかね、下の集合写真で見た感じこの頃とあまり変わらないような。

桜花 士官集合写真
映画で出てきた集合写真です。(中根中尉アルバムより)
クリックで大きいサイズになります。
一列目右端が林富士夫大尉。
二列目左から8番目西尾光天中尉、左隣が中根久喜中尉、西尾中尉から一人置いて大橋進中尉。

神雷部隊には他の部隊にはない4つの特徴があるそうです。
①人類史上初めて体当たりを前提として設立された航空隊である。
②人間爆弾「桜花」を実戦で使用した唯一の部隊である。
③零銭に500キロ爆弾を搭載した体当たりを行った(他の部隊では250キロ爆弾を使用)。
④海軍特攻を象徴する部隊として最多の特攻戦死者を出した部隊。
林大尉はこの特徴全ての事に関わりました。
③については零戦に500キロの爆弾を搭載については搭乗員は懸念を示したそうです。
零戦の搭載量は最大で700キロ程度なので500キロ爆弾の搭載は可能ですが、250キロ爆弾搭載時よりは当然重くなるわけで離陸が難しくなり、出撃するだけでも相当な技量が必要とされたそうです。
エンジン出力を全開にして離陸しても速力がつかず機は上昇力に欠け、飛行場いっぱいを這うように飛行してもなかなか浮上せず50mほどの高度をとるのにも時間がかかったそうです。
実験では成功したそうですが(技量がある搭乗員だったので)、実際搭乗する人のほとんどは飛行時間も少ない人達だったと思われるので結果としてはどうなんでしょう。
搭乗員の不安感を払拭する為に林大尉が800キロ相当の物を搭載して飛行実験して成功させたそうですが、実際は重い爆弾を搭載して沖縄まで飛ばなければならないし、途中で敵戦闘機に待ち伏せされたり、敵艦の上空まで辿り着いたとしてもまたそこから対空砲火を避けてと二重三重の難関を突破しなければならないわけでそんなことを考えたらとてもじゃないけど突入なんて不可能になる。
相当な技量を持ってても成功させるのは難しい気がします。
林大尉の心意気は立派なものだと思いますが。
やれと言われればやるしかなくて不満も怒りも飲み込んで征かなければならなかった搭乗員の方達の事を思ったらやりきれない。④については部隊の特攻戦死者が多いのは桜花を抱えて飛ぶ陸攻の搭乗員が多いからだと思います。

当時林大尉には馴染みの芸者さんがいて、せっせと逢いに行ってたそうですが、その手段がちょっとどうかと・・・往復陸攻に乗ってということで(林大尉だけではないですけど)、インタビューしてた人も驚いて「(そんなことに陸攻使って)いいんですか?」と聞いてましたが「あの頃は芸者を乗せて基地に呼んだりした」と・・・ガソリンも不足してた時にそれやるかと・・・下士官兵は「ガソリンも血の一滴」と言って頑張ってたのにそれしたらあかんやろと。
日本は下士官兵が優秀だけど上にいくほどそうじゃなくなるというのは本当だったんだなと思ってしまいました。
赤裸々に語って下さったのは有り難かったのですがこの話は別に話さなくても良かったんじゃ・・・

筑波海軍航空隊記念館に建っている慰霊碑の碑文を書いたのは林大尉だそうです。
初めは筑波海軍航空隊に何か関係があるのか?などととぼけたことを思っていたのですが、林大尉にとってはここからが特攻に関わっていく事になる最初の場所だったんだと後日気付いた。(筑波海軍航空隊で教官をなさってたそうで)
記念館に行きながら慰霊碑があるのも知らなかった大馬鹿者は私です。
以前は違う場所にあったそうですが今は移転して正門を入ってすぐ、左手にあるそうです。
2月に行ったときはまだ移転前だったのかな・・・どっちにしてもボンヤリしてた私が悪い。
次はきちんと参拝しなければと思う、いつになるか判らないけれど。

スポンサーサイト

category: 映画

tb: 0   cm: 0

「人間爆弾「桜花」ー特攻を命じた兵士の遺言ー」  

昨年からいつ上映されるのかとずっと待っていた映画観に行ってきました。
一週間限定の上映なので気忙しいったらない。
しかもお盆をはさんでるのでその期間は電車も混むだろうしと考えて今日にしました。
朝10時から一日一回限りの上映なのでこの前みたいに電車一本遅らせるというようなことは絶対に許されないので5時前に起きて7時前の電車に。
快速に乗れば一安心のはずが、この快速というかJRよく遅れるのです今日も遅れました。
今までもイベントに行くのに何度か遅れたことがありJRには本当にイライラさせられる
時間に余裕を持って出掛けてますが30分遅れたらもう上映時間には間に合わない感じになるので出直しになるなと思ってたら10分程度の遅れだったので上映15分前に着くことができましたか。
途中速足小走りだったので汗がなかなかひいてくれず、映画観ながら途中まで汗拭き拭き

IMG_20170817_180618_20170817181626.jpg
チラシ表

IMG_20170817_180630_20170817181618.jpg
チラシ裏

IMG_20170817_180645_20170817181611.jpg
パンフレット。
何故かパンフレットだけは今年の2月に筑波海軍航空隊記念館で買ってあったのです。
映画館で売ってなかったらと考えて(売ってましたけど)。

ドキュメンタリー映画です、始めから終わりまで登場人物は一人。
林富士夫大尉(海軍兵学校71期)、桜花という特攻兵器の神雷部隊で第4分隊の隊長をしていた人です。
そして特攻出撃者を選びその名前を黒板に書く役目も担っていました。
インタビュー形式で映画は進んでいきます。
ただ質問されたことに淡々と答える。
沈黙の時間も長くて、映画が始まってしばらくするとどこからともなくイビキが・・・(笑)

ある日兵学校出の士官ばかりが招集され、そこで桜花という特攻兵器の事を提案されます、2名の賛同者があればその志願を根拠に桜花作戦を決行するというのが飛行長の説明でした。
考える時間は3日間、彼は志願します。
そこから特攻兵器桜花が実戦使用されるべく準備が進められていきます。
初めて桜花を見たとき、彼は「ああ、こんなもんか。これが俺たちの棺桶になるのか」と正直落胆したそうです。
彼に与えられた任務は特攻志願してきた人達に飛行方法を教えることと志願者の名簿から出撃者を選出して送り出す事でした。
当時の自分に課せられた任務についてこう表現していました「育てて鉛筆の先で殺した」と。
その任務は苦しく辛く、送り出した後人気のないところに行ってしゃがみ込み泣いたそうですが、黒板に名前を書くときに躊躇はなかったそうでこの心理状態が私にはちょっと解りません
泣くのなら躊躇するはずなのに、しない・・・解らん。
当時林大尉と同じ神雷部隊にいて部下が指名され出撃することになったとき、部下はどうしているだろうかと気になってこっそり見に行ったと手記に書いてらっしゃる方もいましたが、林大尉はそういうこともなかったそうです。
生い立ちなんかが関係してるのかなと思わなくもないけど・・・林大尉はお父さんが陸軍の軍人で自分も海軍軍人の道を選んだ時から国の為に命を捧げるのは当たり前、いつどこで死んでも仕方ないと思っていたそうで。
自分ではガチガチの軍人ではないと思ってはいたようですが、考え方の根っこがやっぱり軍人なのだなと私は思いましたけど。
お父さんにも特攻志願は事後報告でしたが、その時お父さんと話して、お父さんは息子に死んでほしくないと思っていたことに初めて気付いたそうです。

特攻が当たり前みたいな戦局になっていく中で「私が天皇なら即刻降伏しますね、今の戦争のやり方は馬鹿げている」と痛烈な批判をした予備士官がいたそうです、「(そういうことが言える)彼が羨ましかった」と林大尉がおっしゃってましたが、その方は西尾光天(みつたか)中尉です。
予備学生士官でしたが林大尉が一番気を許すことのできる仲の良い友達(戦友とか盟友ではなく友達だと林大尉は言ってました)で一番かわいい部下だったそうです。
ですが、一番仲の良い友達であるがゆえに早いうちに特攻指名しなければならない時がきます。
当然周囲は二人が仲の良い友人であることは知っているし、西尾中尉を生かしておくことは林分隊長はえこひいきしているという批判が出かねないしそれは西尾中尉にとっても良くない事なので、林大尉は「ほどほどのところでお前さんを殺すぞ」と西尾中尉に言ったそうで、西尾中尉は「ありがとうございます」と答えたそうです。
それから間もなく特攻指名され西尾中尉は戦死します。
戦死後、林大尉は西尾中尉の家を訪ねて仏壇を拝んだそうです、戦時中に部下の家を訪ねたのは西尾中尉だけだったそうです。
後年、西尾中尉の妹さんの元を訪ねてらっしゃるようです。
部下というよりも友だからという気がします。
自分が特攻指名して突っ込ませて死なせたことになるけど、それを気の毒なことをしたとは思わなかったそうで・・・この感覚も私にはどうも理解できないものでした。
後で泣くのに名前を書くときには躊躇しない心理と同じだろうとは思うんですけど。
おかしな時代だったからなのか・・・軍人だからそういう考え方しかできなかったのか・・・。
林大尉は神雷部隊の士官の集合写真を見て自分がどこにいるかは判らないと答えたのに西尾中尉の事はすぐに見つけました。
今でも忘れることのできない友だからこそだと思います。

スクリーンに集合写真が映り林大尉が歌う「長崎の鐘」が流れて映画は終わりました。

林大尉はこの映画がフランスで公開を迎えた初日、平成27年6月4日に93歳の生涯を閉じました。
「自殺志願」というタイトルで自伝を執筆していましたが未完のままです。
未完ですがこの自伝を元に「父は、特攻を命じた兵士だったー人間爆弾「桜花」とともにー」(小林照幸著)という本が出ています。

戦時中は指名した部下の名前を黒板に書くことに躊躇はなかった、自分の友を指名し特攻させたことをも気の毒には思わなかった林大尉でしたが、戦後はその事に苦しんだようです。
手記には1年365日毎日が慰霊の日々だと書いてらっしゃいました。
死んだ仲間を思い出せばいつでも涙が溢れるとも。
戦時中の自分の事は事実であったとしてもここまで本音で話すというのはなかなかできないことでしょうし(人間はどこか自己弁護したがるもんだと思うので)それをはっきりと語って下さった事を一言一句聞き逃さないように忘れないようにと思いながら観ました。
天皇の事にも触れて自分はこう思っているとかなりはっきりおっしゃっていたし。
パンフレットの最後に筑波海軍航空隊記念館の館長さんが寄稿文を書いてらっしゃってその中で「海軍大尉の頃の林さんを知る人物の中には、数々の取材に応じ、自伝の執筆を志し、積極的に戦争体験を語る姿勢に疑問を持った方もいらっしゃる様ですが、その変化は「軍が特攻へ進む過程」の記憶の継承の為でした。」ということが書いてありました。
寡黙な方だったということなのか・・・積極的に前に出るような方ではなかったということか。
戦時中どういう方だったという事がよく判らないので何とも想像しようがないのですが。
兵学校の同期で第3分隊の湯野川大尉は部下に厳しい人だったようですが、林大尉はいずれは出撃しなければならない隊員達なのだからと少々のことは大目に見る方だったようですが。
戦時中も自分の任務に次第にストレスを感じるようになり転勤を申し出たこともあったようです。
部下や友を指名して黒板に名前を書く事がストレスというよりも、指名され出撃していく人達に比べて自分は生きているという事、いつかは征く事になるだろうけれどその時は泰然自若として征けるだろうかという心の葛藤が心を苦しめてたのかな。
実際出撃する人も泰然自若としているように見えてもいろんな心の葛藤を抱えていたとは思いますが。
転勤を申し出た時、上官にかなり侮辱的な言葉を浴びせられたようですが、終戦間近な頃は違う所に移動になり「秋水」というロケット兵器の部隊の隊長として勤務していたとのことです。
出撃者を選ぶ任務にあたったのは20年6月までの約3カ月で、林大尉は少なくとも桜花の出撃者40人のほか、零戦で特攻した「建武隊」の89人(この129人の中に中根中尉や大橋中尉も含まれているのだなと思うと、複雑な気持ちにはなる)を指名したそうで。
林大尉の手記には、8月15日に敗戦を告げる玉音放送を聞いたとき「もうこれ以上、人を死に送らなくていいんだ」と思った気持ちが綴られているそうです。

長くなりそうなので今日はここまでということで。



category: 映画

tb: 0   cm: 0

キャッスル パレットF  

DSCF0523.jpg
1月29日LC大阪でオーダーしたパレットFです。
着物が似合う髪型の子が欲しかったのでオーダーしました。

DSCF0525.jpg
浴衣はみんギャラディーラーさんから購入したものです。

料金は以下の通りです。
●基本料金
・ストレートロング ¥7000
●オプション
・三つ編み ¥500(1本250×2本)
・2代目風前髪 ¥500円
総合計¥8000ですがオプション割引、税込みで¥7560でした。
●ヘアカラー 535

category: パレットF

tb: 0   cm: 0

キャッスル みらい  

DSCF0505.jpg
昨年9月のLC神戸でリメイクに出した、ちいさなおみせで買ったみらいなのですが出来上がりがオーダーと違ったので今年1月29日のLC大阪で再度お直しに出していたのが返ってきた分です。

DSCF0509.jpg

DSCF0507.jpg
ちょっと太めの三つ編みですが・・・。

DSCF0512.jpg
ドレスはmomokoの物です。

DSCF0513.jpg
浴衣も着せてみました。

DSCF9377.jpg
お直し前。
耳が出ているのと出ていないのとでは印象が違います。

DSCF8602.jpg
リメイク前のみらい。
髪型があまり好みではなかったので。

料金は以下の通りです。
●基本料金
・リメイク植毛 ¥6000
●オプション
・三つ編み ¥250(1本250)
総合計¥6250ですがオプション割引、税込みで¥6504でした。
●ヘアカラー 446

category: みらい

tb: 0   cm: 0

「海辺の生と死」  

映画「海辺の生と死」観に行ってきました(大阪梅田)。
作家の島尾敏雄と妻のミホの結婚前の話がベースになってます。
大東亜戦争末期の奄美群島、加計呂麻島での話です。
ヒロイン大平トエ(満島ひかり)は島に駐屯してきた海軍特攻艇隊の隊長、朔中尉(永山絢斗)と出会い恋に落ちます。
2時間以上ある映画ですが、ほぼこの二人中心に話が展開していきます、恋愛映画はほぼ観ないので途中で眠くなってしまった・・・。
IMG_20170809_220035_20170809222411.jpg
チラシ

IMG_20170809_220113_20170809222353.jpg
パンフレット

ヒロインのトエがとにかく激しい。
御互いの想いを確認した後は朔よりトエの方が積極的です。
トエの朔への想いが強すぎて怖いくらい。
あの頃は今みたいにモタモタした恋愛してたらあっという間にタイムオーバーになってしまうので一気に燃え上がるパターンが多そうな感じがします。
トエも夜、海岸沿いの足場の悪い岩場を通り潮が満ちた海に入り泳いで逢瀬の場所に行きます。
朔の事を「隊長様」と呼んで、何というか恋愛もあるだろうけど心酔してるというか、この人の場合愛と狂気が背中合わせっぽくて・・・可愛いんだけど一歩間違えたら怖い女みたいな。
だからこそ朔の出撃を見届けたら自分も命を絶とうという愛し方をできるんだろうけど。
ラスト近く、朔の出撃を知ってトエは身を清め母の形見の喪服を着、懐剣を胸に朔の元へ逢いに走ります、砂浜で朔と抱き合いますが、出撃が迫っているため朔は戻らなければなりません。
「心配しなくても演習だから、大丈夫だから帰りなさい」と朔はトエに嘘を言います、今更そんな嘘は通用しないのでトエは朔に抱き着いて離れようとしません。
「征かないで、征かないで、死んだら嫌!!」と泣いて離れないトエ・・・離したら最期もう終わりです、離せるわけがない。
止めてもどうにもならないのは解るし、泣いても喚いても相手を困らせるだけなのも解る、朔だって生きることができるならそうしたいはずだし・・・。
離れがたいけれど朔は隊長として長時間持ち場を離れることはできないので、トエに戻るよう言ってその場を去ります。
砂浜に泣き伏すトエ・・・朔の足跡がついた砂浜の砂すら愛おしくて着物の胸元に入れるという行動は本当に狂おしいほどに愛してるんだと。
朔に抱き着いて「死なないで下さい」と言うトエの叫びはあの頃、夫や恋人を戦争にとられた女性共通の叫びだったんだろうなと思うとさすがに鈍い私でも涙。
この愛の先に待ってるのは・・・。

島の人達は、軍人らしくない朔の事を皆慕っています。
子供と歌を歌って遊んだり、部下にも横柄な態度はとらない、紳士だから・・・でも私にはそれはこの人の士官としての自信のなさからくるものもあるんじゃないかと思う。
元々、大人しい温厚な人というのもあるんだろうとは思うけど。
映画の中でも「命令されることは何でもないけど命令することには苦痛を感じる」この言葉が全てを物語ってるように思います。
朔は予備学生士官です、本来なら上に兵学校出の士官が隊長として就いて、朔は分隊士で2番手のはずなのですが兵学校出の士官の着任が遅れ朔が隊長になってしまったという不幸・・・。
部下には古参兵もおり扱いづらい、何年も海軍の飯食ってる部下たちに比べて朔は大学を出て海軍に入り短期で士官、別に予備士官に罪はないけど、まぁいろいろと大変だったようです。
トエとの事も部下達は黙認してくれてたけど何か揉め事があったときに古参兵から「島の女と不適切な関係(映画の中ではもっと下世話な言い方でしたけどね)、これだから学生上りは」と言われてしまう。
ストレス溜まりまくりの日常、「出撃命令が出たら真っ先に突っ込むから」と自棄気味、そこにトエとの恋愛が絡んでくるのだからもう何というかがんじがらめ、もし、兵学校出の士官が着任してたら多分トエとの恋愛はなかったのではないかと・・・上官は部下みたいに見て見んふりはしてくれないと思う。
そんなことを考えたら、運命?なんでしょうね、でも近々死ぬと決まった人間に愛という試練を与えるとは神も随分残酷なことするなと思います。

戦時中のドラマや映画に出てる今の俳優さんて顔が何というのか緊張感のない顔というのか・・・。
サクラ花の大和田健介の時にも感じたのですが平和と顔に書いてあるような顔?
実際平和しか知らないのだからそういう顔なのは仕方ないかとも思うんだけど
実際に死と隣り合わせの日常なんて今の日本じゃ経験することもないだろうし。
原作の朔は昼行燈みたいな隊長さんだそうですが、昼行燈でも始終ボンヤリしてるわけではなかろう。
大坪というトエと朔の、メッセンジャーみたいな兵隊がいたのですがこの彼も全然緊張感のないタイプでした。
駐屯地がのどかな島だからかとも思ったりしたけど、敵の空襲なんかもあるわけだし・・・。
永山絢斗はあまり演技が上手くない?出てきて話した瞬間から、台詞が棒?話し方のせい?
初めて見たのは「聖女」というドラマだったけどそんなに演技ができないという感じしなかったけどな。
今回の役柄は年相応の役だったけど・・・。
見た目は背が高くてすらっとしてるから第二種軍装がよく似合ってました、ほとんど三種での出演でしたけど。
軍服は2~3割増しに見せてくれると言いますが海軍の第二種軍装は5~6割増しに見せてくれるんじゃないかと思います。
満島ひかりは不思議な雰囲気の女優だなといつも思う、好きでも嫌いでもないので出演作品は見ないけど(昼ドラに出てた時は見ました)。
衣装が戦時中らしくないデザインでした、ブラウスとかワンピースなんて今のデザインじゃないかと思ってしまった。
二人の身長差のバランスは良かった、抱き合うシーンでトエが朔の首に腕を回すときに背伸びするところなんかは絵になるなと。
あまり身長差がないのもおかしいし、差があり過ぎてぶら下がってしまうのも変だと思うので。

今日は一番の上映時間(11:55~)に間に合うよう用意していたのですが忘れ物をして電車一本遅らせたのが失敗。
田舎は都会と違って電車1本遅らせたらもう後の予定はグダグダになります、解ってたはずなのに忘れ物する馬鹿です。
着いたのが上映10分位前でもう満席立ち見しかないと言われ、2時間以上も立ち見なんてできないので次の回にしたのですがこれが14:50~で。
私が観に行く映画はいつも客がほとんどいないので、今回出演してるのが今人気のある俳優だとしても平日だし大丈夫だろと思ってたのですが甘かった。
私が観た回も満席でした。
戦時中でも恋愛映画なら若い人も観るんですね。
近くなら見るのやめて後日もありですがわざわざ大阪まで来てるのにそれもなと思い、席の予約を取って時間潰しました。
妹のところに行こうかなとも考えたのですが駅から少し歩くので面倒になって止めました。
歩き回って時間潰して、映画見て終わったのが17時とっくに過ぎてたし、帰宅したのは21時過ぎでした。
明日は仕事ですが昼から出勤のシフトなので助かった。
良い映画ならもう一度観てもいいかなと思ってたのですが、今回だけでいいです。
来週また大阪に映画観に行きます今度はドキュメンタリー、桜花の映画です。
私にはこっちの作品の方が合ってるかも恋愛映画は向いてない。
狂おしいほどの愛は若い頃なら憧れもしたでしょうがさすがにこの歳では・・・想い重いわ。
若くてもどうだろう、何もかも相手に捧げて(命だって)想って尽くすトエみたいな生き方は私にはできないな。

朔中尉が搭乗して特攻することになってたのは、
DSCF9769.jpg
震洋です。
DSCF9767.jpg
横から。
今年の2月に靖国神社の遊就館で撮りました。
あまり大きくないボート?です。
ベニヤ板でできたボートと聞いたことがあり、「ベ、ベニヤでできたボートで特攻って!?」と驚きましたが、実際はコンパネみたいな厚みのある板だったそうです。
それでも板ですが

拍手お礼は続きより
-- 続きを読む --

category: 映画

tb: 0   cm: 0

キャッスル マリーン  

DSCF0457_20170619224203615.jpg
1月の月間ドール、マリーンです。
青目、横分けストレート、髪色は赤茶と見本通りのマリーンです。

DSCF0460_2017061922420223d.jpg
2014年5月の月間ドレスの色違い。
いつも思うんだけどワンピースにしたら丈がすごく短いよな、これ。

category: マリーン

tb: 0   cm: 0

それは違うと思うぞ  

父が観ているドラマ「やすらぎの郷」、今日は特攻と自爆テロは同じだというセリフがあったけど違うだろと。
聞いたときは一瞬ポカンとなってしまった、その後に激しい怒りが・・・。
昼間から公共の電波使って俳優におかしなセリフ言わすなよとムカムカ。
個人の考え方に文句を言うつもりはないけど、それをドラマのセリフの中に入れたりするのが何か遣り口が姑息な感じがして嫌だ。
今この瞬間にだってあの頃、特攻隊員だった人や、特攻で大切な人を亡くした人がこのドラマを見てるかもしれない、あのセリフはそんな人達に面と向かって「特攻って自爆テロと同じですよね?ね?」と無神経に言ってる事になるんじゃないの。
脚本家って書くのが仕事だから人を喜ばせたりもできるけど、とんでもない言葉の刃で人を傷つける事もできる、今日のあのセリフこそが無差別テロじゃないのか?
今、このブログを書いてても何か腹が立って腹が立ってどうしようもない。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

キャッスル エクセリーナ  

DSCF0461.jpg
記念本のエクセリーナです。
30周年記念のエクセは4体発売されましたが、このエクセが一番好きかな。

DSCF0463.jpg
髪はもしゃもしゃですが・・・。

DSCF0464.jpg

category: エクセリーナ

tb: 0   cm: 0