大好き

好きなもの、日常の事などいろいろと・・・

キャッスル きらちゃん  

DSCF0367.jpg
3月26日LC神戸で購入したきらちゃんです。
ラウンド前髪はあまり好きではないので迷ったのですが何だかこのきらちゃんは可愛いと思ってしまい購入。
リップが肌の色に同化しちゃってるのが残念。

DSCF0334.jpg

DSCF0333.jpg
ドレスはブライスの物をオークションで。
ブラウスはサイズに問題はないのですがデニムパンツはウエストがブカブカです。
隠れて判らないので問題はないのですが。
スポンサーサイト

category: きら

tb: 0   cm: 0

キャッスル きらちゃん  

DSCF0468.jpg
3月26日LC神戸で購入したESCきらちゃんです。
正面から見たら地味な感じがしますが・・・

DSCF0338.jpg
後ろから見たら何とも変わった髪型です。

DSCF0339.jpg
22㎝ドールは身長が低いので長すぎる髪は変な気がします。

DSCF0337.jpg
ドレスはみんぎゃらディーラーさんから購入した物です。

category: きら

tb: 0   cm: 0

頭の良い馬鹿  

豊田真由子議員、こういう人の事を頭の良い馬鹿と言うんだろうなぁ。
しかしああも他人に対してヒステリックになれるもんかね・・・
いくら頭が良くてもあれじゃどうにもならない気がする、むしろああいう人間性で42歳までやってこれたことが不思議だ。
全部が全部ではないけどこういう人って選民意識というかそういうのがあって少しくらいのルール違反も許されるなんて馬鹿な事平気で思ってそうだ。
頭が良くても常識がないと一般社会ではやっていけないと思うけど政治家ならやっていけるってか

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

キャッスル サユリ  

DSCF0322.jpg
3月26日LC神戸で購入したESCのサユリです。
サユリは数体いましたがこの1体だけ気に入ったので購入。

DSCF0323.jpg

DSCF0326.jpg
何年か前にLC阪神百貨店で購入したドレス。

category: ESC サユリ

tb: 0   cm: 0

楽しみが・・・  

LCイベントでのみんギャラディーラーさんの出店が当面中止になってしまった。
この間の京都では特別混雑してるわけでもなかったけど、その前の神戸が割とゴミゴミしてたかも。
ESCの番号が大きい数字で新作に特に興味もなくてとなったら、みんギャラディーラーさんのところで買い物するのだけが楽しみという私みたいな人間にはガックリです

category: 人形

tb: 0   cm: 0

ちいさなおみせ パレットF  

DSCF0279.jpg
2月5日ちいさなおみせで購入したパレットFです。
パレットFはこの1体しかなかったのですが、正直よくぞ残っててくれましたと思うほど可愛いと思った。

DSCF0282.jpg
ECDドレス。

DSCF0370.jpg
Tシャツはいただきものです。
デニムパンツはブライスサイズでウエストがゆるゆるです。

ちいさなおみせで買ったお人形はこれで全てです。
パレットFは1体しかなかったし、きらちゃんやマリーンは1体もなし。
リカちゃんですら品薄で正直ここをメインに旅行していたら・・・泣ける。
去年の6月はドレスなんかは豊富ではなかったけど人形はたくさんあったから。
今回は人形もドレスも品薄状態でした。
この状態では地方の人間にとって高い交通費や宿泊代を出して来店するのは危険な賭けだなと思う。


拍手御礼は続きより
-- 続きを読む --

category: パレットF

tb: 0   cm: 0

膀胱炎  

陽が一昨日の朝から何度もトイレに行ってしばらく座ってるけどおしっこが少ししか出ていない。
先月も同じような感じになって抗生物質を飲んで治まったのですが、まただ。
一昨日は早出出勤でおまけに休んだ人のせいで最終まで残ることになり、病院へ連れて行くこともできない・・・食欲もあり元気にしてるので昨日朝、開院を待ってすぐに診てもらう、膀胱炎再発でした。
以前、大と小夏、ナミも膀胱炎になり膀胱炎は繰り返す事が多いと言われたのですが。
ナミは生後2ヶ月未満の頃になって、本来なら里親さんのもとに行くはずだったのがだめになり、代わりに違う兄弟猫がもらわれて行くという不運に見舞われました。
ナミの場合はその後再発なしでしたが大が何度も繰り返して食事をそれ用に変えてもダメでそこいらへおしっこして布団なんて何度か洗濯に出す破目に、正直何でうちの子にしてしまったのかと後悔の嵐でしたが泌尿器用のサプリメントを何年か続けて飲ませたら再発しなくなり今は飲んでないけれど大丈夫です。
なので今回またそのサプリメントを買って陽に飲ませます。
猫が体調を崩す時は何故かこっちの仕事も忙しい時が多く焦る

IMG_20170615_105531_20170615210632.jpg
膀胱炎治療中。
スマホは画像が綺麗に撮れるのでデジカメいらない感じだ。

category:

tb: 0   cm: 0

ちいさなおみせ たまき  

DSCF0275.jpg
2月5日ちいさなおみせで購入したたまきです。
瞳の色が綺麗で、迷った末に買いました。

DSCF0277.jpg
髪型がもしゃもしゃであまり好みではないんですけど。

DSCF0278.jpg

category: たまき

tb: 0   cm: 0

「夢語り~特攻隊員の妻~」・瀬波有子  

陸軍の特攻隊員の元妻(戦後再婚なさったそうで)という方が書いた本。
ゆうこさんかと思ったら、ありこさんと読むそうです。
自費出版ぽい薄い本です、アマゾンで買った古書。
59ページ、文章も字数が多くないのですぐに読み終わりました。
結婚していたのは数か月(多分3~4ヶ月程か)、最初の一月半程は離れて暮らしていたそうなので共に暮らしたのは実質9日ほどだったそうです。
しかも有子さんにとっては叔父さんが持ち込んできた見合い結婚で、有子さんは全然乗り気じゃないのに半ば強引に結婚させられたようなもので夫に会ったのも式当日、夫となった人は25歳、有子さんは19歳だったそう。
有子さんにしたら何が何だか解らないままの結婚・・・幼馴染とかすでに恋愛関係だったというのならもっと違ったんでしょうけど。
この頃の女性の扱いって・・・と少し腹立たしく思いました。
夫になった人は軍人だから結婚はしないと言ってたそうですが上官の勧めもあって結婚に踏み切ったみたいで始まりは双方望んだものではなかったようです。
結婚が決まってからは夫になる人から歌を詠んだ手紙が届いたりしたようですが。
でもこの夫となった人、良い人なんですよ。
イメージとしては陸軍の軍人さんて荒々しい感じがするけど、すごく細やかな心遣いをする人で。
式を挙げた夜も、有子さんに「これから恋愛に入っていこう」と紳士だったと有子さんは書いています、当の有子さんはそんなこと言われても・・・という感じだったそうですが。
式を挙げてから親戚周りや夫の実家にいったりしてバタバタとした日々でそれが済むとどこに行くとも言わず夫は仕事に戻ったそうです・・・
一月半程して勤務地に来てほしいという手紙がきて有子さんは行くことになるのですが、本当は行きたくなかったと・・・甘さなど欠片もない結婚生活・・・。
勤務地は鹿児島南部の航空基地だったそうで夫は一週間から10日に一度帰宅するだけだったそうなので、普段は夫の同僚の奥さん達と過ごしていたそうです、奥さん友達と過ごす時間の方が長いという。
夫と一緒にいてもどこか素直になれず遠慮して距離をとってしまい、夫が有子さんに食べさせようと持って帰ったお菓子(当時普通ならもう一般市民の口には入らないであろうと思う)にも手を付けず、夫に「君は甘いものが嫌いなんだなぁ」と言われたそうで、本当はそんなことないのに意地を張っていたとか・・・御本人も書いていましたが可愛げのない女だったと。
夫の部下が来ても挨拶もしなかったそうで・・・夫部下に対して恥ずかしかっただろうなぁとさすがに同情してしまった
当時の女性は結婚も早かったと思うし精神的にも大人だったような気がするけど有子さんはそうじゃなかったのかもまだ子供というか。
景色のいい丘に登ったり縁側で胡坐をかいて座る夫の膝に抱かれて「赤ん坊みたい」「赤ん坊みたいか」などという会話を交わしたりドラマならそこから甘い雰囲気になるはずなのに、現実の二人はぎこちないままで
状況に心が追い付いていかないまま夫との距離も縮まらず、ある日夫が出掛けた後、夫が残した手紙を見付けます。
手紙には、

「君に与えようと持って行った物を自分がそのまま又持ち帰ったのはなぜだろう。

受けんとして受け入れられざる
愛の雰囲気有子の馬鹿有子の大馬鹿
愛し居る者の心の叫びに
しばし耳をかせ   」

有子さんの頑なさに夫はついにキレてしまったようです・・・
さすがに有子さんもこの状況に驚いてショックを受けたようで・・・当時はそれほど深刻に考えてなかったし恥ずかしかったから拗ねた様な仕草になってしまっただけでと・・・子供だったんですね、この人。
夫は戦闘機乗りで日常的に死とは隣り合わせで今日は生きていても明日は判らないという勤務をしてるのに余計なストレス与えてどうするよと。
夫はそんな日常だから少しでも早く心を通い合わせたかったんだろうけれど・・・。
夫が軍靴を鳴らして帰ってくる足音をどこかで期待して待ってた自分、嫌いな人ではなかったのに・・・だそうですが・・・キレた夫はそのまま二度と有子さんの元に帰ることなく特攻戦死したそうです。
数日して届いた夫の遺品はひとつの包だけ、その包には多分有子さんに食べさせてあげたいからと取っておいたであろうお菓子が入っていたそうです。
甘いものが嫌いだからと誤解したまま渡せず溜まったお菓子・・・。
他は着替え一つ、つけていたはずの日記もなかったそうです。
夫の下着姿も見たことがなかったと書いているので、夫婦生活もないままの結婚だったようです。
夫にしたらもっとお互いの気持ちが近付いて想いあうようになれたらと思っていたのかもしれません。
子供っぽく意地っ張りな妻、それを可愛いと思う夫というのは悪くはないけど、この二人には時間がなさ過ぎた、もっと時間があったらそれなりに上手くいく二人だったのではないかと。
夫の葬儀に出なければならないので夫の家に行くことになった有子さん、夫と共に戦死したと思われる方の奥さん二人も夫の葬儀で途中まで一緒に行動するのですが、汽車の中で夫の遺品に入っていたお菓子を遠足気分で食べたというくだりを読んだとき・・・夫可哀想・・・。
嫌いじゃないけど愛とかまだそんな気持ちは育ってなかったから・・・こういうものか・・・夫の葬儀も訳の分からないまま終わって、夫のお墓に参ったのもその一度だけ以降一度も行くことはなかったそうです。
夫からの手紙も捨ててしまったという。
夫の戦死後、数年経って再婚、母となりおばあちゃんとなったある日、有子さんのお父さんが遺していた文箱の中に戦死した先夫が特攻で戦果を挙げたという新聞記事が大切にしまってあったそうです、その記事の中で先夫の母親が息子の想い出を語っており剣道二段の腕前で主将、中学でも評判だったとか我慢強く喧嘩しても決して泣かなかったとか戦後何十年も経って初めて有子さんは夫だった人がこういう人だったのだと知ったそうです。
短い結婚生活でお互いの事をゆっくり話し合うこともなかったんですね。
あの頃こういう結婚はそんなに珍しくなかったようですが、今ではちょっと考えられない。
妻側としては結婚して愛情が育つ間もなく夫が戦死して、そこからの人生夫の父母に尽くせと言われても・・・。
さっさと婚家を出ていく嫁なんて夫の家族側からすれば酷い嫁なのかもしてませんが。
愛していても長い人生、夫以外の人に心が揺れることはないことはないので。

夫という人は士官学校出の将校だったのか特操出身の士官だったのかそこまでは書かれていませんでした、軍人だから一般市民の食糧事情など知らないのではないかと有子さんは書いていたのでもしかしたら士官学校出の将校だったのかもしれない。
それと戦死したのは昭和19年の初秋頃と思われ、その頃はまだ特攻という名称は使われてなかったと思うのですが。
体当たり攻撃は名称が使われる以前からすでに行われていたようなのでその中に含まれる攻撃で戦死なさったのかもしれません。
海軍と違って陸軍は資料が少ない?

終戦後しばらくして届いた当時の奥さん友達の手紙には「自分の周りでもぽつぽつ兵隊さんが(戦地から)帰ってきています。主人も二階級特進なんていらない生きて帰ってきてほしかった」と書いてありそれを読んだとき自分も生きていて欲しかったと感じたそう。
若い頃よりも歳を重ねてきた今の方が先夫の事を想いだすそうです。
始まりはともかく、お互い想いがないわけではなかったのにそれを育てていく時間もなく永遠に別れることになる時代があったなんて今の若い世代の人達には想像もつかないんだろうな。
若くない私でも想像つかない、自分の祖父母の世代の話だけど。

有子さんはお父さんが遺した先夫の新聞記事を今も大切にしまっているそうです、先夫が自分にくれた手紙を捨ててしまったことを今では後悔しながら。
自分が死んでしまったら先夫とのことも全て消えてしまう、あの頃こんな結婚もあったということを遺しておくために本を書いたそうです。

自費出版だから?かこの本妙に誤植が多くて、海の藻屑が海のもずくとなってたりしてちょっとどうなのと思ってしまった。
以前の持ち主がもずくを藻屑と書き換えてありました


category:

tb: 0   cm: 0

LC京都  

行ってきました。
今回からESCの順番がクジになったので今までみたいに早く行く必要が無くなったので、ゆっくりめに家を出ました。
それでも朝5時起きでしたけど。
会場に着いたら考えることは皆同じでそんなにたくさんの人は来てなかったです。
11時半より少し前位から人が来始めたかな。
12時頃からESCの順番クジ、あまり大きい数字が出たら買い物だけして観光に変更のつもりでしたが、出たのが30番台なので何か微妙・・・なので今回は買い物しながら待つことに。
ESCはそんなに待たなかったのですが、買い物の清算に時間がかかって・・・毎回長蛇の列なんですよね・・・

購入した物
DSCF0548.jpg
ドールショウモデルのマリーン。
新作ドレスと共に入り口での手渡しだったので自分で選べませんでした。

DSCF0549.jpg
ESCドール。
30番台後半だったので、あまり欲しいなという子はなかった。
数もそんなになかったと思うので50番以降だとあまり選ぶこともできなかったのではないかと思う。
私がブースに入ったときは、まだきらちゃんは数体、マリーンはそこそこいました。
髪型が前髪2代目風ストレート、ソバージュとか凝ったのはなかったように思いました。
あと、今回初めて見たのがみらいです。
今までは一度も見たことがなかったのですが。
2体ほど見ましたが好みの髪型ではなかったので購入に至らず。

DSCF0552.jpg
最近は持ってたかなぁ持ってなかったかなぁと考えながら買うドレス。
考えて慎重に買ってるつもりだけども・・・それでもダブる時がしばしば。

DSCF0551.jpg
みんぎゃらディーラーさんから購入した物。
今回いつも購入するディーラーさんはほとんど参加していなかったので、買い物は少な目。

DSCF0550.jpg
小物は下駄だけ購入。

今回オーダーの抽選から外れました。
IさんはいなくてHさんともう一人の2人だけでした。

今回も前回の神戸と同じような感じで商品少な目な気がしました。
教室リカちゃんSPも同じ髪型のが多くて以前の様に選ぶ楽しみがなくなってしまった。
来月は大阪だけど、どうなんだろう、オンラインショップもちいさなおみせも品切れが多そうだけど。
小さなお店の方は2月に行った時すでに人気の子は1体もない状態だったから今はもっと悪くなってそうな・・・。

会場を出たのはいつもより少し遅めで、それから近くのお店で、そばと揚げ出し豆腐を食べて帰りました。
7時前、阪和線から乗り換えて最寄りの駅へ向かう電車に乗ろうとホームに向かったら・・・手前の駅で自転車とぶつかって遅延・・・
仕方ないのでバスで帰ろうかと時刻表確認したら今は平日に一日2本、土日は走ってなかった・・・
電車が止まったら車がないと本当に家にも帰れない状態になる。
家に電話したら父が迎えに行ったるわと言うが待つだけで1時間以上かかるのでとりあえず断って、駅員さんに動くまでまだかかりそうか聞いたら、間もなく再開しますということだったので待つことに。
結局40分程度の遅れで動いてくれたので8時過ぎには帰宅できました。
私あまり出掛けないのにこういうのによく引っ掛かるんですよね、ツイてないわ。

category: イベント(リトファ・ドール関係)

tb: 0   cm: 0

ちいさなおみせ マリー  

DSCF0270.jpg
2月5日ちいさなおみせで購入したマリー。
ショートカットも似合って可愛いなと思ったので購入。

DSCF0273.jpg
30年近く前に妹が自分のジェニーに買って着せていたドレスです。

category: マリー

tb: 0   cm: 0

人手不足  

職場が人手不足。
また一人辞めるかも
最年長の70歳の人で科長にそろそろ辞めますと話したそうで・・・確かにここ一年は気力体力共に衰えてきてるかなと思わないでもなかったけど。
以前は滅多に休まなかった人が昨年あたりからよく休むようになり、仕事でもつまらないミスをよくするようになってきて、周囲も本人には言わないけれど「もう70やからなぁ」と。
本人もそろそろ潮時かなと思い始めてるようで。
私が入った時から良くしてもらったので体調が悪そうなときは仕事を代わったりしていたのですが。
同僚は年齢的なことを言うけど、私は疲れが溜まって悪循環になってるのではないかと思っている、娘さんが離婚して子供4人抱えて働いてるので以前は別に住んでいたのを今は同居して家事や孫の世話まで全てやってるのでそのせいもあると思う。
もしかしたら仕事よりもお孫さんの世話に時間を使いたいと思って退社を決めたのかもしれない。
他にもサボリ癖のある人は人手があろうとなかろうと平気で休むので常にギリギリの人数で誰かがシワ寄せを受けながらやってるような状態。
サボリ癖のある人は先輩から露骨に嫌味を言われててもやるのでもう人間としての責任感とかそういうのが完全に欠落しちゃってるのだろうと思う。
確かに相当変わった人ではあるが。
今年も3人入ってきたけれど2人がすぐに辞めてしまった。
給料面でもよそに比べると安いので、来てもよそで落ちて来た人ばかりでそうなるとどうしても仕事に対する姿勢がおかしかったりする人ばかりで長続きしない。
田舎の職場にしてはいい時給だと思うのですが、病院の給食調理は最近大阪の事業所なんかが進出してきてそこは大阪での時給を出してくれるので最低賃金にしても開きがあるのでうちなんかは太刀打ちできないんですよね、おまけに仕事もうちより楽らしいし。
ベテランはどんどん年取っていくし、ベテランが好き放題するので若手は嫌がって辞めていくし・・・これからどうなるんだろ、うちの職場・・・私はただ淡々と自分の仕事をやるだけですが。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

この歳になると・・・  

今日は私の誕生日だったのですがこの歳になるともうめでたくもなんともないというね。
去年の今日は生まれて初めての一人旅で東京でした。
菅野直大尉のお財布を見た時の感動は生涯忘れることはないと思います。
毎年誕生日は家ではないどこかで迎えるのもいいかなと思ったけど今年は2月に茨城に行ったので。
どうしても家でずっと父と一緒だと息が詰まるような気がして精神的にしんどいので何とかしたい。
こんなの私だけなのかと思ってたら、同僚の妹さんが離婚して実家に戻り今はお父さんと二人で暮らしてるらしいのですが、「精神的にしんどい」と言ってたら鬱病になってしまってと話しててその話を聞いてゾッとしてしまった。
母を介護してた時に鬱病になってしまったことがあるが、本当にしんどいので・・・買い物に出ても車にはねられて死んでしまわないかなとか考えてたら本当にぼんやりしててはねられそうになったこともあるし、当時の事は本当にぼんやりと無気力でただしんどかったとしか覚えてないんですけど二度とあんな風にはなりたくないと思う。
家が一番居心地がいいと思ってたのが一番居心地が悪い場所になりつつある今は正直辛い。
来年の誕生日はもうどこでもいいから家以外で過ごしたいかも。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ちいさなおみせ サユリ  

DSCF0266.jpg
2月5日にちいさなおみせで購入したサユリ。
買うかどうか悩んだのですがなかなか来る機会のないお店なので購入。

DSCF0269.jpg
髪型は好きじゃないなと思ったのですがリトファで変えればいいじゃないかと思って。

DSCF0268.jpg

category: サユリ

tb: 0   cm: 0

ちいさなおみせ みらい  

DSCF0263.jpg
2月5日ちいさなおみせで購入した、みらいです。
きりっとした美人なみらいです。
あまり買うことのない金髪ですが美人過ぎて買ってしまいました。

DSCF0264.jpg
パーカーはみんぎゃらディーラーさんから購入した物。
リカちゃんのBFサイズですがmomokoボディに着せることができます。

拍手御礼は続きより
-- 続きを読む --

category: みらい

tb: 0   cm: 0