大好き

好きなもの、日常の事などいろいろと・・・

堪えろ、堪えろ  

職場の栄養士のとんでもないミスのせいで迷惑を被った私。
今年新卒の栄養士で仕事が押してくるとテンパってドジを連発する人(やや天然も入っているようです)なのだが、あまりにも馬鹿馬鹿しいミスなので正直怒鳴りつけたくなってしまった。
誰でもそうでしょうが忙しい時に他人の本当にしょーもないミスで自分のやったことが無駄になるって虚しいことこの上ない。
でも職場で人を怒るときに怒鳴ったりヒステリックに注意するのは自分自身すごく嫌な事なのでもう感情を理性で抑え付けて冷静に注意しなければいけない時の気持ちのしんどさと言ったらもう。
元々気が長いとは言えないタイプなので。
ミスを詫びるのは当たり前の事で問題はそこから自分のしたことで相手が迷惑してる事へのフォローが全くない、増えた仕事は自分が時間かかってもするとかそういう考えに思い至らないことは社会人として働いていくうえで致命的だともいえる。
同僚は、今時の若い子はとか、これやからゆとり世代はとよく言ってるけどこれは若いからとかゆとり世代という問題ではないと思う。
気が利かない人間は別に決まった世代に共通するわけではないし。
20代前半の人は数人いるけど確かにここまで説明しなければ理解できませんかと思う時はあるけど。
子供がいる人は「〜しなさい」とか親が子供に言うように注意したりしてるけどそれもちょっと違うのではないかと思う。
自分の子ではないし、いくら年下でも成人した(中身は成人なのかどうかは判らんが)社会人なわけだし。
人に手間かけさせるのは平気なのに自分はと言えば自分だけの仕事だけしかしないというのは一体なんなのだろう?甘えなんだろうか?子供のいる人は甘えられてもさほど気にならないのかもしれないけど私はいくら年下でも扱いは一同僚なので。
優しくないわぁと思われるかもしれないが、相手がおばさんだからといって子供世代の可愛い甘えが通用すると思うなよとは思います。
私は要領良く立ち回る人よりも陰日向なく努力する人が好きだしそいう人をきちんと評価したい。
今日みたいな事も自分を成長させる為の精神修行になるんだから堪えろ、堪えろと思ってはみるが、実際そうでも思わないとやってられない。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

LC神戸  

LC神戸に行って来ました。
早目に寝るつもりだったのになんだかんだやってて2時前に布団に入ったので3時間後には起きる羽目に。
いつもと同じで移動中はただひたすら寝てました。
11時前頃到着しましたが、最近は開場2時間前に到着してももう結構人が並んでます。
前の方の人は9時位から来て並んでるそうです。
私には無理だ。
たった一日の事だから頑張って早起きすればいいだけの事なんですが。

オーダーが始まったのは12時頃だったように思います。
11時過ぎからオーダー予約の人に名前と照ら合わせながら番号札を配り始めたのですが予約人数の20人には達していなかったみたいです。
14時過ぎ頃にはオーダー担当の人もレジ係にまわっていたので予約人数は少かったのかも。
今回はリメイクのみ、担当はIさんでした。

購入した物。

DSCF8777.jpg
今回はサユリを見つけることができました。
ESCの数が少かったように思いました。
そのせいかすぐに売り場がスカスカになってました。

DSCF8778.jpg
教室SPリカちゃん。
私が売り場に行った時にはあまり種類がなかった。
最近は少し遅れて売り場に行くともうあまり種類がないです。

DSCF8781.jpg
左下のドレス以外は随分前に販売していた物です。
突然こういう感じに古いのが売られていたりする不思議。
何年も前の月間ドレスの色違いとか。

DSCF8780.jpg
右上のドレスですが同じの持ってました
もうECDドレスは種類が多過ぎて買ったんだか買ってないんだか判らなくなってます。

DSCF8782.jpg
みんぎゃらディーラーさんから購入した着物とピアス。

DSCF8783.jpg
こちらもみんぎゃらディーラーさん。

DSCF8779.jpg
カラー塗装した靴は新作みたいです。
いろんな色がありましたがリボンシューズ以外はみんなメタリック。

14時過ぎに会場を出て遅い昼食にうどんを食べて帰宅の途につきました。
次は11月の京都ですがもう薄手のコートくらいは着ないと寒いだろうなぁ・・・初旬だからまだ着なくていいかな。


拍手御礼は続きより
-- 続きを読む --

category: イベント(リトファ・ドール関係)

tb: 0   cm: 0

面倒くさい  

明日はLC神戸なのでその準備を。
今回はオーダーではなくリメイクをお願いするので面倒くさいのですがヘッドから毛を抜いてしまわなければならなかったからです。
本当は大阪でリメイクに出すつもりでしたが毛を抜くのが面倒で嫌で。
夕飯を食べた後で黙々と抜きました。
2種類のピンセットを使ってひたすら黙々と。
こういう作業が苦手で。
なんとか抜き終わりました。

明日は朝が早いのでもう寝ます。

category: 人形

tb: 0   cm: 0

キャッスル エクセリーナ  

DSCF8725.jpg
8月20日LC大阪で購入したイベント限定のエクセリーナです。
すぐに売切れてしまうという事はなかったです。
午前中に来た人は買えたのではないかと思います。

DSCF8728.jpg

DSCF8731.jpg
ドレスはオークションで入手したものです。
いつ頃か忘れてしまうほど前に。

それにしても本体とアンダードレスで12000円+消費税はやはり高いと感じてしまう。
期間限定品は今しか買えないからと客の足元見て高い値段つけてもまぁ売れるので買う側が不利だよなぁなどと思ってしまうのだ。

category: エクセリーナ

tb: 0   cm: 0

リトルファクトリー サユリ 27  

DSCF8715.jpg
LC神戸でオーダーしたサユリです。
2016年着物モデルのヘッドで。
髪型はmomokoのを参考にオーダーしました。

DSCF8716.jpg

DSCF8718.jpg

DSCF8721.jpg
去年の9月LC神戸でオーダーしたサユリと似たような髪型だった・・・。

DSCF8722.jpg

料金は以下の通りです。
●基本料金
・ストレートロング ¥7000
●オプション
・レイヤーねじり ¥750(1本250×3本)
・三つ編み ¥250
総合計¥8000ですがオプション割引1000円で¥7584(税込み)でした。
●ヘアカラー 662

category: リトファ サユリ

tb: 0   cm: 0

予約取れていました  

LC神戸、急な予約開始で思いっきり出遅れ今回は無理だろうと諦めていたのですが取れていました。
自分が思ってるより予約が殺到というわけではなさそう。
地域によって違うのかもしれないけど。

category: 人形

tb: 0   cm: 0

日本橋リカちゃん ちいさなおみせ  

DSCF8621.jpg
6月5日ちいさなおみせで購入した日本橋リカちゃん。
キャッスルのイベントで展示されてるのを見ましたが、実物は可愛いです。
金髪バージョンもあってそちらも可愛かったけれど、茶髪の方が好きなのでこちらを購入しました。

DSCF8623.jpg

DSCF8626.jpg
ドレスはピンクの方が欲しかったのですが売り切れていて買えませんでした。

キャッスルのイベントで見て可愛いなと思ってはいたものの人形1体買うのに交通費数万使ってというのは自分では有得ないことだったので多分実物を手にすることはないだろうと思ってました。
6月に靖国神社へ行く事を決めてその流れでちいさなおみせにも行く事ができました。
父と妹には人形1体買うよりも「(菅野大尉の)財布見たいから」という理由で東京まで行く方がよく解らんと言われましたが
好きという気持ちは案外人を行動的にさせるのかもしれません。
今回は人形愛よりも菅野大尉の財布を見たい気持ちの方が勝っていて結果的にはどちらも上手く行ったということで。

category: リカ

tb: 0   cm: 0

腹立たしい  

LC神戸のリトファ予約今回は取れないかもしれない。
本来は10日からの予約だけど全然告知されないしどうなってるのだろうと心配になり一応予約のメールを10日の午後20時過ぎに送ってみた。
毎日メールの確認をしてたけど返信もないし、どうなってんだかと昨日までは思ってました。
今日は仕事が遅番で帰宅して食事の用意やらで落ち着いたのが21時過ぎ。
そこからPC開いてオークションの取引連絡などを先に済ませてメールチェックへ・・・キャッスルから午後16時前にメールが来ていて「ご予約開始日でございますが、弊社の出張ブログにて改めましてご案内をさせていただきますので大変恐縮ではございますが、ブログ掲載確認後に再度ご予約のお申込をくださいますようお願い申し上げます。」とのこと。
やっぱり変更になってたのかとHPを見に行ったら・・・
「ええっ!!とっくのとうに予約始まってるやん!!」
いきなり今日メールが来ていきなり今日の20時から予約って・・・時計見たらもう21時40分だし・・・。
おまけに大阪の30名より少ない20名だし・・・すっかり脱力して一応予約メールは出したけど多分無理だろうなとは思う。
正直これはないやろうと思った。
人によって怒りの地雷は違うだろうけど私は期日や時間を守らないというのが大嫌いなもんで・・・。
田舎は時の流れがゆるやかで~なので私達の都合に合わせてね~とは言っても限度があるだろ。
私も大概田舎に住んでるけど前もって決められた期日は守るぞ。





category: 人形

tb: 0   cm: 0

マリー  ちいさなおみせ  

DSCF8669.jpg
6月5日ちいさなおみせで購入したマリーです。
いろんな子がいましたがマリーはこの1体しか見つけられなかった。
マリーのヘッドってどれもアイプリがずれてるような気がするのですが・・・、このマリーもそうで気になって展示してあるマリーもよく見てみたら同じだったのでもうこういうもんなんだろうと購入。
嫌だと諦めるには可愛過ぎた。

DSCF8618.jpg

DSCF8616.jpg
ドレスはイベントでみんぎゃらディーラーさんから購入したもの。

category: マリー

tb: 0   cm: 0

届いてるのですが・・・  

一昨日、LC京都でオーダーした人形が届きました。
神戸のもとっくに届いてますが、撮る気にならず。
2階の1室で撮ってるのですが夏は2階が暑くて行くのも嫌なので。
記録に撮ってるだけなのでそんなに慌てなくてもと思うのですが時間が経ち過ぎると、こっちが先だったかなこっちか?と覚えの悪さ全開で

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

サユリ   ちいさなおみせ  

DSCF8606.jpg
6月5日ちいさなおみせで購入したサユリです。
少し地味な感じがするサユリです。
私が行った時はこのサユリを入れて3種類ほど髪型とヘッドの違うサユリがいましたがこれが一番可愛いと思ったので購入しました。

DSCF8608.jpg

DSCF8610.jpg

category: サユリ

tb: 0   cm: 2

残念・・・  

可愛がってくれて尊敬していた先輩が来月いっぱいで辞めることになった。
外反母趾の症状が酷くなってきて仕事を続ける事が難しくなった為。
手術も考えたそうだが両足だと車椅子で3ヶ月完治まで半年かかるそうでそんなに会社も休めないし、この仕事を続けなければ足への負担もあまりかからないだろうと退職を決めたらしい。
50代後半だがおしゃれな人で若い頃から40代まで先の細いヒールばかり履いていたため外反母趾になってしまったらしい。
今後は事務職みたいな足に負担のかからない仕事場で働きたいというようなことを言っていたが年齢的に難しそう、田舎なのでなかなか簡単には仕事はみつからないだろうと思う。
自分で稼いだ分は食べ歩きや旅行などに使ってる人だったので専業主婦になってしまうのは嫌みたいだし。
私より2年半ほど先輩になるが、初出勤の日に〝こんな田舎にこんな綺麗な人が・・・〟と思った。
見た目に反して中身はさっぱりした人で軽い下ネタも言うが何故か下品に感じない人だった。
いい加減な仕事をする新人には厳しいが、頑張ればきちんと評価してくれる人でもあった。
自分も年齢を重ねて古株になっていくがこういう先輩みたいな人になりたいと思うような人。
可愛がってくれて有難いなと思う人はいるがそれは尊敬とは別物なので。
いつ辞めてくれても結構だという人は数人いるのにそんな人に限って、なかなかねぇ・・・。
上手く行かないものです。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

NHKスペシャル「戦艦武蔵」  

何だろう・・・戦艦武蔵・・・のはずがフェルディナンドという名の牛の話?が印象に残ってしまいよく解らない結果に。
武蔵は話のとっかかりにすぎなくて後半、牛の話に比重を置きすぎてそうなっちゃったんだろうけど、真中俊之少尉の自分もこの牛のように平和に静かな人生を送りたかったなぁという思いは他の人にはどうかは判らないけど私には切なく深く心に響いてきたのでそれはそれで良かったのではないかと。
真中俊之少尉は予備学生士官だったのでガチガチの軍人的な考えの持ち主ではなかったようです、の割りに前半結構残酷?な選択をしたりますが、これは二者択一を迫られた結果仕方のないことだったのかもしれません。
いろいろ思うところはないでもないけど、極限状態を味わった事のない人間があれこれ言うのもおかしな事だと思うので。
どちらかの命を選ぶしかないというなら昨日今日部下になった人間より長い時間一緒に過ごしてきた部下を選ぶのは人情としては仕方のないことなのかも。
何事も平等などということは建前であって実際は有得ない気がするので追い込まれれば尚更。
武蔵が沈没したことを国民に隠したい軍は生存者を激戦地へ置き去り?(生存者の口から沈没が漏れるのを恐れそれを防ぐ為に)。
沈没時は生存者も半数程度いたようですが、内地へ帰る輸送船が沈められたり陸戦で亡くなったりで最終的には400弱程度の生存だったよう。
内地への輸送船に乗るにしても上の士官からで順番待ちをしてるうちに輸送船が敵の魚雷を受けて沈んだりして内地に戻れなくなってしまったのかも。
乗組員が内地に戻っても武蔵が沈んでその乗組員だったことは話してはいけなかったようですが。
国民に真実を隠す為にミッドウェー海戦で戦った戦闘機の搭乗員を軟禁状態にしたという話もあるので武蔵の生存者も最終的には置き去りも満更嘘の話でもなさそうな気がする。
陸軍が荒っぽくていかにも悪く言われてるけど海軍もたいがいえげつないなと思うし、海兵出の士官への待遇は良かったみたいですが下士官兵には結構酷い扱いだったみたいです。
艦に乗ってたはずが激戦地の地上部隊に混ぜられてせっかく助かった命もほとんどの方がそこで落とされてしまったようです。
真中少尉も地上戦で足を負傷し歩けなくなっていた為に撤退(もうほとんど敗走か)することができずその場で自決するしかない状態に。
頭に負傷しているものの歩ける部下に「捕虜になってもいいどんな手段を使ってでも日本に戻れ」ということと「海で見捨ててしまった兵の供養を頼む」と言い残し他の歩けない負傷兵と共に手榴弾で自決します。
部下に「どんな手段を使っても日本に帰れ」というのも予備学生士官だからこその命令なような気がします、海兵出の士官はまず言わないであろう言葉なような気がする。
部下にフェルディナンドの話をしているときに自分の事を「俺」と言いかけて「僕」と言い直す場面があったのですが、軍隊に入ったら自分は俺、相手は貴様と言う様に指導されます。
俺から僕に言い直したときに私が思ったのは、この人は時代がこんなじゃなかったら暴力的に人と争うような生活には無縁な人だったろうなと。
予備士官になったのも時代がそうだったからであってこの人自身は死ぬ瞬間まで海軍というものに馴染めなかったのではないかと。
皆が皆そうではなかったろうけど、「別にアメリカやアメリカ人が憎かったわけではない、ただ国同士が戦っていて負ければ自国がだめになるその一心で戦っていただけだ」という元予備士官の人のインタビューを読んだ事があります。
なので鼻歌も口ずさむ歌も英語の歌で、それを海兵出の士官に聴かれた日にゃあぶん殴られるというね。
身分は海兵出の士官より下だけど下士官兵よりは上というものだったので苦労も相当なもんだったと思います。
話は逸れてしまいましたが、
部下は日本に戻り(どういう手段で戻ったのかは不明)そこから長い戦後を生きます。
その部下は17歳で真中少尉に嫁ぎ18歳で夫を亡くし忘れ形見の息子を女手一つで育て上げた奥さんに真中少尉の最期を話すのですが聞いてて辛かった。
奥さんにしたら聞きたいような聞きたくないような話だったと・・・命日も戦死公報には3月11日と書かれてたのが本当は2月27日息子の誕生日でした。
息子がこの世に誕生した日に夫が死んでいた、しかも自決って・・・。
自分が奥さんの立場だったら夫の最期を聞かされただけで怒りと悲しみと悔しさでそれをどこにぶつけたらいいのか判らずに号泣どころか泣き叫ぶわ。
ラスト、孫娘に真中少尉の奥さんが「(息子に)ああいう(父親の)最期の事を話すのは可哀想な様な気もするし・・・フェルディナンドの話はしたい、それと・・・2月27日・・・の事は話す、あんたの誕生日はお父さんの亡くなった日だって事・・・」それきり声を詰まらせて静かに悲しみに耐えている姿が印象的でした。
この人は今までの人生もこうして静かに涙を流して生きてきたのかなぁなどと思ってしまった、ドラマなのでその先も後もないわけではあるけれど。
命令したりする人間にとったら顔も名前も判らないただ駒を動かすような気でいてるのかもしれないがその人を唯一無二の存在として愛し大切に思って生きている人間もいるのだ。
そんな人達は持って行き場のない怒りや悲しみを生涯抱き続けていく、戦争だったのだから、仕方がなかったのよと自分に言い聞かせて。

戦艦武蔵は引き上げられる予定はないようです。
見つけたのも米国人だし、日本は一切関る気もないようですし。
艦長の息子さんは墓標のようなものなのでそっとそのままにしておいて欲しいというようなことをおっしゃてたように思います。
父である艦長は艦と共に沈み、長兄は戦闘機搭乗員でしたが戦死しています。

ドラマの出演者は石原さとみや渡辺美佐子と演技派の方が多く出ていたけれど、勝地涼の役は別になくてもいいんじゃないかと思ってしまった。
勝地涼がだめなわけではなく(好きですよこの俳優さん)。
役にはまってたのは真中少尉役の吉沢悠だと思う。
実年齢は役より12歳も上でもう少し若かったらと思うけど・・・おっとりというか柔らかな雰囲気が予備学生士官に合ってたなと。
これが予備学生士官じゃなく海兵出の士官役なら違和感があったかもしれないけれど。
海軍の第二種軍装がとてもよく似合ってたな。
当時の日本にはあそこまでスタイルのいい日本人は少なかったと思うけど。

でも戦艦武蔵が何故に牛・・・。

category: ドラマ

tb: 0   cm: 0

みらい  ちいさなおみせ  

DSCF8602.jpg
6月5日ちいさなおみせで購入したみらいです。
店の中の照明の下では濃い紫に見えた瞳でしたが実際はブルーでした。
濃すぎないリップとチークが気に入ってます。

DSCF8603.jpg
髪はもしゃもしゃの苦手なスタイルです。

DSCF8534.jpg

DSCF8536.jpg
キャッスル製の帽子は、みらいやサユリみたいな小さめヘッドにはゴソゴソなんですよね・・・momokoのは小さすぎるし。

category: みらい

tb: 0   cm: 0