大好き

好きなもの、日常の事などいろいろと・・・

今回はやめときます  

サンクスフェアのリトファ予約がもう始まってますが今回は行くの止めます。
体調が悪い日が続いてるので。
開場が11時からだと朝も相当早く家を出ないといけないので。
ウリが亡くなって輸液や投薬もしなくてよくなったので体調さえ良ければ妹の家に泊まって行けば時間の心配もないのですが。

キャスコレ20も今日までなので昨日のうちに注文しました。
サユリと22cm用のドレスと。
キャスコレ21はパスします、サユリも好みの仕様ではないので。
スポンサーサイト

category: 人形

tb: 0   cm: 0

体調が悪い~  

昨年末頃から体調が悪い。
脳出血の後遺症やらで普段からあまり体調は良くないが最近は特に悪い。
酷い肩凝りと肩凝りからくる頭痛。
この頭痛というのがまた出血が起こったのではないかという心配につながるので精神的にも疲れる。
体温調節もおかしくなったみたいで半端じゃなく体が冷える、特に後遺症のある右側。
少しのことでイライラするし、これって更年期障害ってやつなのか・・・?
イライラするといつもなら腹が立たないようなことでも腹が立ち猫を怒ったりしてしまうので猫も可哀想だ。
養命酒がいいらしいので飲んでみようかと思っている。
母が40代後半で更年期障害だったようでよくヒステリーを起こしていたが、ヒステリーを起こしてる人の醜悪さが私はすごく嫌だったというか今も嫌なのでああならないようにこの体の不調を何とかしたい。
肩凝りは体の冷えからきてるような気がするし。
それと後遺症の痺れも以前より強くなってるんで気持ち悪い・・・痺れは日によって違うが肩凝りが酷いと痺れも酷い。
痺れなんて外から見ただけでは判らないから本人にしか辛さは判らないしね・・・。
薬を飲んでる人もいますがあまり効果はないようだし。
今日は肩に貼るカイロを貼ったので少しマシですが昨日は死にそうでした。

携帯に見覚えのない番号から着信、出ると以前ウリのことで相談してメールすると言ったまま何の連絡もない漢方薬局からだった。
今更何の用だ・・・「ウリちゃんの事で」と切り出されたので「以前電話もらいましたけど、ウリは亡くなりましたので」と言うと、あらまぁという感じだった。
どうも連絡した事もメールも忘れ去られていたらしい・・・いいけどね、もうどうでも・・・次はないだけだから。
別の薬局で購入した漢方がいっぱい残ってしまってるのでどうしたもんかと・・・人間も飲めるので購入した薬局にメールで聞いてみよう。
ウリが残したものだ捨てられない・・・捨てられないんだよ。

生田斗真だが、この子見てると男の子は成長すると別人みたくなるのだなと思う。
子供のときは可愛いが普通の子という感じだったのがねぇ・・・。
ジャニーズの子には全く興味がないのだが名前が何故か印象に残ってた生田斗真、もう随分昔スマップの中居君が司会の動物の番組に出てたのだが背も小さい子だったけど、次に見たのは魔王とかいうドラマだったので驚いた。
子供から大人の成長過程が私の中ではぶっ飛んでたので最初は同一人物とは思えなかった。
背も高くなってたし・・・顔も彫りが深くなってたし(笑)
小さい頃から応援していたファンはもう親みたいな気持ちではないだろうか。
妹の子等もどういう風に成長していくか楽しみだ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

気付かされた・・・  

今日、大好きな猫ブログを読んで泣いた・・・泣けて泣けて仕方なかった。
猫達を失って私だけが悔しく悲しいのだと思っていた。
逝った子達の思いに今日初めて気付いた・・・。

category:

tb: 0   cm: 0

肩凝り  

肩凝りが酷くて頭痛までする。
今日は痛み止めを飲んだ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

食べ飽きた  

年末に御歳暮で鮭の切り身をいただいた、続いてさんまの開きと、再度鮭を1匹丸ごと。
粕汁やいろいろ作ったけど食べ切れなくていい加減もう嫌だ・・・。
冷凍してあるがいつまでも食べられるわけでもないだろうし・・・お正月姉と妹一家に持って帰ってもらおうと思ったが冷凍が解けてしまうので無理だった。
今は父と二人なので大量に何かをもらっても腐らせてしまうので勿体無い。
近所付き合いはあまりなくお隣の家くらいなのだがそこもお婆さんと息子さんの二人なのであまりたくさん差し上げたら迷惑がられるし・・・。
柿やみかんは姉から送れ送れと言ってくるんだけど。
一日おきに鮭を食べてる状態です・・・。

マクドナルドのテキサスバーガーを食べた。
好評で個数を制限しての販売に切り替わったらしいが。
美味しかったです。

category: 未分類

tb: 0   cm: 3

まだまだ勉強せねば・・・  

我が家で腎不全を患っていたのは、はるとウリ。
でも今後残った子達の中からも出る可能性はある。
いろいろこれからも勉強しないといけない。
ウリが亡くなった後でいろいろ知ったこともあった。
ウリは腎性の貧血も進んでいて治療を始めたのは亡くなる数日前からだった、以前からの担当だった若い先生に疑問を抱き違う先生を指名して診察してもらうようになってからの治療でその先生はウリの貧血についての数値は健康な猫の半分ということだった。
若い先生は貧血も進んでるというだけで治療を始めた方がいいとかいう話はなかった。
もう少し早く始めていたら少しは長く生きられたのではないかと思ったり・・・今更遅いけど。
正直、病院まかせという考えではいけないと思った。
ウリは腎不全と判った時点で状態はかなり進んでいたようです。
おしっこが水か?と思うくらい全然臭いがしなかったから・・・。
↑こういうおしっこが出たら症状はかなり進んだものであることもつい最近知りました。
たった8ヶ月の闘病で逝ってしまうなんてとずっと悔しくて悔しくて仕方がなかったけれど、ウリは相当頑張ってくれたのだと今は思う。
先生が「ウリちゃんにこれ以上頑張れというのは酷、ウリの今の状態はガソリンの入ってない車と同じなんです」とも言われました。
車はガソリンを入れればまた走るけど、ウリはもう無理なのだと・・・。
「ウリがここまで頑張れたのは瑞貴さんも一緒に頑張ってきたからだ」と先生は言ってくれましたがもっと早くに力尽きてたかもしれない状態で頑張って私に付き合ってくれたのはやはりウリが頑張ってくれたからだと思うのです。
最期に固形物を食べたのはまぐろの刺身でした、ほんの少ししか食べなかったけど最期に好きなものを食べさせる事ができて良かった。

これをしておいたら腎不全にならないという方法はないのだろうか・・・。

category:

tb: 0   cm: 2

CG たまき  

l 2103
カレンダーガールのたまきです。
女子高生制服通りとかいうテーマのカレンダーガールだった。
以前に撮ったまま忘れてました。
制服のボタン外れてるし・・・(このボタンすぐ外れます)。
髪型が内巻きだったら可愛かったのに、残念。

l 2091

l 2097
この制服のデザインがすごく好きです。

クリスマスリカちゃんとか撮らないとと思いながら何もやる気が起きなくてまいってます。


category: たまき

tb: 0   cm: 0

思い出せない・・・  

今まで亡くなった子を見送りそれからの日々をどう過ごしてきたのかが全く思い出せない・・・。
思い出せたらどうやって立ち直ったか判るのだが思い出せないという事は日々をただ重ねていくということを繰り返してきたのかもしれないなと思ったり・・・。
祖母や母は日にち薬と言ってたが。
正直這い上がろうとするとまた地の底まで引きずり降ろされるということを繰り返してきたので本当は立ち直れてなんかいないのかもなと思ったり。
実際昨年末からのこともはっきりとは覚えていない、ただ泣いてばかりいたなということしか。

ここ2、3日位前から少しずつウリのいろんなことを思い出し始めている。
水を飲むとき舌鼓を打って味わうように飲んでいたこと、シリンジで水を飲むのが好きだったこと。
今までいろんな子と暮らしてきたけどドアノブに飛びついて器用に開けてしまうのもウリだけでした。
どこか人間臭いところのある子だったなぁって。
今は悲しくて思い出しては泣いてしまうけどいつか笑って思い出す事ができるかな・・・。

l 1404
日向ぼっこ。

l 1411
陽に当たりながら毛繕い。

l 1331
一時期気に入って入ってた箱・・・しばらくしたら飽きて見向きもしなくなった。

l 1081
今頃美々とこんな風に仲良くしてるかな。

category:

tb: 0   cm: 0

解ってるんだけどね・・・  

12月31日夜から風邪をひいて体調が悪かったのだがまだ悪い・・・。
御飯が美味しくなくて何故かパンばかり食べてる。
どちらかというとパンより御飯が好きなのに全然食べたくない。
ウリの体調がどんどん悪くなってきた頃から私もあまり食べられない状態になっていたんですが妹達が里帰りしてきて賑やかになったこともありまた食べられるようになってきてたのですが風邪とウリのことが重なってまた食欲が下降気味・・・。
昔から心配事や環境が変わるとあまり食べられなくなってしまうのですが今回も当分続きそうです。

今日はウリの初七日・・・ウリは今はもう苦しいこともなくて病気もなくなって元気な頃のウリに戻ってそれは良かったと思うんだけど、解ってはいるんだけど会いたくてどうしようもない。
男の子なのに可愛い声で鳴いたなぁとか走る後ろ姿とか・・・いろいろいろいろ思い出す・・・。
今ではいない子達を思って未だに涙が出て止まらないときがある。
いつかその涙は悲しいだけの涙ではなく、とても暖かくて、心の底からありがとうっていう気持ち、胸がいっぱいになってしまうような大切な気持ちに変化していくからと言ってくれた方もいて・・・そこまで辿り着くにはどれだけ泣けばいいんだろう・・・。

以前どこかのブログで「ペットが貴方のいるところで亡くなったならそれは貴方への感謝です、貴方のいないところで亡くなったならそれは貴方への優しさです」というものでした。
これは本当かもしれないなって思いました・・・私の場合はですけど。

ウリが亡くなった時、妹の長男6歳が出棺間際まで泣きながらウリを撫でてくれていました。
「ウリの事が好きだったんだよ」とも言ってくれました。
我侭なところもあり正直妹の躾は大丈夫なのだろうかと思うことも多々ありますが、思いやりや優しい気持ちはちゃんと育っているのだなと嬉しく思いました。



category:

tb: 0   cm: 0

涙腺が壊れたみたいです・・・  

何をしてても悲しくて涙が出てきます。
涙腺が壊れたみたいです。

12月29日の夜からウリと一緒の部屋に寝て少しの物音でも気になって目が覚めていました。
ウリの寝床は寒くないようにコタツ風のものにして籠もれるようにしてありました。
寝床が暑くなると外に出てきて寒くなると寝床に戻るという感じでした。
30日の夜に寝て夜中目覚めて寝床を覗くとウリがいない・・・名前を呼んでふと見ると私の布団の横に箱座りしていました。
しばらく撫でているとまた寝床に戻って行きました、そのときの姿が頭を離れないのです。
亡くなる前は撫でると喉を鳴らすのすら体の負担になるようで長時間撫でてあげることができませんでした。
31日の夜中にしばらくの間撫でたのが一番長い時間だったように思います。
8ヶ月の闘病生活でした。
完治しない病気だというのは解っていましたがこんなに早く逝ってしまうとは思っていませんでした。
療養していた部屋の畳にはウリがおしっこをした跡がついています、今はそれすらも愛しいし悲しい。

l 2068

l 2069

l 2071

l 2072

l 2066
左から美々、陽、ウリ。
今は陽だけになってしまいました。

category:

tb: 0   cm: 2

ウリ永眠しました  

1月1日午前1時頃ウリ永眠しました。
たった2歳8ヶ月くらいの短い一生でした。
もう苦しむこともないし、嫌な輸液も薬もない、好きなものは好きなだけ食べられる。
ウリと離れたくなくて頑張れ頑張れと言い続けた諦めの悪い私に付き合ってくれたいい子でした。
食べなければ死んでしまうと強制給餌をしていましたが日々闘いのようで酷く怒ったりしたこともありました。
先生に嫌がることはもうしないであげてと言われ強制給餌も投薬も止めましたが1日1度の輸液は嫌がりましたが量を減らして亡くなる当日までしました。
苦しませない為に輸液だけは止めないようにと言われていたので。
31日の夕方頃横になってしんどそうにしていましたがそれからは座ったりしていました。
寒い日でしたのでハロゲンヒーターをつけて部屋を暖めました。
水はシリンジで口を湿らす程度に飲ませると舌で舐めていました。
トイレはもう寝床でしてたのでペットシーツを敷いていたのですがおしっこが出ると少量でもシーツを替えてと寝床から出て座っていました。
夜輸液は50cc程してその時も少し暴れて終わったらよろめきながらも小走りで寝床に入って寝そべってました。
2階の静かな和室で療養していたので様子はまめに見に行ってましたが、撫でると喉をごろごろ言わせていました。
日が変わって私が寝る前にもう1度シーツの交換をしておこうと様子を見に行くと寝床にウリの姿はありませんでした。
名前を呼びながら探すと壁と棚の狭い隙間に入り込んでいました。
30日位から冷たい場所へ場所へと移動したがりました。
名前を呼ぶと小さな声で鳴いたので棚をよけて抱き上げ寝床へ連れて行くと大きな声で何度か鳴いて突っ伏してしまいました。
様子が変だと判ったので寝床に横たわらせて名を呼びながらお腹を撫でていましたが息が苦しげで時々小さな声で鳴きながら右手を微かにぴくぴくさせていましたが、突然唸るような吼えるような声を出したかと思うと体をバタンバタン跳ねるように激しく動かしました、私はただ抱き締めて名前を呼びながら泣いていました。
私の泣き声に気付いた妹が驚いて部屋に入ってきましたが、その時にはもうウリの体からは力が抜け数度深呼吸のように息をした後亡くなりました。
時間はそんなに長くはなかったです。
しばらく妹とウリの体を撫でていました、妹が「体を拭いて綺麗にしてあげよう」と言ったのでお湯で拭いてあげました。
流動食がこぼれて汚れてもしつこく拭くと嫌がるので軽くしか拭けず毛が固まっていたのですが綺麗にしました。
妹が1階に下りた時ウリを抱きました。
まだ暖かく柔らかかったです。
頑張ってくれたお礼を言いました。
葬儀はペットエンゼル南大阪さんに御願いしました。
1日の午後13時から。
こちらは24時間受付してくれるので。
それから妹に手伝ってもらってウリの療養部屋を片付けました。
一人では悲しすぎて片付けることができないので・・・。
今まで亡くなった子は私一人が送ってましたがウリは妹親子も共に送ってくれました。
お骨上げのときコロコロのうんちが2つ残ってました葬儀屋さんが弱ってたから出す力がなかったんやねと言ってました。
何度かトイレできばっている姿は見たのですが出てなかったのでそれかなと思います。
犬歯がそのままの形で残ってました。

2日は病院へお礼に行ってきました。
通常は休みなのですが治療が必要な子だけ予約診療でしたので。
ウリは2日11時からだったのでその時間に。
「眠るように逝きましたとは言えませんが吐いたりして長い時間苦しんだというようなことはなかったです。有難うございました。もっと長生きしてもらいたかったんですけど・・・経済的に余裕があれば透析もしてあげられたんですが不甲斐無い飼い主でそれが申し訳ないです。先生には自宅での輸液も許可していただいて有難かったです。」と言うと「あの数値で吐き気がなかったというのはウリちゃんにとってはまだ楽だったと思います。幸せというのは生きた時間の長さではなく一緒に暮らせた時間です、透析という方法もありますが人間のように一生続けていけるものではないんです、その時飼い主さんができる精一杯の方法でやってあげるのが一番ですよ、自宅で瑞貴さんと最期は一緒に居られて好きなところで過ごすことができてウリちゃんは幸せだったと私は思います。瑞貴さんの何とかしてあげたいという頑張りに結果(自分達医師の)が伴わず申し訳ないです。瑞貴さんとこにはまだ他の猫ちゃんもいますので大変ですが力を落とさないで下さい」と言って下さいました。
「初めは若くて元気な可愛さに惹かれて家族に迎えるけれど老いたり病気になって亡くなったりする時は必ず来ます生涯をまっとうさせて見送ってあげるという気持ちで迎える覚悟がいるんです」とも先生は以前おっしゃってました。
先生には嘔吐で苦しむようなことがあったら安楽死も考えた方がいいかもしれないと言われましたが、私はおしっこが出なくなってしまったらと思っていました。
母も亡くなる数日前からおしっこが出なくなり最後は尿毒症で何度も痙攣を起こしながら亡くなりました。
それがあったので、ウリもおしっこが出なくなってしまったらと覚悟を決めていました、でないとその時決断できなかったらウリを最期の最期まで苦しめることになると思って。
ウリは亡くなる日までおしっこが出ていたので安楽死という選択はしないですみましたが。

近所のガキ共がうちのガレージに捨てていった3頭の仔猫。
治療の効果が出ず苛立ちと情けなさで怒りの持って行き様が泣くあのガキ共さえうちに捨てていきさえしなければこんな思いをせずに済んだのにと思うだけなら罪にもなるまいと家に火でも付けてやりたいと思った日もありました。
でも今はやっぱり会えて良かったです、ウリには感謝しています。


l 2045
30日病院から帰宅後、私がベランダで洗濯物を干していると自分から20cm位の段差を飛び越えて出てきました。
もう何も食べてないのでお腹がぺったんこです、足も随分弱ってるのに・・・。

l 2049
10分位外の空気を感じていました。(鼻をひくひくさせながら)

l 2037
31日の午前中に撮ったものです。
-- 続きを読む --

category:

tb: 0   cm: 3