大好き

好きなもの、日常の事などいろいろと・・・

蝉しぐれしぐれて友の野辺送り  

今日の朝、はるを荼毘に付しました。
ペットエンゼル南大阪さんに御願いしました。
自宅まで来てもらいお骨上げまでしました。
お骨上げまですると火葬炉に入れるところまで見送らなければいけないので辛いのですが最期まで見送ってあげるのが共に暮らした家族であり友への礼儀だと思うので・・・。
「はーちゃんまたね、有難う」と声を掛けました。
「さよなら」とか「バイバイ」という言葉は使いたくなかったのです。
玄関で陽が見送ってくれました。
お骨上げの時、ペットエンゼルの方が「自然な姿で骨になっているのであまり苦しまずに亡くなったのではないでしょうか」とおっしゃってました。
動物病院の先生も最期に声を掛けたその時のまま亡くなっていたと言ってたのであまり苦しまなかったのかもしれません。
それがせめてもの救いです。
腕の血管ももう点滴の針が刺せなくなってしまったので首のところから点滴を入れていました。
もう痛みからも解放されて好きな物も食べられる・・・好きだったものを棺に入れてあげました。
少し多めに入れて虹の橋へ向かう道中でお腹を空かせた野良ちゃんがいたら分けてあげてよと声を掛けました。
私は自分が不摂生しても自分の体なんだからとどこかで思っていました。
でもその間違った考えが自分だけでなく大切な家族の命までも大きく縮めてしまいました。
私が入院していた2ヶ月間の間に適切な治療を受けさせていたら発病を防ぐ事はできなかったかもしれませんがこんなに急激に弱って死なせることはなかったと思っています。
私はこのことを、はるに生涯詫び続けなければならないと思っています・・・。

蝉しぐれ
しぐれて友の
野辺送り

昔見た時代劇で詠まれた俳句です。
今日ふと思い出しました。

k 299
みんなの姿がよく見えるリビングのサイドボードの上に。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category:

tb: 0   cm: 2

涙腺がぶっ壊れたようです・・・  

何をしていても涙がこぼれてきます。
何かしていないと悲しくて悔しくて気が変になりそうなので夕方から歩きに出掛けたものの涙がぼろぼろ零れてくるので他人が見たらまるで変な人です。
田舎なのであまり人とすれ違うことはなかったですが。
はるは私が退院してから4日目に入院、たった4日しか一緒に居られませんでした。
食事をあまり摂らず腎臓の処方食に飽きてきているようだと父から聞いていたので我儘だと思い食事の時は怒りっぱなしでした。
本当は貧血で食べられなかったのに・・・。
はるが入院した日は食事を全く摂らなくなり近所の病院で輸液を点滴してもらい帰宅したのですが様子がいつもと違っていました。
普段からあまり鳴かないはるがずっと鳴いて父に甘えたり私にくっついたりしてくるので変だと思い入院した病院へ連れて行きました。
最初は先生も私も命にかかわるようなことはないと思っていました。
今考えると5月に腎臓の治療をしていたときに白血球の数値が以上に高く薬を飲んでもなかなか下がらなかったのでこの頃から再生不良性貧血が進んでいたのだと思います。
まるで私の退院まではと頑張ってくれていたのではないかと考えたりしています。
私の入院中、猫の世話をしていた父は何も解らずスーパーで売ってる安売りのフードを食べさせたりしているという話を聞いたときには頭がクラクラしました。
自分の体が思うように動かないと判った時より猫達が心配で泣けました。
それからは1日でも早く退院できるように必死にリハビリに励み2ヶ月で退院できたのです。
まさかはるにこんな残酷な運命が襲い掛かるなんて考えもしませんでした。
中断していた腎臓の治療も始めてこれからだというときだったのに・・・。
妹は「動物って、そういうの本能で判るんかな?ほんまに(お姉の退院)を待ってたんかもしれへん」とメールを送ってきた。
だとしたら私が退院してくるまで我慢して頑張ってたのか、そう思ったらはるが愛しくて愛しくて情けなくて自分に腹が立って気持ちの持っていきようがない。
入院してから16日本当によく頑張ってくれました。
一度は危なかったのに戻ってきてくれて有難う。

category:

tb: 0   cm: 0

たくさんの愛と感謝をこめて・・・  

はるが亡くなりました。
昨夜夜中の12時半頃に電話が鳴り眠っていて気付いたら切れました。
はるに何かあったのではと思いそれからすこしの間気になって眠れなかったのですが携帯の方にはかかってこなかったので間違い電話?と思い寝てしまいました。
朝起きてからも電話のことが気に掛かり妹にうちに電話したかメールを送ったりしました。
そうこうしていたら8時過ぎだったかに病院の方から電話があり、はるが亡くなったことを知らされました。
夜中の電話はやはり病院からでした。
電話を切った後どうしたらいいか判らずただはるの名を呼びながら泣きました。
今日薬が届く日だったのに・・・。
父が会社を抜けてきてくれてはるを迎えに行きました。
はるは棺のような箱に眠るように入っていました。
昨夜9時頃に先生が帰るとき「はるちゃん」と声を掛けて撫でると鳴いたことなどないのに「ニャア」と鳴いたそうです。
気になって夜中に先生が様子を見に行くと息を引き取っていたと・・・先生も泣いていました。
きっと、はるは先生に御礼とさよならを言ったのだと思います。
昨日私が面会に行った時しんどいだろうにころんと転がりお腹を見せて甘えてきました。
長く撫でてあげたかったけど後の診察を待ってる子もいたので少しの時間撫でて病院を後にしました。
あの時のはるの顔が忘れられない。
誰にも看取られることのないまま逝かせてしまったことを私は生涯後悔し続けるだろうと思います。
もう一度生きて家に帰ってきて欲しかった・・・どうしても助からないのなら家で最期を迎えさせてあげたかった・・・。
後悔ばかりだ・・・。
はるを連れて帰るときいつまでも見送ってくれた先生に感謝、そして8年という短い間だったけどうちの子になってくれて「うちの営業部長です」と紹介するくらい人が好きで猫に対しても世話好きで小柄な体で最期まで頑張り抜いてくれた優しいはるにたくさんの愛と敬意を込めて感謝。

j 124

j 126

category:

tb: 0   cm: 3

怖い  

今日もはるは元気がなかった。
先生の話しでは今回した輸血は功を奏していないと。
鼻が白っぽくなっていたので貧血が酷いのだろうと思う。
1度だけの薬は明日届く。
実際のところどこまで効いてくれるかというのは判らないとのこと、病院でも5年前に犬に使って以来だという。
猫エイズや猫白血病のウイルスに感染していないはるが発病するのは珍しいと言われた。
正直難しい状態であることも・・・。
病院を出てから泣けてきた。
先生はできるだけ顔を見に来てあげて下さいと毎回おっしゃるが、今のままではもう残された時間があまりないことを含んでいるような気がする。
輸血も今現在は病院にいる猫さんに血をもらっているがあと1匹しか輸血できる子がいないそうで、そうなると我が家の若手の猫達を総動員するしかない。
それでもはると同じ血液の子が何匹いるか・・・。
まだ希望が残っているから大丈夫だと自分に言い聞かせても、はるがいなくなってしまった事を考えると怖くて怖くて仕方がない・・・。
面会に行くとしんどくても甘えてくるはるを見るのが辛い。
誰よりも気立てが良いはるがどうしてあんな辛い目に遭わなければいけないのか運命を呪わずにはいられない。

category:

tb: 0   cm: 0

最後のチャンス  

今日のはるはまた調子が悪そうでした。
私達がいくと体を起こしますがすぐにしんどそうに寝てしまいます。
先生の話しでは薬も高濃度のものを投与しているが貧血が進んでいて効果がないと。
はるは再生不良性貧血だった。
この薬が駄目だったら打つ手がないと言われたけれど私はどうしても諦めきれない。
情けないやら悔しいやらで泣きながら駄目元で何とかする方法はないのか尋ねてみた。
輸血にしても血液型は一緒でも他猫の血なので、はるの体にはやはり負担がかかるとのことだった。
が、ただ一度だけ投与できる薬があることはあるが費用がかかると言われた。
いくらかかるのか聞くと3万かかると、私の入院費用もかなりかかっていて家計は楽ではないけれどただ1度のチャンスに賭けることにした。
面会に行くとしんどくても立ち上がって頭を擦り付け生きたいと頑張る、はるにできる限りの事はしてあげたい、させてほしい。
製薬会社から薬を取り寄せ届くのは火曜、それまでは輸血でということになった。
先生も一度だけの薬だが賭けてみる価値はあると言っていた。
母が再生不良性貧血を患ったときやはり一度だけしか使えない馬の血清を使って治療したのだがそういう風な治療なのかもしれない。
どうかこの治療法ではるが良くなりますように。

category:

tb: 0   cm: 0

御飯を少し食べました  

今日は夕方、はるの面会に行ってきました。
昨日より調子は良く立ち上がって頭を擦り付けたりしてくれました。
御飯の匂いは嗅ぎますが食べなかったので「食べないと良くならないよ」と話しかけると少しですが食べました。
はるが食事を摂らないため病院のスタッフの方が食べたくなるようなものをと買いに行ってくれたそうです。
先生ができるだけ顔見せてあげて下さいとのこと。
毎日行くつもりです。
今日は輸血して2日目、この間は3日目に具合が悪くなったので安心はできないとのことです。
どうかこのまま何ごともなく少しずつでも体調が上向きになってくれますように。

category:

tb: 0   cm: 0

血圧が・・・  

今朝は退院してから血圧が最も高い日でした。
はるの事で布団に入ってからも泣けて泣けて眠れなかったから。
今日面会に行って帰るときはるがいつまでもこっちを見てるのが辛かった。
昨日から治療に使ってる薬の効果は昨日の今日ではなかなか判らないが今はその薬が効いてくれると信じるしかない。
大丈夫だはるは必ず元気になる!!

category:

tb: 0   cm: 0

ママお願い、助けて  

さっき病院へはるの面会に行ってきました。
前回面会したときとは違い横になって頭を上げるだけでしんどそうでした。
先生の話しでは昨日は危なかったそうです。
輸血で体温も2度ほど上がり何とか持ち直してくれたということでした。
昨日から違う薬を使ってるそうですがそれも効かないときにはもう打つ手がないとのことでした。
何とか今の薬が効いてくれることを願うだけです。
亡くなった母にも、はるを何とか助けてくれるよう仏壇に手を合わせています。
こうなったらもう何にだって縋りたいです・・・。

category:

tb: 0   cm: 0

どうしたらいいのか分からない  

動物病院から電話があってはるの具合があまり良くないらしい。
今日は午前中、口の中が真っ白になって体温が34度まで下がりまた輸血したとのこと。
輸血のおかげで座れるまでには回復したらしいが前回の輸血から3日でこの調子でははる自身の力では血が作れないと言われた。
今使ってる薬では効果がなくまた違う薬に変えるそうだ。
何の病気か検査に出してる間にも貧血が進んでいるらしい。
先生に顔見に来てあげて下さいと言われた。
明日行ってくる。
何もしてやれずただ祈るだけ、頭がおかしくなりそうだ。

category:

tb: 0   cm: 0

恋をするのに旬なんてない  

今日はたまたまテレビのチャンネルを変えたら世界仰天ニュースをやっていた。
奥さんが21歳年上の夫婦の話しだった。
昔、本で結婚する時期は人それぞれで旬なんてない、いくつになっても結婚をしたいと思ったときが旬だというようなことを読んだことがある。
相手が年上年下関係なく好きな気持ちはとめられないものだ。
年齢に惚れるわけではないんだもん、その人の人柄とかそういうのに惚れるんだから。
女性の場合相手があまりにも年下だと決断にすごい勇気はいるだろうけれど。
ただ相手が若いせいで周囲がどん引きするくらい自分の若さに執着しすぎてしまうのは怖い。
ちょっとでも若く綺麗に見えるように工夫したりするのは見ていて微笑ましいが整形しないといけないとまで思い詰めるのは少々やり過ぎのような気がします。
気持ちは解るけれどそこまで行くと相手の気持ちとかそういう大切な物を見落としてしまいそう。
相手も若いのが好きなら最初から若い人選ぶだろうしそれをしなかったってことはそれ以外のところに魅かれたんでしょうから。


私は自分が煮魚嫌いなのでどうも魚の煮付けを美味しく作れない。
でもこれからはバランスよくいろんなものを食べないといけないのでネットで美味しい煮魚の作り方を調べてみて今日金目鯛の煮付けに挑戦。
美味しくできました

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

情けない・・・  

今日ははるが退院の予定だったのが中止になった。
検査の結果貧血が進んでいて輸血したのだがあまり症状が良くならないとのこと。
腎臓からくる貧血よりも他の原因が疑われると言われた。
その結果は2~3日後に出る。
はるは面会した時しんどいだろうに立ち上がって頭を手にこすりつけてきた。
涙がこぼれて仕方がなかった。
できることは何でもしてあげたい。
早く良くなって欲しい。

category:

tb: 0   cm: 0

歳の違いを感じた  

今日はリハビリで病院に行ってきました。
リハビリの先生に「子供の頃どんな遊びをした?」と質問をされたので、縄跳びとかゴム跳びと答えたのですが、先生はゴム跳びを知らなかった・・・。
先生とは17歳違いで、甥っこよりも若い。
先生の世代の遊びはゲームになっちゃうのだ。
私もゲームで遊んだけれどそれは結構大きくなってからで小さい頃は外で走りまわって遊んでました。
17歳の違いは大きいです。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

やっぱりいいかも・・・  

今日は夕方から父と妹親子とショッピングセンターへ出掛けた。
そこの玩具売り場でリカちゃんのミスドの制服を見つけた。
よくできていて可愛いと思ったが制服だけ買ってもなぁと思い一度は売り場を離れた。
帰り際に甥がミスドに行きたがったので寄ったところ制服を着た店員さんがあまりに可愛かったためにやっぱり制服が欲しくなり慌てて売り場に戻り買ってしまいました(笑)

category: 人形

tb: 0   cm: 0

いつまでも・・・  

さっき姉から電話があって13年間一緒に暮らしてきた猫が亡くなったという知らせだった。
体調を崩して先日から入院していた。
良くなってきていると聞いていたので安心していたのだが、今日容態が急変して亡くなってしまった。
こういう時かける言葉が見つからない・・・。
私が入院前によく見にいかせてもらっていたブログの猫さんも私が入院中に亡くなっていた。
我が家の猫達もいつまでも元気で長生きしてほしいがいつか別れがくるのだと今日はつくづく思い知らされた。
一緒に過ごせる日々を大切にしなければと思った・・・。

category:

tb: 0   cm: 2

つらい・・・  

未だ腕の痛みがとれません。
眠る時も右側は向いては寝れません。
私は右側を向いて眠る癖があるのでつらいです。
右側の腕の痛覚も鈍くなっていて先日フライパンで火傷してしまいました。
何かをしていてもすぐに疲れてしまって何だか何をしていても全然楽しくないのです・・・。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

言われてみれば  

「お姉って眼鏡フェチよな」・・・妹に言われて気がついた。
私が好きになる人はほとんど眼鏡をかけている(笑)

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

浴衣コレクション  

今日はキャッスルの浴衣コレクション、サユリの代金を振り込んできました。
浴衣のデザインはあまり好みでなかったのですがサユリが可愛かったので注文しました。

入院中携帯からブログの更新をしてたので今はPCよりも携帯の方がやりやすいわ。

category: 人形

tb: 0   cm: 0

自分が許せん  

はるが昨日から入院しました。
朝から何も食べなくなったので近所のかかりつけの病院で点滴をしてもらったのですが午後になっても体調が悪そうなので腎臓を診てもらった病院に連れて行きました。
血液検査の結果腎臓の数値が上がり貧血状態でした。
3~4日点滴をして血液検査の結果が悪かったら輸血するそうです。
私の入院で腎臓の治療が中途半端になってしまったからです。
私自身がきちんと健康管理ができてなかったせいでみんなに迷惑をかけて自分で病院へ行くことができない猫達に一番皺寄せがいってしまいました。
はるには土下座しても許されないほどのことをしてしまったと思っています。
大は膀胱炎になったので病院に連れて行きはるの様子も見てきました。
ドライフードを少し食べたそうです。
大は注射2本と薬をもらい食事は療法食に切り替えるよう言われたので買ってきました。
私が退院してきたとたん猫達が体調を崩してしまい心配が尽きません。

category:

tb: 0   cm: 0

花一輪  

毎日20~30分歩いているのですが、田舎の道は入り組んでいて以外なところに繋がっていたりして結構楽しいです。
今日通った道で家の塀沿いに百合が一輪だけ咲いていました。

Image037.jpg


☆拍手お礼☆
8日18:33の方有難うございます。
私の撮った拙い人形の画像を気に入って下さって有難うございます。
お人形の画像を載せるにはもうしばらく時間がかかりそうです、すみません。



category: 未分類

tb: 0   cm: 3

困ったな  

今日は病院での診察日だったので行ってきました。
帰りに美容院へ。
髪が伸びて早く切ってしまいたかったので。
いつもの美容院へ行ったのですが2ヶ月半行かなかっただけで従業員が男の人ばかりになっていました。
女性は受け付けの人だけ。
落ち着かない気持ちのままカットをしてもらったのですがあまり上手ではありませんでした。
切り抜きを持って行ったのですが・・・。
今までは女性の美容師さんだったのですが気に入らないということはありませんでした。
切っている間にもう少し短くなど注文するのですが今回ほど上手く行かなかったことはなかった。
次からは店を変えようと思うのですがこれがまた面倒なので正直困ってます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

全くついてません  

昨日退院したところですが今日からリハビリに通院しました。
月・水週に2日作業療法のリハビリです。
本当は来週からだったのですが先生が今日どうですか?と言って下さったので御願いしました。
天気が悪く雨が降りそうだったのですがリハビリが終わってからも降らずに駅まで辿り着きラッキーと思ったのも束の間私が乗るはずの電車は途中区間の一時的な大雨の為40分位遅れて到着。
その間立って電車をひたすら待ち続けたのです。
本当についてない・・・。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

感謝  

今日は退院です。
昨夜はなかなか眠れませんでした、子供みたい(笑)
入院してしばらくは私が気付かないだけで結構危なかったりもしたそうですが、意識が少しはっきりし始めてからはあれよあれよという間にここまで来ました。
励まし続けてくれた父、妹、姉、甥、亡くなった母、叔父、祖父母、先祖、猫に感謝。
ネットでのお付き合いしかないのに気にかけてくださったYさん、Rさんに感謝。
病院の掃除のおばさん、看護士のみなさん、先生にも感謝。
リハビリの先生にも感謝。
特に初めはまったく動かなかった右手のリハビリに時に苛立つ私を励ましてくれた作業療法士の先生にはすごく感謝しています。
手の方はまだリハビリに通うけれど。
言語の先生は明るくてとても可愛らしい先生でした。
たくさんの人に口では言えないほどの力をもらいました。
有難う。
これからは健康に気をつけます。

category: 入院

tb: --   cm: 0

嬉しいぞ  

今日作業療法の先生に体締まってきたんじゃないかと言われた。
理学療法で自転車をこいでるのが効いてきたのかも。

category: 入院

tb: --   cm: --

私の・・・  

心の中は斉藤由貴の「Yours」みたいです・・・。

category: 未分類

tb: --   cm: --

次から次と  

今日は外泊。
ウリは一週間ですごく良くなっていました。
ところが次はサッちゃんの左後ろ脚がパンパンに腫れて引きずってたので今朝父が病院へ。
化膿していました。
誰かに引っ掻かれたのかもしれません。
点滴、注射と抗生物質を出してもらったそうです。
はるもまたあまり食べなくなってきたので月曜あたり病院で輸液をしてもらってほしいと父に頼んでおいた。
また腎臓の調子が悪いのかもしれない。
私がこんな事になったのではるの体調管理もできず申し訳なく思っている。

category:

tb: --   cm: --

時間が・・・  

5日に退院が決まったら何故かすごく時間の流れがゆっくりになったような気がします。
今日のお昼からまた外泊します。
父にソファーをおねだりしてみよう。
以前のように床に寝転ぶことができなくなってしまったので。
カーペットのあちこちに猫が粗相したので剥がして捨ててしまったそうだ。
私の急な入院は猫達の精神状態も不安定にさせてしまって本当に申し訳ないと思っている。

category: 入院

tb: --   cm: --

髪が・・・  

髪が毎日結構な数抜ける。
大丈夫か・・・。

category: 入院

tb: --   cm: --