FC2ブログ

大好き

好きなもの、日常の事などいろいろと・・・

やすらぎの刻~道  

父が録画して視ていたので何となく見始めてハマってしまったのですが、戦中編になった頃から気分的に暗くなることが多かったのですが今週は極めつけでした。
主人公の公平としのが結婚するのは初めから判ってたことなので三平は出征して戦死かなと思ってたらまさか徴兵を拒んで自殺とは・・・。
拒否して逃げると言うのを家族に反対され、かといって戦争に行くのは嫌、結局どちらを選ぶこともできず八方塞がり、自分をこの世から消し去ることを選んだというか選ぶしかなかった。
兄弟妹は死を悲しんでる間もなく自殺を事故死に見せかける細工をするしかなく・・・バレたら間違いなく酷い村八分。
多分あの頃こういう事は結構あったのではないかと思う。
結局泣かされるのも犠牲になるのも庶民。
国の為に民がいるのではなく民の為に国があるはずなのに民を大切にしない国っていったい何なの。
三平は国に殺された、愚かな日本という国に、世の中の流れのせいで家族が国に殺された怒りを声高に叫ぶこともできず遺された家族は弟を兄を死に追いやったのは自分だと生涯自分を攻め続ける事になる、心に負った傷も決して癒える事はない。
ドラマとはいえ死んだ三平も遺された兄弟妹も救われない・・・。
三平は弱い人間ではないと思う、戦争に行って死にたくないのは皆同じそれ以上に個人的な恨みもない人間を殺すのは死んでも嫌(本当に死んじゃったけど)それだけは自分の命をかけても嫌だと言うのだからある意味こうと決めたら絶対に譲らないしブレないのはすごいと思うけど、その命をかけるほどのブレなさが自分が愛して止まない家族を悲しみのどん底に突き落とし終生消えることのない心の傷を負わせることになったのが何とも残念。
次男の公次も戦死してしまい根来家の涙は乾く間もない。
長男公一のガックリした姿を見るのは辛い。
来週はしのが妊娠してるのと告白、怒涛の展開に、公一兄ちゃん心の休まる暇がなくて一家の長ってホント大変。

でもどうして軍属の人間てあんなに横柄でいけ好かない奴が多いのだろう胸倉掴んで言ってやりたい「つまんねぇ精神論垂れ流してんじゃねえ、ヴォケが!!」、精神論を振りかざす人間すごく苦手です。
精神論振りかざして命令だけして自分は安全圏にいるそういう人は戦後生きていてはいけない人のはずなんですが図々しくも生きて天寿を全うしてる、もう存在自体が理不尽。
スポンサーサイト



category: 昼ドラマ

tb: 0   cm: 0

碧の海〜LONG SUMMER〜  

久々に見た奥菜恵が老けてたのでびっくり
可愛らしいイメージしかなかったので驚いてしまったけど、もう35歳だったんだ・・・。
少女時代のヒロイン舞を演った子を見る度キンタローを思い出した、大人になって奥菜恵には違和感
話自体はコテコテの昼ドラそのままでした、というか韓流ドラマっぽい感じ。
ヒロインの親父の女々しさといったらもう、見る度にイライラしてました。
ただただ自分以外の人を恨みぐだぐだ・・・「お前が一番悪いことに気付けよ馬鹿」と何度テレビに向かって言った事か
最後にはみんないい人になっちゃって・・・10年以上もただひたすら舞だけを見つめ航太に負けてるところといったら見た目だけで他の部分は遥かに勝っちゃってる圭吾の変わり身の早さには笑えました。
話のグダグダさ加減は韓流みたいだったけど途中から出てきたヒロインのライバル麗香なんかはやり口があんまりに甘くてこちらは韓流ほどではなかった、韓流ドラマに出て来るヒロインのライバルはやることがもう犯罪者なので。
上野なつひという女優さんは好きなのであんまり酷い役は見たくないけど・・・。
芸人さんがたくさん出ていたドラマでしたが普段関西弁なのに標準語を話す姿にただただ違和感でした。
徳山 秀典という人は演じる役柄でいろいろ変わるので不思議な俳優だなっていつも思う。

category: 昼ドラマ

tb: 0   cm: 0

潔子爛漫  

ずっと昼ドラは見てますが録画しているのとある程度溜めてからしか見ないので最終回を見るのはかなり後ということに。
なのでなかなか感想かけず。
潔子爛漫は話数も少なかったので今日見終わりました。
私が好きだったグランドロマンシリーズと言われる「愛の嵐」「華の嵐」「夏の嵐」を超えるというのが局の売りでしたが何のことはない足元にも及ばない話でした
ヒロイン、ヒーローの演技が下手、特に石垣佑磨の演技が見ていて力が入り過ぎてて舞台か?というくらい大仰な台詞回しに疲れた。
それと物語の一本調子な内容・・・何故か何かあると自分が不幸なのはヒロイン潔子のせいだと思う人の多いこと・・・自分が不幸なのは自分に大半の責任があるのに、頭の中身が韓国人・・・舞台は日本なのに出てくる人間の中味は韓流?
で、改心もいきなり・・・
別に韓流なんて参考?や真似する必要はないんだよ、あっちは国や人の根っこがああいうもんだからああいうドラマを作ってもおかしくないし、考え方や少し頭がアレなんじゃないのと思ってもそれなりに笑って見てられるけど、日本を土壌としたドラマであれをやられたら・・・かなり違うんじゃないのとか思ってしまう。
ヒロインの母親役の大鳥れいですが宝塚歌劇団にいてる頃よりずっと綺麗になってた。
赤座美代子が良かったなぁ、あの人は意地悪な役から今回みたいな役までこなせてこれぞ女優という感じだ。
比企理恵の下品な演技も光ってた。
松原智恵子は綺麗な人だなぁとは思うけど、昔から演技が上手いかどうかはよく判らない・・・
結局光ってたのは脇を固めた女優さん達で、若い女優というよりタレント?と言った方がいいんじゃないかという人達はまるでダメでした。
若くて可愛い時期を演じている時はまだマシでしたがある程度役の年齢が上がってくるともう演じるのがしんどくなってくる。
それと髪を自毛で結ってるせいか何故かそれがとんでもなく不潔な印象に・・・特に渋谷飛鳥は美人なのに初めて出てきた時から何だろうこの不潔な感じのイメージはと思ってしまった。
出てる若い役者の実力が昔の昼ドラよりも格段に劣っていて、グランドロマンシリーズを超えるなんてとてもとても。
グランドロマンシリーズからは田中美佐子、渡辺裕之、長塚京三、高木美保等、昼ドラから夜のドラマなんかに出て活躍する役者さん達だったけど今は夜のドラマではパッとしないから昼ドラの仕事という流れになってるので主役級の役者のお粗末さが何とも・・・
もうグランドロマンシリーズみたいな昼ドラマは見れないだろうな・・・見たいけど。

category: 昼ドラマ

tb: 0   cm: 0

鈴子の恋~ミヤコ蝶々女の一代記~  

「毒姫とわたし」から録り溜めておいたものを一気に見るようにしてるのですが、「毒姫とわたし」「花嫁のれん」は2ヶ月作品だったので3日程で見終わってたのですが「鈴子の恋」は3ヶ月作品なので見終わるまで時間がかかるかもと思いましたが4日で見終わりました。
面白くて展開が気になってなかなか途中で終えることができず夜中の2時頃まで見てしまった
ただ後半はやたら人が死んでいったので一気に見てるとちょっと精神的にきつかったかも・・・
しかし波乱万丈な人生ですな・・・ミヤコ蝶々。
出てくる男のほとんどが鈴子に恋してしまうわけですが、一関大佐と田淵がよう解らんかった。
一関はワカナに好意を持ってると思ってたのに、何故か鈴子の方に想いを寄せていてそれが唐突でさっぱり理由が解らんかった
田淵は鈴子に結婚してくれと言いながら郁子とも関係を持ってるし・・・男と女の細かい機微とかになると私みたいな女にはさっぱり解らないので見ていて度々と感じることがあった。
出てくる男女がやたら下半身がだらしないというのもちょっとと思いました。
女遊びも芸の肥やしと言いますが私はそんなもんを肥やしにせんと磨けん芸なら才能はないから芸人なんて辞めてしまえとばっさり切り捨てるので、芸人の妻は無理でしょう
昔の男は芸人じゃなくても浮気は男の甲斐性と言うくらいですから・・・私の母方の祖母も祖父の女性関係には随分悩まされたと聞きました、祖父の浮気癖は初孫の私の姉ができてからピタリと治まったそうです(祖父は死ぬまで姉を溺愛してました)。
ミヤコ蝶々の愛し方は私には全然理解できなかった・・・こういう愛し方もあるのかとは思いましたが。
元夫は2人共最低最悪の男にしか見えず、別れても愛しく思う値打ちもないわと思うような。
別れた嫁に甘えんなやこのクズと私なら足蹴にします
蝶々さんは情が深い人なんでしょう、私は別れてしまったら情とかそういうもんも綺麗さっぱりなくなるタイプなので・・・男女間でよく愛はないけど情はあると聞きますが愛がなくなったら情もなくなると思うんだけど・・・

映美くららはおかしなアクセントの関西弁が少し気になりましたが、歌の方は元宝塚歌劇団の娘役トップだけあって上手かったと思います(娘役トップでもとんでもない歌唱力の方もいますが・・・)、「女神のワルツ」は何度聴いても良かった。
歌劇団の頃は容姿がなんとも地味な娘役だなと思ったけど。
ミス・ワカナ役の三倉佳奈がすごく良かった、最初はマナ?カナ?どっちやねん、まぁええわどっちでもと思ってたのですが、今は三倉佳奈がミス・ワカナを演ってたんだなと覚えました。
片岡鶴太郎や浅野ゆう子も出てて昼ドラにしては豪華キャストだった気がする。

良太が唐突に連れて来た韓国人バイオリニストには何じゃあれ?
フジの韓流ゴリ押しってこれかと思った。
日本には優秀なバイオリニストがいないというわけではあるまいに。
不自然に登場する韓国人タレント。
ああいうの見てて気持ち悪いです。

最終回を見終わった時に以前杉本彩が何かの番組で話していたことを思い出した。
「男を甘やかし許し続ける母性で包み込むような恋愛は男を駄目にし、その恋愛は遅かれ早かれ破綻する」

category: 昼ドラマ

tb: 0   cm: 0

明日の光をつかめ2 最終回  

前作も途中から真剣に見てしまったドラマ、今回は最初からきちんと見ました。
変なドロドロドラマよりもずっと良いドラマでした。
もう愛憎ドラマが面白いという年ではなくなってしまったのか・・・
ヒーローもヒロインも前作の子の方が見た目は好きでしたが。
話は今回の2の方が良かったかな。
真太郎役の森田直幸はNHKの朝ドラとは真逆の役だったけど良かった。
子役出身の役者は大成できないと言われてるけど地道に努力してたら主役を張るような俳優にはなれなくても年を重ねたらいい父親役とかやれるような役者さんになれると思うので頑張って欲しいと思う。
若いうちだけ事務所の力で主役とかやれても後が続かなければ意味がないし。(若さと美しさは永遠のものではないので)
後半、希望の投げやりな態度がいまひとつ理解できませんでしたが・・・子供ってあんなカスみたいな母親にでもやっぱり愛されたいって思うんだろうか。
希望の母親やってた女優さんて性格の良い役って見たことないわ・・・黒沢あすかだったかいな?顔立ちのせいか、あまり性格の良い役は合わないか・・・。
蓮の妹も嫌いだったわ・・・上手くいったら感謝するけど上手くいかなくなったら人(希望)のせいって性格の悪い奴の典型的パターンじゃないか
ドラマだから最後は改心したけど実際はああいう女はあんなままだと思う。
七瀬なつみのお母さんはおっとり大人しそうだけど胆っ玉は据わってそうで良かった、昔見たぽっかぽかの麻美みたいな奥さんも良いけど
このドラマを見てて思うけど、実際この中に出てくるみたいな親っているんだよね、見てると胸糞悪くなってくるけど。
世間では立派だと思われてる人間が必ずしも素晴らしい人間とは言えない、肩書きや家柄が良くても人間が卑しい奴なんていくらでもいるんだよね・・・蓮の父親みたいに。
一番手に負えない馬鹿親は自分の叶えられなかった夢を子供に託してしまうパターン・・・アホかいな
それといつまでも子供を支配したがる親、小春と息子、拓と母親がこのパターンか。
一番近くに居る者同士だから一度こじれるとどうにもならないのかも。
蓮の父役の新井康弘・・・昔アイドルグループの一員でアイドルのお兄さんのイメージが未だに消えず出ているとついつい「新井君だ」と思う・・・もう君でもないおじさんだけど
松田聖子のファンがおばさんになった松田聖子を「聖子ちゃん」と呼ぶのと同じようなもん?
2ヶ月の作品だから最後の方は詰め込み過ぎになってしまったけど、前作の「霧に棲む悪魔」よりは遥かに面白かった。
「霧に~」に3ヶ月も割く事なかったんじゃとすら思う。
「明日の~」の3はあるのかな?あればいいけど回数を重ねるうちに面白くなくなってくるドラマって多いから微妙
次回作は「毒姫とわたし」・・・黒川芽衣ってこんなに可愛かったっけ?
初めて見たのも何年か前の昼ドラだったけど垢抜けない女優さんだなと思った・・・多分痩せて綺麗になったんだと思うけど、以前はもっとぽっちゃりとしてたような記憶がある。
櫻井敦子が好きなので見ます。



続きはドラマと関係あるようでないような内容です。
ドラマを見ていてふと思い出したので
-- 続きを読む --

category: 昼ドラマ

tb: 0   cm: 2