FC2ブログ

大好き

好きなもの、日常の事などいろいろと・・・

ドラマ「遺族」  

YouTubeでドラマ「遺族」という作品を視聴しました。
昭和36年にNHKで放映されたものです。
戦後16年、主人公は戦時中知覧の特攻基地で従軍記者をしていた人です。
彼は一人の特攻隊員(特別操縦見習士官?海軍で言う所の予備学生士官です)と出会い短い期間(数日間)で親しく言葉を交わすようになり出撃前夜に日記を母に届けて欲しいと託されます。
日記の最期のページに住所を書いてもらい届ける事を約束し出撃を見送ります。
戦後、住所を頼りに訪ねますが焼け野原で隊員のお母さんを探すことできませんでした、その後も訪れては探すものの消息は掴めず15年の月日が経ってしまいました。
時代は高度経済成長期、戦争も過去の事になり人の記憶から薄れつつありました。
そんな時雑誌記者を通して隊員のお母さんの消息を知る事ができ、すぐに上京できないお母さんに代わって姪だという女性と対面します。
彼はその女性と話すうちにある事を思い出します、隊員が持っていた写真の中に写っていた一人の女学生、写真の中の女学性は眼鏡を掛けていたので確信を持てずにいたのですが目の前の女性がバッグから眼鏡を出して掛けた姿を見た事で写真の彼女と確信しました。
隊員は従妹である彼女に想いを寄せていました、家が近くで子供の頃から知っていて妹みたいに思っていたはずなのにが軍に入って初めて彼女が妹みたいな存在ではないという事に気付いたと記者に話します、写真は彼女のアルバムからこっそり剥がしてきたのだと笑う隊員。
「想いを伝えないのか?」と問う記者に「今更伝えたところで彼女を苦しめるだけです、自分がその想いに苦しんでもせいぜいあと2、3日、黙って征きますよ」と。
隊員の彼女を想うからこそ伝えない本当の気持ち、それを失念していた16年後の彼はつい彼女に話してしまったんですね・・・それが波紋を起こすことになろうとは思わずについね。
実は従妹の彼女も隊員に想いを寄せていて、御互い想い合っていた事実を知ったばかりにずっと心の中に仕舞っていた想いが一気に噴き出してしまって日常生活に支障をきたすようになってしまうのです。
彼女には夫も子供もいるのに。
記者の彼にしたら過去の思い出話の一環だったのでしょうが彼女にしたらどうして想い合ってたのに言ってくれなかったのかと死んだ隊員を切なく想うやら恨むやらで心の中はぐちゃぐちゃに、夫にしたらいきなり死者がライバルになって登場と悲惨な展開に。
隊員のお母さんも上京してきて姪の家で対面、お母さんが一枚の葉書を彼に差し出します。
昭和20年5月に息子の遺品が届いて母は初めて息子が特攻隊員であったことを知りました、驚いてどういうことかと息子が所属していた部隊に手紙で問い合わせたら「息子さんは原隊で元気に勤務しています」と書かれた葉書が7月に届いたそうです、そこから終戦、しばらくして戦死広報という流れ。
母はもしかしたら息子は生きているのではないかという思いをずっと抱えて生きてきたのです。
彼は隊員の出撃を見送った事を話しますが、母親は納得しない、それどころかある新聞記事を差し出してこれは息子ではないかと言う・・・記事の内容は詐欺をした男が逮捕されたという物。
隊員が生きていたら34歳、新聞の詐欺師は24歳・・・年齢も違うしこれは息子さんではないと彼は言いますがお母さんは引かない。
その時に彼は初めて遺族にとって戦争は過去の事ではない事を思い知ることになります、自分からしたら隊員から託された約束をようやく果たせて良かった良かったで終わるはずの話がそうではなかった。
後日、彼が母親に出撃前夜の隊員の様子を細かく書き記して渡した原稿が姪から「叔母が忘れて行ったのでお返しします」という手紙と共に送り返されてきました。
受け取るだけ受け取って見ないまま処分することもできたのにわざわざ送り返すというのは「息子(彼)の死を認めない」という母と姪の強い拒絶なのだろうと思った。
それ以降、母親とも姪の女性とも会う事はなかった彼ですが後日姪の夫と偶然会う事があり姪の近況を尋ねたところ以前と変わりないとの事・・・知ってしまった以上知らなかった時の自分にはもう戻れないということかと、何か後味の悪いドラマでした。
もうちょっと考えて話そうよ従軍記者の彼と思わなくもないけど、これって立ち位置が違うだけで誰もが犯しそうなミスだよなと思う。
確かに特攻出撃を見送ったその時は彼だって「何で未来のある若者が」と思ったとは思う、でも彼の中でいつしかそれは戦時中の想い出になってしまったんだろう、でも遺族は違う想い出にはならない絶対に。
ドラマの後に遺族へのインタビューもあったけれど「遺された自分達が朗らかに生きて行かないと」と話されてた御両親、この気持ちに至るまでいったいどれくらい苦しみ悲しんだのだろうと思う。 
「特攻は犬死だなどと言われて悔しい」と言っていた隊員の弟さん、戦争中は軍神とまで言われたのに戦後は手のひらを返したように酷い事を言う、「犬死の様に世間からは取り扱われているように思えて本当に可哀想で(息子を)諦めることができません」と戦後もずっと嘆き続けるお父さんがいた事を私は知っています。
最後に奥さんが「悲しみというのは薄紙をはぐように薄らいでいくものだそうですけれども、傷跡の方はいっそう深くなるような気がします。」と話されてたのが心に残りました。

山田洋次監督のテレビ初脚本の作品だそうです。

お母さんが詐欺師の記事を息子ではないかと言った時〝え?お母さん名誉の戦死の息子より詐欺師の息子の方がええって事?〟とちょっと考えてしまいまして・・・妹に聞いてみたら「いくら名誉ある戦死でも名誉らいらんから生きてて欲しいって思うよ、罪は一緒に償うから」ということでした。
親の子を思う心ってどんだけ深いんだろう、私も甥は可愛いけど妹の母としての愛情には到底敵わない。

スポンサーサイト



category: ドラマ

tb: 0   cm: 0

NHKスペシャル「戦艦武蔵」  

何だろう・・・戦艦武蔵・・・のはずがフェルディナンドという名の牛の話?が印象に残ってしまいよく解らない結果に。
武蔵は話のとっかかりにすぎなくて後半、牛の話に比重を置きすぎてそうなっちゃったんだろうけど、真中俊之少尉の自分もこの牛のように平和に静かな人生を送りたかったなぁという思いは他の人にはどうかは判らないけど私には切なく深く心に響いてきたのでそれはそれで良かったのではないかと。
真中俊之少尉は予備学生士官だったのでガチガチの軍人的な考えの持ち主ではなかったようです、の割りに前半結構残酷?な選択をしたりますが、これは二者択一を迫られた結果仕方のないことだったのかもしれません。
いろいろ思うところはないでもないけど、極限状態を味わった事のない人間があれこれ言うのもおかしな事だと思うので。
どちらかの命を選ぶしかないというなら昨日今日部下になった人間より長い時間一緒に過ごしてきた部下を選ぶのは人情としては仕方のないことなのかも。
何事も平等などということは建前であって実際は有得ない気がするので追い込まれれば尚更。
武蔵が沈没したことを国民に隠したい軍は生存者を激戦地へ置き去り?(生存者の口から沈没が漏れるのを恐れそれを防ぐ為に)。
沈没時は生存者も半数程度いたようですが、内地へ帰る輸送船が沈められたり陸戦で亡くなったりで最終的には400弱程度の生存だったよう。
内地への輸送船に乗るにしても上の士官からで順番待ちをしてるうちに輸送船が敵の魚雷を受けて沈んだりして内地に戻れなくなってしまったのかも。
乗組員が内地に戻っても武蔵が沈んでその乗組員だったことは話してはいけなかったようですが。
国民に真実を隠す為にミッドウェー海戦で戦った戦闘機の搭乗員を軟禁状態にしたという話もあるので武蔵の生存者も最終的には置き去りも満更嘘の話でもなさそうな気がする。
陸軍が荒っぽくていかにも悪く言われてるけど海軍もたいがいえげつないなと思うし、海兵出の士官への待遇は良かったみたいですが下士官兵には結構酷い扱いだったみたいです。
艦に乗ってたはずが激戦地の地上部隊に混ぜられてせっかく助かった命もほとんどの方がそこで落とされてしまったようです。
真中少尉も地上戦で足を負傷し歩けなくなっていた為に撤退(もうほとんど敗走か)することができずその場で自決するしかない状態に。
頭に負傷しているものの歩ける部下に「捕虜になってもいいどんな手段を使ってでも日本に戻れ」ということと「海で見捨ててしまった兵の供養を頼む」と言い残し他の歩けない負傷兵と共に手榴弾で自決します。
部下に「どんな手段を使っても日本に帰れ」というのも予備学生士官だからこその命令なような気がします、海兵出の士官はまず言わないであろう言葉なような気がする。
部下にフェルディナンドの話をしているときに自分の事を「俺」と言いかけて「僕」と言い直す場面があったのですが、軍隊に入ったら自分は俺、相手は貴様と言う様に指導されます。
俺から僕に言い直したときに私が思ったのは、この人は時代がこんなじゃなかったら暴力的に人と争うような生活には無縁な人だったろうなと。
予備士官になったのも時代がそうだったからであってこの人自身は死ぬ瞬間まで海軍というものに馴染めなかったのではないかと。
皆が皆そうではなかったろうけど、「別にアメリカやアメリカ人が憎かったわけではない、ただ国同士が戦っていて負ければ自国がだめになるその一心で戦っていただけだ」という元予備士官の人のインタビューを読んだ事があります。
なので鼻歌も口ずさむ歌も英語の歌で、それを海兵出の士官に聴かれた日にゃあぶん殴られるというね。
身分は海兵出の士官より下だけど下士官兵よりは上というものだったので苦労も相当なもんだったと思います。
話は逸れてしまいましたが、
部下は日本に戻り(どういう手段で戻ったのかは不明)そこから長い戦後を生きます。
その部下は17歳で真中少尉に嫁ぎ18歳で夫を亡くし忘れ形見の息子を女手一つで育て上げた奥さんに真中少尉の最期を話すのですが聞いてて辛かった。
奥さんにしたら聞きたいような聞きたくないような話だったと・・・命日も戦死公報には3月11日と書かれてたのが本当は2月27日息子の誕生日でした。
息子がこの世に誕生した日に夫が死んでいた、しかも自決って・・・。
自分が奥さんの立場だったら夫の最期を聞かされただけで怒りと悲しみと悔しさでそれをどこにぶつけたらいいのか判らずに号泣どころか泣き叫ぶわ。
ラスト、孫娘に真中少尉の奥さんが「(息子に)ああいう(父親の)最期の事を話すのは可哀想な様な気もするし・・・フェルディナンドの話はしたい、それと・・・2月27日・・・の事は話す、あんたの誕生日はお父さんの亡くなった日だって事・・・」それきり声を詰まらせて静かに悲しみに耐えている姿が印象的でした。
この人は今までの人生もこうして静かに涙を流して生きてきたのかなぁなどと思ってしまった、ドラマなのでその先も後もないわけではあるけれど。
命令したりする人間にとったら顔も名前も判らないただ駒を動かすような気でいてるのかもしれないがその人を唯一無二の存在として愛し大切に思って生きている人間もいるのだ。
そんな人達は持って行き場のない怒りや悲しみを生涯抱き続けていく、戦争だったのだから、仕方がなかったのよと自分に言い聞かせて。

戦艦武蔵は引き上げられる予定はないようです。
見つけたのも米国人だし、日本は一切関る気もないようですし。
艦長の息子さんは墓標のようなものなのでそっとそのままにしておいて欲しいというようなことをおっしゃてたように思います。
父である艦長は艦と共に沈み、長兄は戦闘機搭乗員でしたが戦死しています。

ドラマの出演者は石原さとみや渡辺美佐子と演技派の方が多く出ていたけれど、勝地涼の役は別になくてもいいんじゃないかと思ってしまった。
勝地涼がだめなわけではなく(好きですよこの俳優さん)。
役にはまってたのは真中少尉役の吉沢悠だと思う。
実年齢は役より12歳も上でもう少し若かったらと思うけど・・・おっとりというか柔らかな雰囲気が予備学生士官に合ってたなと。
これが予備学生士官じゃなく海兵出の士官役なら違和感があったかもしれないけれど。
海軍の第二種軍装がとてもよく似合ってたな。
当時の日本にはあそこまでスタイルのいい日本人は少なかったと思うけど。

でも戦艦武蔵が何故に牛・・・。

category: ドラマ

tb: 0   cm: 0

やっぱり好きになれないかも  

「花燃ゆ」の沖田総司はやはり好きにはなれない沖田総司のようです。
どうしても敵役なのでね、嫌な感じがするのは仕方ないんですけど。
長州の人間が京の町を火の海にするって嘘を吹聴してまわってるのも新撰組で・・・嘘じゃないやん真実やん。
まぁ今回は敵役なので仕方ないかと言いつつイラッとしてます。

たいして有名でもないヒロインを無理やり史実に絡めるもんだから面白くない通り越して見てても何をどう思えばいいのかさっぱり解らん。
久坂にしても高杉にしても史実はどうなのよっていうような夫ぶりなのでこれも嘘くさくて嫌だ。

吉田稔麿みたいにあんなに「友」にこだわってたらあの時代長生きはできないだろうし長生きしても政治家は無理だろうなと思う。
あのまんまならいい子だし人間的には好きですけど。
「仕方ないよね、同志が死んじゃっても。俺はこんなところで死んでいい人間じゃない、だっていずれはこの国を動かすんだからね」という心の声が聞こえてきそうな桂小五郎みたいな人間が向いてるんだよ、きっと。

category: ドラマ

tb: 0   cm: 0

今日から登場  

「花燃ゆ」面白くない大河ドラマですが父が見てるので一緒に見てます。
今日から沖田総司が登場。
誰かな誰かなと知りたいのを我慢して今日まで来たのですが、見たことあるかもしれないけど覚えのない俳優さんでした。
どなたさん?と思って調べたら「花子とアン」に花子の兄で出てた人か・・・。
加来賢人、加来千賀子の甥っ子なんですね。
あまり好きな顔ではないので、「花燃ゆ」の沖田総司に惹かれるものは何もなかった・・・いっそ辻本祐樹を出しちゃえばよかったじゃないかとすら思いました。
でもこの沖田総司を見て、沖田総司に興味を持つ人もいるかもなと思ったりもする。
私は漫画からでしたが。
今日の沖田総司は顔の良し悪しではなく全体の雰囲気に心惹かれるものはなかった(過去、顔が良い沖田総司はたくさんいたけどそれだけではダメなのだ)。
好きになってから年月も経って初々しさの欠片もなくなってしまった私ですが、今でもやっぱり白馬に乗った王子様?みたいな存在です

category: ドラマ

tb: 0   cm: 0

太陽を抱く月  

韓流時代劇ですが恋愛色の強い作品でした。
ヒロインとヒーローは最後ハッピーエンドだったのですがそれを取り巻く人々の人生があまりにも悲しかったので見ていてあまり後味のいいものではなかった。
ヒロインの顔があまり好きな顔じゃなかったし・・・目が大きいからかいつも鳩が豆鉄砲くらったような顔だなぁと。
少女時代のヒロインは可愛らしかったけど、ヒロインの性格自体も私には合わず。
はっきり言ってこういう女って小賢しい、チャングムやトンイも確かに小賢しいと思う、でもまだ適度にドジッ子なところもあってまだ可愛気があったけどこのヒロインはどうも終わりまで小賢しいままだった。
私はヒロインの傍に付いていたソルが好きだった。
王妃も王女もあまりにも自分勝手で好きな相手を欲しいと思う気持ちが前に出すぎてて怖かった。
人を好きになるというのは楽しい事ばかりでなく想いが叶わず苦しい事だってある、ただ自分の気持ちのことだけ考えて押し付ける愛は自分だけでなく相手をも不幸にする、相手の幸せを考えて見守る愛だってあるのだ。
それを解らん人間はストーカーみたいになるんだろうな。
陽明君がただただ哀れだった。
この人もまた最期は大切な人を見守るという愛を選択した人だったから。
王はいつも不機嫌でただ怒鳴っているばかりの世間知らずの甘ちゃんにしか見えず、大人になれよと毎回思っていた。
初恋の人を想って王妃との間に世継ぎを作ることを拒み続けるのも結構だけど、こういう人って王でいいの?
王妃に対してはこの人もたいがいいい性格の女だったので同情はしないけど。
自分が陽明君なら異母弟は消します。
あれがドラマでなかったなら陽明君のような境遇に置かれたら異母弟に愛情なんて抱くはずがないと思うので。
宮中というのは怖い世界です、権力に取りつかれた人間の欲望には限りがない

次回作の「ダウントンアビー」がもう始まってるのにやっと前作を見終わりました。

category: ドラマ

tb: 0   cm: 0