大好き

好きなもの、日常の事などいろいろと・・・

頂き物 ②  

中根中尉の御遺族のM様より頂いた物の中にもう一つ貴重な物が・・・
IMG_20170809_220005_20170809222421.jpg
「神雷部隊櫻花隊」という小冊子をDVDに保存した物です。
戦友会の「羽衣会」が昭和27年2月10日に発行した遺族や生存隊員の寄稿文が収められた冊子です。
要務士(搭乗員ではないですが事務職全般をマネジメントする仕事だそう)だった鳥居達也氏の尽力で作られた1冊。
終戦になり部隊が解散するとき隊員同士で3年後の3月21日(神雷桜花特別攻撃隊が初めて出撃した日)に靖国神社で会おうと約束したそうで、昭和23年3月21日に元隊員40名が集まり慰霊行事を行いその時に戦友会が設立され当時はまだ占領下だったために名称を「羽衣会」(後に海軍神雷部隊戦友会と改称)としたそうです。

まだ戦後7年しか経っていないせいか、遺族や元隊員の方達の心の内の声が生々しいというか・・・今みたいに想い出を書くという感じでないのが読んでて胸が締め付けられるような苦しい気持ちになることが何度もありました。
戦友たちの事を書いてらっしゃる方、当時の自分たちの心境を書いてらっしゃる方、いろんな方がいらっしゃる中で親御さんや御兄弟の方が書いてらっしゃる寄稿文が読んでて辛かったです。
畑仕事の傍ら亡くなった息子を思い出し泣くお母さんは、〝自分達には過ぎた良い子だったお前に、せめてもう少し豊かな人生を味わわせてやりたかった〟と書かれていました、あるお父さんは、〝息子が可哀想でならない世間の方は何と思って居られるか、息子は言いました「私共が死ななければこの国を救うことが出来ないから・・・」と。又君に忠、即ち親にも孝となると申して行きましたが、今となれば犬死の様に世間からは取り扱われているように思えて本当に可哀想で諦めることができません〟と、このお父さんにしたら息子を亡くしてそれだけでも充分心に堪えてるのに世間が特攻隊員についてどういうことを言ってるか耳にしてしまったから悔しいし情けない思いがこの寄稿文になったんだと思います。
戦死したから遺品が届くと連絡がきたけれどいくら待っても遺品が届くことはなかったと、それだけが残念だと書かれている遺族が数人いらっしゃったこと。
人の息子死地に追いやりながら遺品すら遺族に戻さない国って何だよ、他人からすればただの物でも家族からすれば亡くなった息子が遺した何よりも大切な品なんだぞ。
中には息子が出撃時戦友に託した遺品が、何人もの手に託されて(託された戦友も出撃で亡くなる為)届きましたという寄稿文もあって戦友同士の絆ってすごいなと思ったり。
親御さんが息子を想う気持ちに年月は関係なく、同じ年頃の人を見ては息子も生きていたら・・・と年を追うごとに悲しみは風化することなく深くなっていくものなのだなと思いました。
「親思う心に勝る親心」吉田松陰が詠んだ歌を思い出しました、でもこの頃は子が親を思う心も相当深いと思いますけど。

細川八朗中尉(予備学13期)と鳥居達也氏の書かれた寄稿文が一番心に残ったかなぁと。
細川中尉の寄稿文は多分、当時予備学生士官が胸に抱えていた思いを的確に書かれているのではないかと思う。
元々、兵学校や予科練出身の方達とは違う生き方をしていて当時の世の中がそれを許さないから軍というものの中に身を投じたけれど、その中で彼等なりの矜持を持って戦っていたということ、でもその胸中は複雑そのもので・・・。
鳥居氏の寄稿文は〝戦後、われこそ反戦主義者、平和主義者であったと言い出した人間にならばどうしてあの時戦争を防止するよう闘ってくれなかったのか、先見の明ある人達が全力で闘ってくれていたら、われらの友を始め世界の多くの若人たちは尊い命を弾と共に散らさずにすんだのではないか!!この言葉を激しく当時の上層政治家や軍人に叩きつけるものである。〟
激しい怒りと血を吐くような叫びだと思いました。
物事が済んだ後で、あのとき本当はこう思ってたんだよねぇなんて言い出す奴にロクな人間はいない。
仮にそう思っていたとしても、その時に主張せず流されてしまったのならばそれはもうないも同然の事であり、終わった後でもう何も言うなと思う。
一般市民ならまだしも、上層政治家や軍人が戦後それを言っちゃあマズイよねと。
裁かれなくても上層政治家や軍部の上層部にいた軍人にはやっぱり責任の一端はあると思う、なのに戦争が終わったとたんに自分は平和主義者だったのよはないわな。
恥を知らない人間は自分の罪と向き合うこともせず平気な顔で生きていく、その陰であの戦争で命を懸けて戦った人も戦って亡くなった人もその遺族の気持ちも報われず救われない。

湯野川大尉も寄稿文を書かれていました。
戦後6年、幾度か特攻の記録執筆を依頼されたが、到底生きて居る私達は書き得ないと思っていると書いてらっしゃいました。
まだ6年しか経ってないのにもう過去の事として世間では捉えられてるのかと、驚いてしまった。
中根久喜中尉と大橋進中尉の事も書かれていました。
〝中根中尉が「弾は煙突に機体は艦橋にと何故別々に突っ込まぬのか」と質問して来た。真の特攻を決心した搭乗員にのみ言い得る快心の鋭い反問であった。〟
上の人間が考えてるマニュアルのようなものは言うだけなら簡単やというようなお粗末さだったようなので、中根中尉の疑問は多分大方の人が思ってる疑問だったのではないかと思う。
それをはっきり言うか言わないかだけで。
大橋中尉については〝初夏の夜、富高の海辺の砂浜に寝転び無窮の星座を眺めつつ、人類の愚かさを語り合った大橋進中尉がたまらなく懐かしい。〟
この人達はこの時人類の愚かさを(戦争という愚かな行為を)理解していたのだ、若いけど。
それを人生経験も豊かなはずの年配者は何故解らなかったのだろう、若い人は人生経験は浅いけどその代わりに物事の本質を濁りのない目で見ることができるからかもしれないなと思う、人間は年を取るといろんな経験と共に欲とかそんなもので目が濁り自分にとって都合のいい物しか見えなくなっちゃうものなのかもしれない。
戦後7年、それから何十年か後に伝記の中に再び出てくる御二方、湯野川大尉の中では長い時が流れても大切な人として胸の中に残っているんだな。
上官と部下というよりも友や兄弟に近い想いを感じるのは私だけかなぁ。
兵学校出の士官と予備学生士官の確執は結構有名な話で、よその隊では兵学校出士官の予備学生士官への陰湿な暴力なんかもあってそういうのを読むたびに気分が悪くなってたのですが、神雷部隊ではそういうのはなかった?のかな。
林富士夫大尉が部下でもあり親友だったと話していた西尾光天中尉も予備学13期の方だったので、変な先入観を持たずに接すれば確執なんてものは起こらなかったのではないかと思う。
自分達兵学校出はこいつらとは違うんだというつまらない優越感を持ってる人間はどこにでもいますがこういうのって人間が狭量なんだろうなと。
威張るより相手を理解しようと考えて行動する人が本当に頭のいい人だと私は思うけど。

貴重な品を下さったM様、本当に有難うございました。







スポンサーサイト

category: 大東亜戦争

tb: 0   cm: 0

頂き物  

中根中尉の御遺族のM様から、珍しい物と貴重な物を頂きました。

IMG_20170809_215522_20170809222456.jpg
鹿屋海軍サイダーです。
戦時中、搭乗員の方達が飲んでいたサイダーを復刻させたものだそうです。
我が家はサイダー好きで御当地サイダーを見つけたりすると買って飲んだりするので感激。
炭酸が少し強めな感じの美味しいサイダーでした。
勿論空き瓶は捨てません。

IMG_20170809_215239_20170809222546.jpg
こちらも復刻版、海軍タルト。
以前どこだったかのブログで見て美味しそうだなと思ってたので、〝おおっ、あのお菓子だ〟と。
サイダーもタルトもどうして私の欲しい物ばかり・・・M様不思議な力でも御持ちなのか・・・。
タルトと共に由来の書いた紙が同封されていたのですが、当時海軍鹿屋航空基地があった鹿児島県鹿屋市にある和菓子屋「富久屋(ふくや)」さんが、特攻隊員の為に作っていた当時「タルト」と呼ばれていたお菓子を再現したものだそうです。
当時貴重だった砂糖を使っていて、出撃前の特攻隊員に渡されていたそうです。
この世で最後に食べるお菓子・・・。
IMG_20170809_215821_20170809222441.jpg
スポンジ生地に餡子が挟んであります。
空の上でも片手で食べられるように細長く切ってパラフィン紙で包んでいた点も再現したそうです。
素朴な味の美味しいお菓子でした、今の時代には贅沢な材料を使ったケーキや和菓子が溢れていますが、あの頃の特攻隊員の方達にとってはとても贅沢な味のお菓子だったと思います。
もしかしたら中根中尉や大橋中尉(御二方共鹿屋の基地から出撃しています)も食べたのだろうか、だとしたらどんな思いでなどと考えながら食べていたら涙がぼろぼろ零れてきて、それを見た父はギョッとしてました、「このお菓子が美味しすぎるねん」と泣きながら言ういい年した娘の姿はちょっとしたホラーに違いないと今では思う、驚かせて申し訳なかったとも・・・
このお菓子はこの先もずっと作り続けてもらいたいなと思う。
タルトを食べて由来を知った人はただ美味しいなだけじゃなくきっと何かを感じ取ってくれると思うから。

その②へ。

category: 大東亜戦争

tb: 0   cm: 0

キャッスル マリーン  

IMG_20170617_111614_20170617163838.jpg
6月11日LC京都で購入したドールショウ49春モデルのマリーンです。
会場入り口のところで手渡しだったので選べなかったのですが可愛いマリーンだと思います。

IMG_20170617_111953_20170617163903.jpg


category: マリーン

tb: 0   cm: 0

LC京都 (追記あり)  

LC京都行ってきました。
11時頃到着。
3列位まで人は並んでました。

リトファのオーダーは12時頃からということでしたが11時半頃から始まりました。
12時頃からESCの整理券配布なのに重なるやんかと思ってたので、それに気付いて早くなったのかな。
リトファはリメイクだけだったのですが、今日はいつものHさんとIさんはいなくて年配の人と初めて見る人が居ましてその方が担当さんでした。
ベテランだって初めはあったわけでそれは理解できるんだけどやっぱり不安ではある。
凝った髪型じゃないので大丈夫だと思いますが。

購入した物。
IMG_20170925_153858_20170925155426.jpg
ESC整理券番号は20番以内でした。
あまり大きい番号だと帰る時間もあるので買うのは諦めようと毎回思ってるのですが、今のところ全て40番以内の数字なので買えてます。
27㎝でサユリは見ず、あとマリーンも結構ありましたが好みの仕様ではなかったので今回も22㎝ばかり購入しました。
22㎝はきらちゃんがたくさん、同じような髪型が多かったけど。

IMG_20170925_153953_20170925155421.jpg
新作のドレス。
27㎝サイズ。

IMG_20170925_154048_20170925155414.jpg
22㎝サイズのドレス。

IMG_20170925_154150_20170925155408.jpg
小物。
IMG_20171003_124758_20171008173103.jpg
載せるの忘れてた箱入りドール。
左側のヘッドでリトファのオーダーをしましたが、この髪型のきらちゃんも可愛いなと思って購入。
オンラインショップの画像を見てもそれほど可愛いと思えず、後日イベントで実物を見たら可愛くて買うという事がたまにあります。

教室リカちゃんは頼まれたものを購入しただけでした。
数も種類も少なくて・・・いろんな商品自体が少なくてイベントを経るごとにスカスカになっていってる気がする。
ESCも同じような髪型で。
以前の様に凝った髪型がなくなって選ぶ楽しみが減りました。
新作もたくさんありましたが人形もドレスも各1点ずつでした。
そこそこの交通費使って買えるのは少し。
以前は帰宅して買ったものを出して見るのが楽しみでしたが今は・・・。
正直お金使って疲れて帰宅するだけみたいな感じです。
もう行くの止めてもいいんじゃないかとも思うのですが、家にいるとそれはそれでストレスになるので困ったものです。
今は外へ出てるときしか一人になれないので。
父が春から会社代わって以前みたいに月から土曜まで出勤じゃなくなってしまって・・・私の出勤日に合わせて父も出勤するので当然私が休みの日には家に居る、ず~っと居る、出掛けない。
なので私が出掛けるしかない
自分以外の人間が常にいる、それが男親だということは食事やらの用意は全て私がしなければいけないということなので。
嫌いとかそういうのではないんだけど煩わしいのがね、女親だと自分の事は自分でしてくれるんだろうけど、母が亡くなってるので時にはそういう役割もしなければならないことに苛立ちを覚えることがあります。
イベントは何が何でも行くからと以前父に言ったのでそれについては何も言わないので、出掛けるのですがそのイベントにも少々嫌気が差していると言えないし。
一人でまたどこかに旅行でもと思わないでもないけど旅行は家を数日開けるので父の機嫌が悪くなる。
前回はそれでちょっと私がキレてしまったのでした

category: イベント(リトファ・ドール関係)

tb: 0   cm: 0

「大河巡る~生まれ変わっても忘れない~」「特攻志願」②  

「大河巡る」が終わった後は5分ほど休憩時間があって次の「特攻志願」、今日はこっちが本命です。
30分もない短編映画ですが実話を基に作られています。
大東亜戦争末期の悲話です。
e49d3353e44ac664.jpg


藤井一陸軍中尉の家族の3日間の物語です。

人間には個人を越えなければならない時がある、故郷の為、愛する者の為というような言葉でこの映画は始まります。

藤井中尉は熊谷陸軍飛行学校に勤務し、中隊長として少年飛行兵に精神訓育を行っていました。
厳しいけれど温かい人柄は生徒から慕われ信頼される中隊長でした。
飛行学校ですから戦争末期になると、特攻に出される生徒も出てそれを送る側の藤井中尉は教え子だけを行かせていいわけがないと特攻志願しますが、優秀な教官である藤井中尉の特攻志願は認められることはなく却下されていました。
特攻・・・一度出撃すれば生きては帰れません、生徒達にも志願するかしないかの紙が配られ決断を迫られます。
一人の生徒は特攻なんか間違ってる自分たちは戦闘機乗りに憧れて日々厳しい訓練に励んできた、それをたった一度の攻撃に使われるなんて嫌だと言います。
それと死ぬことの意味が解らないとも。
この生徒は結局志願しない選択をしました。
藤井中尉も家に帰れば2児(3歳と1歳の女の子)の父親です。
家庭では良き夫良き父親ですが、この日妻に自分が特攻に志願していることを告げます。
自分の気持ちを全て話し妻の答えを待ちます、夫の告白に一瞬動揺して言葉が出ないようでしたが、少しして静かに一言「はい」と答えただけでした。
次の日、飛行学校では生徒が教官(藤井中尉ではない)の前に整列させられ、教官は「この中に特攻を志願しない奴がいる」と怒鳴ります。
前日に特攻に不満を洩らしていた生徒が「自分であります」と一歩前に。
教官は「何故志願しない?」と詰問、生徒は「(征く事の)意味が解らないからです」と答えます。
教官は生徒を殴り、「意味が解らないなら教えてやる、お前達が征く意味なんてただ爆弾抱えて突っ込んで死ぬことだ」・・・こういう映画やドラマって必ずこんなのが出てきますが、マジ、ボコボコに殴ってやりてえと思います。
そこに藤井中尉がやってきて教員を部屋から出し、生徒達に言います、「特攻は統率の外道だ、だが特攻をすることによって講和の条件を少しでも有利に持っていくことができる、だから征くんだ」熱く語る藤井中尉に生徒達は感動し特攻を拒否していた生徒も「意味」を見出します。
元々、生徒たちの憧れでもある藤井中尉だからこそ納得させることができたのだろうと思うけど。
その日の夜、「明日から週番司令として一週間の(泊まり込んでの)勤務だ」と妻に話し、次の日の朝を迎えます。
家を出ようとする、藤井中尉の後ろ姿に妻は「待ってます」と言います、振り返った藤井中尉にもう一度「待ってます」と。
家を出た藤井中尉は振り返り少し怪訝な表情をしますが、いつもと変わらぬ妻の姿を見て歩き出します。
遠ざかる夫の姿をいつまでも見送る妻の瞳から一筋の涙が流れ、「一足お先に逝って待ってます」と心で別れを告げたのでした。
娘二人に晴れ着を着せ、自分も身支度をし12月の寒い荒川の川辺で1歳の千恵子をおんぶして3歳の一子の体と自分の体を結び入水しました。
同僚が警察からの電話を受け、藤井中尉に妻子の入水を告げて、共に荒川の川辺に行きます。
遺体には筵が掛けられていました、そっと捲ると妻と子の顔が見え妻の頬には砂が付いていて中尉はそっと払います。
背中を震わせ悲しむ藤井中尉の姿を同僚はただ茫然と立ち尽くして見ているしかありませんでした。
その夜、妻子の遺体の横で藤井中尉は血書での志願書を書きます。
受け取った校長は「こんなことになった以上、ここでこのまま勤務させておくことはできない鉾田(ほこた)に転属して特攻隊長としての訓練を受けるように」志願は受理されました。
転属する日、生徒達から中尉に軍刀が贈られます、生徒達がお金を出し合って買った軍刀でした。
「見送る側だったのに今度は見送られる側になったな」と言う中尉に生徒達は「自分達も後から征きます」と。
鉾田に転属した藤井中尉は特攻隊長としての訓練を受け、そして5月27日第四五振武隊 (快心隊)と名づけられて知覧飛行場に進出、5月28日早朝、第九次総攻撃に加わり部下を率いて沖縄へ出撃、藤井中尉は小川彰少尉が操縦する機に通信員として搭乗、250キロ爆弾を二発懸吊し、隊員10名と共に沖縄に向けて飛び立ちました。
そして「われ突入する」の電信を最後に、妻子の元へ旅立ちます。
終戦の僅か2ヵ月半前、妻子が荒川で命を絶った日から五ヵ月経っていました。
享年29歳。

知覧の富屋食堂を訪れたであろう藤井中尉について、鳥濱トメさんは年長の物静かな人がいたという以外にとくに印象がなかったそうです。
戦後、藤井中尉にまつわる話を聞いたトメさんは、涙が止まらなかったとのこと。


時間が30分もない短編映画だった為、肝心の部分はすっ飛ばした作品でした。
もう少し時間が長ければもっと話が掘り下げられて良かったんじゃないかと思いましたが。
映画では奥さんは夫の言う事に何の反論もせず従順に描かれていましたが実際は夫婦間で戦いが繰り広げられたようです。
夫の志願を聞かされた妻は寝耳に水、当然反対します。
妻のふく子さんは毎日必死で藤井中尉を説得、泣いて哀願もするけれども夫の意思は変わらない、とうとう夫婦喧嘩にまで発展します。
妻からしたら自分と子供がいながら何故志願するのか、理解できないし許せないという気持ちがあったのかもしれません。
確かに、教官ですし正直そこまでする必要はないと思いますが、その反面この奥さん軍人の妻には向いてないのではないかとも思います。
藤井中尉が担当していたのは「精神訓話」軍人勅諭にそって軍人精神を徹底的に叩き込む教科です。
特攻作戦が始まる以前から、「事あらば敵陣に、敵艦に自爆せよ。俺もかならず行く」が口癖でした。
実際、言うだけの教官はなんぼでもいただろうけど教わる側は口先だけかそうでないかは見抜いてただろうし、藤井中尉はそういう教官ではないから生徒からの信頼や憧れは絶大だったのだと思います。
妻としては夫の性格は理解していただろうけど、まさか志願までしていたとはというところだったのかな。
二人は恋愛結婚です、藤井中尉は農家の7人兄弟の長男ですが陸軍に入隊を希望します。
歩兵として優秀だった藤井中尉は、推薦を受けて転科し、陸軍航空士官学校に入校します。
そして卒業後、熊谷陸軍飛行学校の中隊長(教官)に任官。
学校は航空学校ですが、藤井中尉は歩兵科機関銃隊だった頃、支那の戦線で迫撃砲の破片を左手に受け、操縦桿が握れないのでパイロットではありません(なので特攻時は通信員として搭乗)。
支那で負傷した時に野戦病院で看護婦をしていたふく子さんと知り合います。
ふく子さんは商家の三女でお嬢さん育ちですが気丈な女性であったようです。
ふく子さんにしたら、夫は腕の怪我があるから操縦桿は握れないしパイロットになることはない、転科したから歩兵として戦線に行くこともない、それだけで戦死する可能性なんて限りなく0に近いとどこかで安心していたのかもしれません。
愛する夫を失いたくないから必死に説得したけど、夫は結局生徒との約束を守って死ぬという意思を変えないことに絶望したのだろうなと思う。
ふく子さんが夫に遺した遺書には「私たちがいたのでは後顧の憂いになり、存分の活躍ができないことでしょう。お先に行って待ってます」というようなことが書かれていました。
軍人の妻なら「あなたが亡き後子供達をしっかり育てて生きていきます」と言ってあげる方が後顧の憂いにならないと思うのですが・・・。
「私たちがいたのでは後顧の憂いになり、存分の活躍ができないことでしょう。」の裏には「私たちはあなたがいないと生きていけないので死ぬことにしました」という奥さんの本当の思いが透けて見えるような気がします。
それだけ夫に対する愛情が深いわけですが、どこか、自分達より己の生き方を貫く夫に対する怒りのようなものも感じられるような・・・。
葬儀が終わった後、藤井中尉が長女の一子ちゃんに書いた手紙が遺されています。

「冷え十二月の風の吹き飛ぶ日
荒川の河原の露と消し命。母とともに殉国の血に燃ゆる父の意志に添って、一足先に父に殉じた哀れにも悲しい、然も笑っている如く喜んで、母とともに消え去った命がいとほしい。

 父も近くお前たちの後を追って行けることだろう。
 嫌がらずに今度は父の暖かい懐で、だっこしてねんねしようね。
 それまで泣かずに待っていてください。

 千恵子ちゃんが泣いたら、よくお守りしなさい。

 ではしばらく左様なら。
 父ちゃんは戦地で立派な手柄を立ててお土産にして参ります。

 では、
 一子ちゃんも、千恵子ちゃんも、それまで待ってて頂戴。」
この手紙の中でふく子さんについては最初に触れられているだけです。
それも娘を通しての母という存在のみ。
その不自然さに藤井中尉の奥さんに対する怒りが感じられるのは私だけ?
恋愛結婚だからお互いの気持ちが盛り上がれば結婚に行き着くのは自然な流れだから仕方ないにしても、奥さんが商家の出ではなくて軍人家庭のお嬢さんだったら違う結果になっていたのではないかなぁと。
子供がいない夫婦の妻の選択ならありかもしれないけど母親の選択としたらこれは絶対になしだろと。
確かに悲話ですが、あの世で夫婦が再会した時こそがそれこそ修羅場なんじゃないのとこの話を知った時から持ち続けてる私の感想。

確かにあの頃は個人というものよりも、自分を取り巻く大切なものの為に生きて死ななければならないことが優先される時代だったのだろうけどそれを貫く為に大きな代償を支払うというのはどうも本末転倒なのではないかと思わずにはいられない。






category: 映画

tb: 0   cm: 0